交通アクセスサイトマップ |
文字サイズの変更

ご利用案内

交通アクセス

利用案内(観覧料金)

団体でのご利用

バリアフリー情報

ひとはくの展示

セミナー情報


ひとはく活用術

移動博物館車 ゆめはく

ひとはくセミナー倶楽部

ひとはく新聞ハーモニー

恐竜化石

ひとはくKids

行政や企業の方へ「シンクタンク事業」

学校関係者の方へ「学校教育支援」


「それ知ってる!」
「明石公園で見た!」

   明石市立大観小学校3年生が、クイズを解きながら、自然や植物のことを学びます。問題は全部で15問、A、B、C、3つの選択肢から解答を選びます。
 問題によっては、ホワイトボードを使って追加の説明を加えていきます。桜の花は、バラ科、バラ科の仲間は、リンゴやもも、サクランボもその仲間です。  
   予定していた時間はあっという間に過ぎました。知らないこともありましたが、楽しいクイズで身近な自然の植物のことを学ぶことができました。
 15問中、14問正解の児童もいました。すばらしい!  

◎受講した小学生のコメント
・クイズがたのしかった。
・花の名前でおもしろいものがあった。
・学校にもあるので、今度花をよく見てみようと思った。
・しらないことがたくさんあった。

◎橋本研究員より
   クイズをきっかけに楽しく自然のことを学ぶことができます。まずはクイズを楽しんで、自然や植物のことをたくさん知ってくださいね。


(本特注セミナーに関する相談は、生涯学習課までお願いします)

(生涯学習課)

今日のフロアスタッフとあそぼう!は「きょうりゅう骨パズル」をしました!

みんなの体より
大きな木のパズルで
兵庫の恐竜タンバティタニスを完成させます!

s-DSC02235.jpg
足はここかな?
向きはあっているかな?
s-DSC02221.jpg
遠くから見て考えるお友達もいました!

s-名称未設定-1_ @ 200% (RGB_プレビュー)  2023_10_28 16_03_29.jpg
2回目は、ふたつのチームに分かれて完成タイムを競いました!

s-DSC02244.jpg
足を専門に、はめてくれるお友達もいたよー!
尻尾と首の違いが難しかったね!


s-名称未設定-1_ @ 400% (RGB_プレビュー)  2023_10_28 16_24_48.jpgs-名称未設定-1_ @ 300% (RGB_プレビュー)  2023_10_28 16_19_49.jpg


最後にタンバティタニスのハンコを押しました!

タンバティタニスは本館3階で本物が展示してあります!
またタンタンに会いに来てね!


フロアスタッフ やなぎもと かな

10月22日(日)のフロアスタッフとあそぼうは、きのうと同じハロウィンクイリングを行いました。

細長い紙をくるくる巻いて、かぼちゃとぼうしを作ります。

DSC02187.jpgDSC02185.jpgDSC02184.jpg


かざりをつけたら...
オリジナルのかわいいハロウィンカードが完成しました!

1022222.jpg10222.jpg


みなさん、とっても上手にできましたね♪
ご参加いただきありがとうございました!

フロアスタッフ やまのみく
10月21日(土)フロアスタッフとあそぼう「ハロウィンクイリング」、細長い紙をくるくる巻くクイリングで、ハロウィンの立体カードをつくりました。

IMG_1040.jpg IMG_1043.jpg

クイリングのカボチャに顔を貼ったら、絵を描いたり、色紙を貼ったりして、オリジナルのカードができました。
コウモリやお化けの姿も見えますねー!紙のフレームも付けて完成です。

名称未設定-1.png
明日、22日(日)も「ハロウィンクイリング」行います!ぜひご参加ください。待ってま~す。

フロアスタッフ いしくら まきこ
 アンモナイト化石のレプリカづくりは、本館のイベントでもよく実施されます。

   普段は2種類で実施しますが、尼崎小田高校サイエンスリサーチ科の生徒は、4種類の化石をスケッチして比較、特徴を調べ分類しました。
 研究員から「標本をよく見てスケッチすることでその違いや特徴に気づくことができる」と指導を受け、丁寧にスケッチを行っていました。  
   レプリカづくりでは、自分が選んだオリジナルの色で制作しました。
 化石と見比べ、4種類のうちどの化石かを確認、ラベルに必要事項を記入して完成となりました。  

◎受講した高校生のコメント
・楽しく作ることができた。
・スケッチがなかなか難しかった。
・手に取ることで化石の質感を強く感じることができた。
・レプリカの大切さがよくわかった。

◎生野研究員より
   レプリカは、単なるニセモノではなく、研究や展示に活用できる重要なものです。レプリカ制作の作業を通して、標本が持つ意味や用途、化石研究の一端を知っていただけたかと思います。次に博物館の展示を見学される際に、これまでとは違った見方ができるようになっていればうれしいです。


(本特注セミナーに関する相談は、生涯学習課までお願いします)

(生涯学習課)

Copyright © 1992-2023, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.