2階展示室にやってきたひとはく博士は、巨大な何かを発見!

s-1P1180204.jpg

長さは約70㎝、博士とくらべても大きいことがわかります。

まるでジャックと豆の木のようじゃな...

s-2P1180202.jpg 

さっそく虫めがねをとりだし調べる博士、すると...

これは...モダマじゃ!

s-3P1180205.jpg s-4P1180207.jpg

モダマはサヤが1mにもなる、マメ科つる性の植物。日本では沖縄のほうで生育しています。

名前の由来は種子が海に流れ着いてくることから、海藻の種子「モダマ(藻玉)」とついたそうです。

こちらのモダマはもちろん本物。さわってみてくださいね。

タネは5㎝くらい、平べったいカタチをしていますよ。
s-P1030884.jpg

▲モダマのタネは、4階ひとはくサロンカウンターにあります。

またタネ関連のイベントとして、熱帯の森の大きな木が落とすタネの模型を作ることができます。
s-kuruku.jpg

2/28(土)・3/1(日) フロアスタッフとあそぼう「くるくるとぶタネ」

時間:13:30~14:00 場所:1階展示室
定員:20名(参加費無料)

※当日10:00から4階ひとはくサロンにて、参加申し込みの受付を開始。定員になり次第終了します。

(フロアスタッフ まつだ)

Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.