サイトマップ |
文字サイズの変更

ご利用案内

交通アクセス

利用案内(観覧料金)

団体でのご利用

バリアフリー情報

ひとはくの展示

セミナー情報


ひとはく活用術

移動博物館車 ゆめはく

ひとはくセミナー倶楽部

ひとはく新聞ハーモニー

恐竜化石

ひとはくKids

行政や企業の方へ「シンクタンク事業」

学校関係者の方へ「学校教育支援」


今回はひとはくの衛藤研究員と共に、兵庫県立大学附属中学校でのプロジェクト学習を行いました。

S__98009093.jpg

3回目である今回は、学校にある「もったいない」を探すべく、
附属中のいくつかの教室を巡るもったいないものツアーを行いました。

S__98000958.jpg

理科準備室には、使い終わった薬品瓶や実験に使ったコードなどが、

S__98000967.jpg














ものつくり教室には、学生が授業で使った木材がたくさん余っていました。


S__98000963.jpg


また職員室には、3か月間で溜まった忘れ物が大量に保管されていました。
忘れ物のなかには、水筒や目薬、タオル、そしてお弁当箱まで...

「もったいない!」「○○にできるのに」と口々に呟く生徒の声が聞こえました。
実物を見ることで改めて、モノの大切さを学ぶことができました。


S__98000965.jpg
















職員室の倉庫では、チョークが大量に余っているのを発見。

これは、ホワイトボードの普及が進み黒板が利用されなくなったため、
チョークを使う機会がなくなってしまったことが原因だそうです。


S__98017304.jpg














次回は6月末、今回見つけた「もったいないもの」から何ができるか、
各自で考えてきてもらい、一人ずつ発表してもらいます。

どんなアイデアが出てくるのか、今から楽しみです!


(文責:研究補助スタッフ 佐藤萌)

Copyright © 1992-2022, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.