サイトマップ |
文字サイズの変更

ご利用案内

交通アクセス

利用案内(観覧料金)

団体でのご利用

バリアフリー情報

ひとはくの展示

セミナー情報


ひとはく活用術

移動博物館車 ゆめはく

ひとはくセミナー倶楽部

ひとはく新聞ハーモニー

恐竜化石

ひとはくKids

行政や企業の方へ「シンクタンク事業」

学校関係者の方へ「学校教育支援」


県庁前駅には兵庫県庁のショーウィンドがあって、
事前に申し込むと5区画のうちの1つを2週間程度使えます。

生涯学習課から申し込んでいるのですが、
年度後半は「干支」を期待されているのか、年末年始がよく当たります。
今年度も12月15日から1月4日まで展示しました。

県庁前「寅」.jpg













県庁前駅ショーウィンド展示.jpg











虎を出したいところですが、大きすぎて入りませんので、画像のみです。
(そもそも共催で行っている陶芸美術館に出かけています)

ネタに困っていたのですが、O研究員が「ハチはトラ模様ですね」とつぶやいていました。
そこで、スズメバチをネタで出しました。

県庁前駅ショーウィンド展示 (1).jpg










昆虫に造詣が深く、ミツバチを研究していた大谷剛先生が15年ほど前につくられた
スズメバチ標本セットをひっぱりだしてきました。

またトラカミキリなど、
虎模様で、ハチの真似をしているミューラー型擬態の昆虫セットも大谷先生がつくっていましたので、その一部も出しました。

(鈴木武)



Copyright © 1992-2021, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.