サイトマップ |
文字サイズの変更

ご利用案内

交通アクセス

利用案内(観覧料金)

団体でのご利用

バリアフリー情報

ひとはくの展示

セミナー情報


ひとはく活用術

移動博物館車 ゆめはく

ひとはくセミナー倶楽部

ひとはく新聞ハーモニー

恐竜化石

ひとはくKids

行政や企業の方へ「シンクタンク事業」

学校関係者の方へ「学校教育支援」


はじめまして、兵庫県立大学大学院の田鳥菜々子です。

1017日に人と自然の会による「紙すきチャレンジ」が開催され、その様子を取材させていただきました。


みなさんは和紙を作る作業である「紙すき」をご存知ですか?

テレビなどでご覧になったことがある方もいらっしゃると思いますが、

職人さんが高度な技術を使って作るというイメージを持っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

しかし牛乳パックを原料にすることで、紙すきを体験することができます!

イベントでは会のメンバーの皆さんが、牛乳パックを使った紙すきの方法はもちろん、

実際の紙すきに使われる植物(ミツマタ)の説明や、牛乳パックの原料になっている樹木についてなどについても、実物や写真を用いて分かりやすく説明している姿が印象的でした。

また、参加者の皆さんもとても楽しそうで、

最後には完成した和紙を手に、子供たちがとても嬉しそうにしていました。

貴重なお話を聞かせてくださった会のメンバーのみなさん

また、取材にご協力くださった参加者のみなさん

ありがとうございました。
田鳥写真1.jpg
















兵庫県立大学大学院 環境人間学研究科 修士1年 田鳥菜々子
(兵庫県立大学大学院授業「まちづくり特論」の一環で行いました。 担当 環境計画 藤本)

Copyright © 1992-2021, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.