サイトマップ |
文字サイズの変更

ご利用案内

交通アクセス

利用案内(観覧料金)

団体でのご利用

バリアフリー情報

ひとはくの展示

セミナー情報


ひとはく活用術

移動博物館車 ゆめはく

自然・環境科学研究所

恐竜化石

ひとはくKids

行政や企業の方へ「シンクタンク事業」

学校関係者の方へ「学校教育支援」


ひとはくレター第161号

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
==ひとはくレター 第161号 2020/7/31==
 ひとはくに関連する「海鳥化石」や「獣脚類恐竜の卵・卵殻化石」、「絶滅危惧種ニホンイ
 ヌワシの繁殖」など、マスコミを賑わす話題が続々と発表されています。この機会に、涼
 しい博物館に行ってみませんか?
  兵庫県立人と自然の博物館 https://www.hitohaku.jp
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
 □■もくじ■□
【1】今月の「ひとはくのつぶやき」~☆・:.,;
 ●こんにちは!フロアスタッフです♪~新作デジタル紙芝居~
 ●ひとはく・ちがくレター(令和2年7月18日号)
 ●ハイビスカスのような花が咲いています
【2】ひとはくの展示いろいろ
 ●収蔵資料展「頌栄短大植物標本コレクション~そんなに集めてどうするの~」
 ●臨時展示「世界最小の恐竜卵を発見!~篠山層群より発掘された獣脚類恐竜の
  卵・卵殻化石~」
 ●臨時展示「アジア初!海の地層で見つかった7200万年前の海鳥化石」
 ●ミニ企画展「六甲山のキノコ展2020~野生のキノコの不思議な魅力~」
 ●臨時展示「絶滅危惧種ニッポンバラタナゴの保全に関する論文の出版」
【3】小さな子どもたちも楽しめるプログラムがいっぱい
 ●8月のKidsサンデーは2日(日曜)
 ●7月のKidsサンデーの様子
 ●デジタル紙芝居の場所の変更について
 ●ひとはくKids(キッズ)のご案内(保護者や先生方へ)
【4】インフォメーション
 ●ひとはく研究員Webセミナー「アリを真似るクモ」
 ●ひとはく通信(ハーモニー)109号発刊
 ●はかせと学ぼう!「ひょうごの妖怪」
 ●フロアスタッフとあそぼう「画はくの日~植物標本を描いてみよう~」
 ●ギャラリートーク 頌栄植物標本コレクションのみどころ
 ●標本のミカタ「頌栄植物標本コレクション」
 ●ワークショップ「とっても簡単!化石のレプリカづくり」
 ●フロアスタッフとあそぼう「ヒラヒラちょう」
 ●イベントのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
【1】今月の「ひとはくのつぶやき」~☆・:.,;*
 ●こんにちは!フロアスタッフです♪~新作デジタル紙芝居~
  場所を4階ひとはくサロンに変え、新作紙芝居も絶賛上映中!
  詳しくは → https://www.hitohaku.jp/blog/2020/07/post_2744/
 ●ひとはく・ちがくレター(令和2年7月18日号)
  ・卵化石特別講演会「世界最小の恐竜卵を発見!~丹波から世界へ、未知の恐竜化石を
   追え!~」の開催のお知らせ
  ・石割ボランティア募集のお知らせ
  ・篠山層群から新卵属・新卵種の卵化石を発見!
  ・「恐竜・生命史フィールド科学:篠山層群編」の開催日・定員・会場等の変更のお知らせ
  詳しくは → https://www.hitohaku.jp/blog/2020/07/718/
 ●ハイビスカスのような花が咲いています
  公園や緑道沿いに、南国で見られるハイビスカスのような花が咲いています。この花は、
  アオイ科のフヨウ属の ムクゲ という植物です。
  詳しくは → https://www.hitohaku.jp/blog/2020/07/post_2743/
【2】ひとはくの展示いろいろ
 ●収蔵資料展「頌栄短大植物標本コレクション~そんなに集めてどうするの~」
  世界に1点しかない貴重な標本や日本から絶滅した植物標本等、コレクションの中で特に
  貴重な標本を展示する他、標本を沢山集めて何が明らかになるのかをわかりやすく展示
  します。
  (1)期間 8月1日(土)~9月13日(日)
  (2)場所 4階ひとはくサロン
  詳しくは → https://www.hitohaku.jp/exhibition/planning/shoei-herbarium2020.html
 ●臨時展示「世界最小の恐竜卵を発見!~篠山層群より発掘された獣脚類恐竜の
  卵・卵殻化石~」 
  丹波市で発掘された卵殻化石には小型獣脚類恐竜の卵殻が4種類含まれ、内1種類は
  新卵属・新卵種、また内1種類は新卵種であることが明らかになりました。
  (1)期間 6月30日(火)~8月31日(月)
  (2)場所 3階「丹波の恐竜化石」展示室
  詳しくは → https://www.hitohaku.jp/exhibition/planning/eggshell-fossil2020.html
 ●臨時展示「アジア初!海の地層で見つかった7200万年前の海鳥化石」
  後期白亜紀に絶滅した海鳥が白亜紀末期の海の地層から産出し、ヘスペロルニス類としては、
  アジア初の化石記録となることが明らかになりました。
  (1)期間 6月12日(金)~8月31日(月)
  (2)場所 3階「丹波の恐竜化石」展示室
  詳しくは → https://www.hitohaku.jp/exhibition/planning/seabird-fossil2020.html
 ●ミニ企画展「六甲山のキノコ展2020~野生のキノコの不思議な魅力~」
  これだけの種類のキノコが一堂に展示される機会は、国内はもとより海外でもほとん
  どありません。
  (1)期間 2月11日(火・祝)~8月29日(土)
  (2)場所 2階企画展示室
  詳しくは → https://www.hitohaku.jp/exhibition/planning/kinoko2020.html
 ●臨時展示「絶滅危惧種ニッポンバラタナゴの保全に関する論文の出版」
  環境省のレッドリストで絶滅危惧IA類に指定されているニッポンバラタナゴは、外来
  亜種との交雑が進み純粋個体が激減しています。兵庫県の「ため池」に生息する個体が、
  純粋なニッポンバラタナゴに極めて近いことを、高い精度で確認しました。
  (1)期間 7月10日(金)~8月31日(月)
  (2)場所 2階「水生生物の世界」展示室
  詳しくは → https://www.hitohaku.jp/exhibition/planning/rosy-bitterling2020.html
【3】小さな子どもたちも楽しめるプログラムがいっぱい
 ●8月のKidsサンデーは2日(日曜)
  この日は、デジタル紙芝居・展示解説の他に「チャレンジ!セミとり」「うちわづくり」
  「くるくるまわるタネのもけいをつくろう!」など楽しいイベントがいっぱいです!
 ●7月のKidsサンデーの様子は → https://www.hitohaku.jp/blog/2020/07/7kids_2/
 ●デジタル紙芝居がより広い場所で実施することになりました。
  3階アースシアター → 4階ひとはくサロン
 ●ひとはくKids(キッズ)のご案内(保護者や先生方へ)
  ひとはくは、子どもの頃から自然に親しみ、自然科学に対する感覚を養うことを応援
  します。
  詳しくは → https://www.hitohaku.jp/seminar/kids.html
【4】インフォメーション 
  *各セミナーの実施時間、場所、定員数、参加費などについての最新情報は、HP
  でご確認ください。
 ●ひとはく研究員Webセミナー
  ひとはく研究員がそれぞれテーマを設け、映像等を通じて分かりやすくお伝えします。
  第2回は、山﨑研究員による「アリを真似るクモ」です。アリを真似て生活しているクモが
  いることをご存知ですか?
  詳しくは → https://www.hitohaku.jp/seminar/web-seminar.html#02
 ●ひとはく通信(ハーモニー)109号が発刊されました。
  今回は、高野研究員の収蔵資料展「頌栄短大植物標本コレクション~そんなに集めて
  どうするの~」をメインに、佐藤研究員による「古環境を復元する」及び「新入館員紹介
  (その1)」を掲載しています。
  詳しくは → https://www.hitohaku.jp/publication/newspaper.html
 ●はかせと学ぼう!「ひょうごの妖怪」
  ひとはくに所蔵されている普段未公開の妖怪の資料を特別公開します!
  8月1日(土)
 ●フロアスタッフとあそぼう「画はくの日~植物標本を描いてみよう~」
  色鉛筆など道具は貸出します。
  8月8日(土)、9日(日)
 ●ギャラリートーク 頌栄植物標本コレクションのみどころ
  コレクション展「頌栄短大植物標本コレクション ~そんなに集めてどうするの~」
  展示の見所や、標本にまつわるお話をご紹介します。
  8月9日(日)
 ●標本のミカタ「頌栄植物標本コレクション」
  8月9日(日)
 ●ワークショップ「とっても簡単!化石のレプリカづくり」
  カラフルなおゆまるから好きな色を選んで自分だけのオリジナルアンモナイトを
  つくってみましょう
  8月10日(月)~16日(日)10:30~16:00(11:30~13:00は昼休憩)
 ●フロアスタッフとあそぼう「ヒラヒラちょう」
  ヒラヒラはばたくチョウのペーパークラフトをつくろう!
  8月22日(土)、23日(日)、29日(土)、30日(日)
 ●イベントのお知らせ
  新型コロナウイルス感染拡大防止のため、年間予定のイベントを中止や延期など
  変更する場合があります。最新情報はHPをご確認ください。
  → https://www.hitohaku.jp/MusePub/EventCalendar/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○博物館へのお問い合わせ
 所在地 兵庫県三田市弥生が丘6丁目
 Tel 079-559-2001(代表)
 Fax 079-559-2007
 開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
○交通案内・詳細・地図は・・・≫・・・≫・・・≫
 https://www.hitohaku.jp/infomation/access.html
 ナビ利用の場合「イオン三田店」で検索いただくと駐車場も含めて分かりやすいです。
○発行元:兵庫県立人と自然の博物館 生涯学習課 広報・出版支援担当
 登録/解除の方法は・・・≫・・・≫・・・≫
 https://www.hitohaku.jp/MusePub/ml/
 このメールマガジンは、上記URLでいつでも登録/解除ができます。
 配送先の変更も、こちらで行ってください。
_‡__‡__‡__‡__‡__‡__‡__‡__‡__‡__‡__‡__‡__

Copyright © 1992-2020, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.