ご利用案内

交通アクセス

利用案内(観覧料金)

団体でのご利用

バリアフリー情報

ひとはくの展示

セミナー情報


ひとはく活用術

移動博物館車 ゆめはく

自然・環境科学研究所

恐竜化石

ひとはくKids

行政や企業の方へ「シンクタンク事業」

学校関係者の方へ「学校教育支援」


ひとはくレタ―第56号

2014年4月1日に当館WEBサイトを全面リニューアルしました。
「ひとはくレターバックナンバー」の第83号以前に記載されたウェブサイトへの一部アドレスはリンクエラーとなりますので、何卒、ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  =====ひとはくレタ―第56号 2011/12/23====*
                       兵庫県立人と自然の博物館 
                          http://hitohaku.jp
     (お休みのお知らせ)
  ◆年末年始:2011年12月28日~2012年1月2日
  ◆臨時休館:2012年1月10日~2月3日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ○●今月のもくじ●○
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━12月23日(金)━
【1】今月の「ひとはくのつぶやき」~・:.,;
●丹波のシロシャクジョウ展
●干支展「辰(たつ)さんようこそ!」
●こんにちはフロアスタッフです~今年の思い出と来年のお知らせ~

【2】ひとはくの展示はちょっと違うぞぉ!
●トピックス展「神戸の水害」
●第2回 ひとはくいきものかわらばん
●ミニ企画展「丹波のシロシャクジョウ展」
●干支展「辰(たつ)さんようこそ!」

【3】やっぱり化石から目が離せない~ 丹波の恐竜化石情報~
●展示特別企画「化石集合2011-ジオパークを彩る化石-」
●第6次発掘調査中~

【4】魅力いっぱい ひとはくセミナー
●うきうきワークショップ「化石のレプリカづくり」
●ひとはくのお正月~日本の昔遊び~
●新春講談「天にのぼるぞ!竜になりたかったオオサンショウウオ」
●新春オープンセミナー
「きみは龍をみたか:人類が滅ぼした中国の巨大クロコダイルの正体」

【5】トピックス
●ひとはくジオキャラバン「おもれェ~!山陰海岸ジオパーク」
●あわジオフェスティバル
●ゴカン スタンプラリー実施中~
●年末年始及び臨時休館のお知らせ

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
【1】 今月の「ひとはくのつぶやき」~・:.,;
●丹波のシロシャクジョウ展
シロシャクジョウ(ヒナノシャクジョウ科)は5cm程度で細長くて白い植物
です。根に共生する菌類から栄養をもらいます。近畿以南に分布しますが、
兵庫県では1941(昭和16)年に旧氷上町で細見末男氏が採集した標本がある
だけでした。
丹波自然友の会が昨年2010年夏に丹波市氷上町で自然観察を行ったところ、
偶然にこのシロシャクジョウを見つけました。実に70年ぶりの発見です!
この夏、私たちも現地調査にでかけて、シロシャクジョウを採集して押し花
標本、さらには原色を保ったプラスティク封入標本もつくりましたので、
70年前の標本とあわせて、1月9日(月・祝)まで展示をしています。
目立たないですが、なかなか優雅な植物です。この機会に一度ご覧下さい。
鈴木武(生涯学習推進室)
詳しくは、こちら→
  http://hitohaku.jp/exhibits/temporary_old/2011/mini11.html#bur

●干支展「辰(たつ)さんようこそ!」
年末から正月に行われる「干支展」。子年から始まり、5年目です。
今度は「辰」、龍とかドラゴンですね。
タツノオトシゴ(生きています)、Dragonfly(トンボ)、龍虱(ロンシー:
ゲンゴロウ等の呼び名)、竜舌蘭、竜胆(リンドウ)、龍に関係すれば何で
もありで、高砂市の竜山石(たつやまいし)まで登場します。
目玉は実は「ワニ」です。龍は古代中国にいた巨大ワニであったという有力
な説があります。しかもそれは豊中市で見つかった化石ワニ「マチカネワニ」
らしいとのこと。実寸7mのマチカネワニポスターをつくったのですが、
まさに「龍」です。ひとはく秘蔵の「ワニ」の数々も出ています。
1月7日(土)夕方には「龍はワニ」説の青木良輔さんが講演します。
ディープなワニ話に興味のある方はどうぞ。
                       鈴木武(生涯学習推進室)
詳しくは、こちら→
  http://hitohaku.jp/exhibits/temporary_old/2011/pdf/2012v5.pdf

●こんにちはフロアスタッフです~今年の思い出と来年のお知らせ~
今年も1年間、多くの方々にひとはくにお越しいただき、フロアスタッフの
イベントにご参加いただきました。私たちにとって一番嬉しいことは、
ひとはくに来てくださったみなさまの笑顔でした。そして、みなさまとの
出会いによって私たちが学ばせていただけることがたくさんありました。
ひとはくへお越しくださったみなさま、本当にありがとうございました。
来年もたくさんの笑顔に出会えますように、フロアスタッフ一同がんばり
ます!
                     美濃 杏奈(フロアスタッフ)
本文はこちら→ http://hitohaku.jp/blog/2011/12/12_3/

【2】ひとはくの展示はちょっと違うぞぉ!
●トピックス展「神戸の水害」
1月9日(月・祝)まで
詳しくは、こちら→
  http://hitohaku.jp/exhibits/topics/2011/topics11.html

●第2回 ひとはくいきものかわらばん
応募全作品の661点を展示中~
期間:~1月9日(月・祝)
受賞作品はこちら→ http://hitohaku.jp/biodiv/kawara2011.html

●ミニ企画展「丹波のシロシャクジョウ展」
世界に1つしかない「シロシャクジョウ」の封入標本も展示されています!
期間:~1月9日(月・祝)
  http://hitohaku.jp/exhibits/temporary_old/2011/mini11.html#bur

●干支展「辰(たつ)さんようこそ!」
ひとはく恒例干支展。来年の干支は、伝説の生きもの辰(龍)です。
期間:~1月9日(月・祝)
  http://hitohaku.jp/exhibits/temporary_old/2011/pdf/2012v5.pdf

【3】やっぱり化石から目が離せない~ 丹波の恐竜化石情報~
●展示特別企画「化石集合2011-ジオパークを彩る化石-」
期間:~ 4月8日(日)
展示については→
  http://hitohaku.jp/exhibits/kaseki2011/kaseki2011.html

●第6次発掘調査中~
今月10日(土)には削岩工事が終了し、11日(日)からボランティア
さんも参加して発掘作業を開始しました。
11日(日)には辻重五郎丹波市長も激励に来られました。
今回は、どんな化石が発見されるでしょうか?
11日(日)の作業の様子はこちらから→
  http://hitohaku.jp/blog/2011/12/post_1432/

【4】魅力いっぱい ひとはくセミナー
●うきうきワークショップ「化石のレプリカづくり」
♪チョコレートでアンモナイト化石のレプリカつくります
12月24日(土)
  午前10時30分~・11時30分~・ 午後1時~・午後2時~
  各回定員15名
  ♪半透明プラスチック粘土でオリジナルカラーのアンモナイト化石の
  レプリカをつくります

12月25日(日)
  午前10時30分~午後4時(時間内はいつでも参加できます)

場所:両日とも4階 ひとはくサロン
観覧料のほかに参加費100円が必要です。
詳しくは、こちら→ 
http://hitohaku.jp/top/11event/pdf/201112ukiukiws.pdf

●ひとはくのお正月~日本の昔遊び~
ひとはく連携活動グループ「人と自然の会」による、毎年恒例のイベント。
お正月をひとはくで過ごしてみませんか。
日時:1月3日(火)午後1:00~3:00
場所:4階 ひとはくサロン

●新春講談「天にのぼるぞ!竜になりたかったオオサンショウウオ」
あの謎の講談師 河南堂珍元斎が帰ってくる!
日時:1月7日(土)午後1時~1時30分
場所:4階 ひとはくサロン
  http://hitohaku.jp/top/11event/pdf/tendra.pdf  

●新春オープンセミナー
「きみは龍をみたか:人類が滅ぼした中国の巨大クロコダイルの正体」
著書「ワニと龍」(2001年平凡社新書)で、龍は古代中国に生きていた
マチカネワニの仲間であったという説を展開している、ワニ類研究家の青木
良輔氏による講演です。
日時:1月7日(土)午後3時15分~4時45分
場所:4階 大セミナー室
申込不要。観覧料のみ必要です。
  http://hitohaku.jp/exhibits/temporary_old/2011/pdf/2012v5.pdf

【5】トピックス
●ひとはくジオキャラバン「おもれェ~!山陰海岸ジオパーク」
来年の1月まで山陰海岸ジオパーク内の施設をまわります。
ただいま→
☆琴引浜鳴き砂文化館
12月23日(金・祝)~1月15日(日)
→ http://hitohaku.jp/geo/pdf/kotohiki.pdf

このあとは、報告展示「めぐってきました!山陰海岸ジオパーク」で
ひとはくへ帰ってきます。
キャラバンの開催場所・期間はこちら→ 
  http://hitohaku.jp/geo/index.html

●あわジオフェスティバル
ひとはくからナガスクジラなどの展示物が淡路へ。
期間:12月23日(金・祝)~1月9日(月・祝)
場所:淡路島国営明石海峡公園ビジター棟
1月7日(土)と8日(日)は、ひとはくの研究員などによる発掘体験な
どのイベントがありますよ。

「あわじのクジラ 里帰り」→
  http://hitohaku.jp/blog/2011/12/post_1438/

くわしくは、国営明石海峡公園のHP→
  http://www.awaji.kkr.mlit.go.jp/event.htm

●ゴカン スタンプラリー実施中~
兵庫県立5館(ひとはく、県立美術館、県立歴史博物館、県立考古博物館、
兵庫陶芸美術館)によるミュージアム・スタンプラリーを実施中~。
~平成24年3月31日(土)まで。
スタンプラリーについてはこちらから→
  http://www.hyogo-c.ed.jp/~shabun-bo/index.html

●年末年始及び臨時休館のお知らせ
  年末年始:12月28日(水)~平成24年1月2日(月)
       ※1月3日(火)から開館いたします。
  臨時休館日:平成24年1月10日(火)~2月3日(金)
※年明け1月3日(火)~9日(月・祝)までは無休です。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
○博物館へのお問い合わせ
  所在地 兵庫県三田市弥生が丘6丁目
  Tel 079-559-2001(代表) 
  Fax 079-559-2007
  開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
○交通案内・詳細・地図は・・・≫・・・≫・・・≫
  http://hitohaku.jp/top/visitor_info.html
○発行元:兵庫県立人と自然の博物館 生涯学習課 
  広報・出版支援担当
    登録/解除の方法は・・・≫・・・≫・・・≫
  http://hitohaku.jp/publications/mail_magazine.html
このメールマガジンは、上記URLでいつでも登録/解除ができます。
配送先の変更も、こちらでおこなってください。
‡__‡__‡__‡__‡__

Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.