ご利用案内

交通アクセス

利用案内(観覧料金)

団体でのご利用

バリアフリー情報

ひとはくの展示

セミナー情報


ひとはく活用術

移動博物館車 ゆめはく

自然・環境科学研究所

恐竜化石

ひとはくKids

行政や企業の方へ「シンクタンク事業」

学校関係者の方へ「学校教育支援」


自然・環境環境評価研究部/系統分類研究グループ
自然・環境評価研究部長
主任研究員
太田 英利【Hidetoshi OTA】
経歴・所属等
兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 系統分類研究部門 教授.
昭和34年愛知県生.京都大学大学院理学研究科修士課程修了.博士(理学).日本爬虫両棲類学会,日本動物学会, 動物分類学会,日本生物地理学会, 日本動物行動学会, 沖縄生物学会, American Society of Ichthyologists and Herpetologists, Biological Society of Washington, British Herpetological Society, Herpetologists’League, Linnean Society of London, Societas Europaea Herpetologica, Society for the Study of Amphibians and Reptiles等所属.
事業部での配属室もしくは研究開発会議での仕事
■研究開発部門
 自然・環境評価研究部/部長
■タスクフォース
 恐竜事業推進タスクフォース 

<研究開発>
1.調査研究
■特別課題研究(個人研究)
1.アジア・オセアニアの熱帯・亜熱帯島嶼に見られる爬虫・両生類の系統分類と生物地理
2.東アジアにおけるスッポン類の遺伝的多様性と遺伝地理構造の解明
3. 爬虫類を中心とした四足動物における分子を指標とした系統関係の推定
4. 琉球列島を中心とした日本産爬虫・両生類の自然史
5. わが国における外来種の在来生物相へのインパクトとその防除: 特にアフリカツメガエル野外集団の問題を中心として
共同研究
部門研究「兵庫県の植物相・昆虫相の解明」, 研究分担者.
■論文・著書
Kurita, T., H. Ota, and T. Hikida. (2017)A new species of Plestiodon (Squamata: Scincidae) from the Senkaku Group, Ryukyu Archipelago, Japan. Zootaxa 4254 (5): 520-536.
Honda, M. and H. Ota (2017) On the live coloration and partial mitochondrial DNA sequences in the topotypic population of Goniurosaurus kuroiwae orientalis (Squamata: Eublepharidae), with description of a new subspecies from Tokashikijima Island, Ryukyu Archipelago, Japan. Asian Herpetological Research8(2): 96-107.
川上敬弘・東口信行・亀崎直樹・太田英利 (2017) 兵庫県淡路市のため池で確認されたアフリカツメガエル(両生綱,無尾目, ピパ科).爬虫両棲類学会報 2017(1): 13-17.
加藤悟郎・中島淳志・保田昌宏・岩本俊孝・太田英利・森田哲夫 (2017) 宮崎県日南市に定着したオキナワキノボリトカゲの低温耐性に関する報告.宮崎の自然と環境 (2): 41-45.
岡本康汰・城野哲平・太田英利・戸田守 (2017) ホオグロヤモリのトカラ諸島宝島からの初記録.Akamata (27): 47-51.
松井正文・疋田努・太田英利 (2017) 新版 小学館の図鑑NEO. 両生類はちゅう類. 小学館,東京. 173 頁.
太田英利 (2018) 爬虫類・両生類. 7-8, 15, 28-40,92-93, 101 頁. 兵庫県農政環境部環境創造局自然環境課 (編), 兵庫の貴重な自然 兵庫県版レッドデーブック2017 (哺乳類・爬虫類・両生類・魚類・クモ類). 公益財団法人ひょうご環境創造協会, 神戸.
その他著作
太田英利 (2017) ゴリス C. リチャード博士の著作: その功績を偲ぶ. 爬虫両棲類学会報2017: 213-219.
研究発表
川上敬弘・太田英利・東口信行・笹井隆秀(2017)兵庫県淡路市のため池に定着したアフリカツメガエル繁殖集団について. 日本爬虫両棲類学会第56 回大会. 熊本大学, 熊本.
太田英利・岡田滋・長谷川英男・川上敬弘(2017) 鹿児島県で発見されたアフリカツメガエXenopuslaevis 外来個体群について. 日本爬虫両棲類学会第56 回大会. 熊本大学, 熊本.
玉山雅浩・河村功一・太田英利(2017) 分子と形態情報を用いたニホンカナヘビ (Takydromus tachydromoides) の集団構造の解明. 日本爬虫両棲類学会第56 回大会. 熊本大学, 熊本.
岡本康汰・城野哲平・太田英利・戸田守(2017) タカラヤモリの6 月採集の標本シリーズにおける体サイズ分布と生殖腺状態. 日本爬虫両棲類学会第56 回大会. 熊本大学, 熊本.
Ikeda, T., Zelenitsky, D. K., Ota, H., Tanaka, K., and Therrien F. (2017) Fragmentary mandibles of fossil lizards from the Upper Cretaceous Oldman
Formation, Devil's coulee, Southern Canada. Society of Vertebrate Paleontology (77th Annual Meeting).TELUS Convention Center, Calgary, Canada.
学会役員など
日本爬虫両棲類学会, 英文誌編集委員,評議員
沖縄生物学会, 学会誌編集委員
日本生物地理学会, 評議員
Asian Herpetological Research Society, 学会誌編集委員
Tropical Natural History, 学術雑誌編集委員
Linnean Society of London, 特別会員(Fellow[F.L.S.])
Russian Journal of Herpetology, 学術雑誌編集委員
Animal Systematics, Evolution and Diversity, 学術雑誌編集委員
投稿原稿の査読: Asian Herpetological Research,Biological Journal of the Linnean Society,Zoological Journal of the Linnean Society, 人と自然,Current Herpetology, Zoological Science,Natural History Bulletin of the Siam Society, 生物地理学会報等々の投稿原稿について計16 件
助成を受けた研究
琉球列島の後期更新世-近代における陸生脊椎動物の個体群消滅および絶滅に関する研究学研究費基盤研究(C),研究分担者(分担分金額20 万円/130 万円)
国内外来爬虫類が分布拡大の最前線で在来生態系に与える影響学研究費基盤研究(C),研究分担者(分担分金額12 万円/104 万円)
海外調査
中華民国(台湾)(2017.8.3〜2017.8.11)

2.資料収集・整理
資料収集
2017.4-7. トカゲ類,ヘビ類,カエル類(兵庫県内)
2017.5-6,8. トカゲ類,ヘビ類.沖縄県.台湾
整理同定担当資料
ウミガメ剥製(3 点)、ワニ剥製(1 点)
<事業推進>
1.生涯学習事業
■セミナー
館主催セミナー
◎太田英利, 2017.7.9. 一般セミナー「両生類のからだを見てみよう」, 博物館. (3 名)
◎太田英利. 2017.7.22. 一般セミナー「爬虫類のからだを見てみよう」, 博物館.(7 名)
◎太田英利・池田忠広. 2017.7.16. 一般セミナー「お見せします人博のレガシー. 第3 回液浸系収蔵庫ツアー」, 博物館(8 名)
◎太田英利. 2017.8.15. 特注セミナー(神戸市シルバーカレッジ 生活環境コース)「ダルマガエルについて」, 博物館(7 名)
◎太田英利. 2017.11.24. 特注セミナー(西宮市立用海小学校 3 年生)「カエルの指、ヤモリの指」,博物館(児童135 名+引率者6 名)
◎太田英利2018.3.21. 特別セミナー"固有種の不思議"内「日本固有の両生爬虫類・鳥類・哺乳類について」, 博物館(107 名)
館外講演
◎太田英利. 2017.9.9「レッドリストの変遷と日本産爬虫類の保全の課題」. 恩賜上野動物園, 東京(70 名)
◎太田英利. 2017.9.22.「兵庫県の爬虫類・両生類」,御影公会堂, 神戸市(58 名)
◎太田英利. 2017.10.6.「日本の化石両生類: その生物地理学的,現生生物学的意義」. 広島大学ライブラリーホール, 東広島市(57 名)
◎秋山弘之・山内健生・池田忠広・櫻井麗賀・太田英利. 2017.7.30-8.03. 高校生のための生き物調査体験ツアーin 台湾. 中華民国台湾,台北市立動物園, 東眼山自然教育園(38 名)
◎Hidetoshi Ota. 2017.10.12.「Herpetofauna of the Ryukyu Archipelago」.環境省漫湖水鳥・湿地センター,那覇(23 名)
◎太田英利. 2018. 3.24. 伊丹市民生きものマイスター・スキルアップ講座「生物多様性と外来種」.伊丹市立中央公民館, 伊丹市(18 名)
兵庫県立大学・大学院教育
兵庫県立大学 大学院 環境人間学研究科 共生博物学部門 修士課程大学院生2 名の指導(主指導教員として)
ラジオ・テレビ等協力
2018.1.3「「海を愛して森に恋して~4K で描くAMAMI~」(NHK 総合),陸域の自然の部分を監修(1.3 放送)
学校教育支援
講師派遣
兵庫県立長田高等学校特色類型国際理解推進部授業「両生類の多様性と生物地理: 世界、日本、そして神戸市」2017.4.27, 13:30-15:00 (2年生37名+教諭3 名)
フェスティバル等
「共生の広場」にて審査委員

2.シンクタンク事業
■収蔵庫・ジーンファームの公開
生物系収蔵庫の案内(上記セミナー以外),4 回,のべ約25 名.
行政等支援
委員会等(計18 件)
1998.4-.絶滅のおそれのある野生生物の選定・評価検討委員会爬虫類・両生類分科会
2005.6-.環境省希少野生植物種保存推進員
2008.6-. 世界自然保護基金日本委員会(WWFジャパン)自然保護委員会
2012.6-. 世界自然保護基金日本委員会(WWFジャパン)運営委員会
2007.4-. 新石垣空港環境モニタリング委員会
2007.4-. 西表島エコロード検討委員会
2006.1-. オオヒキガエル防除事業対策会議委員
2009.10-. 生物多様性ひょうご戦略推進委員会委員
2011.5-. アベサンショウウオ保護増殖等検討会
2012.5-. 世界自然遺産指定に向けた琉球・奄美諸島評価検討会
2012.6-. 兵庫県環境審議会鳥獣部会
2013.6-. 奄美・琉球世界自然遺産候補地科学委員会
2013.6-2018.3 「奄美・琉球における森林地帯の絶滅危惧種・生物多様性保全に関する研究」アドバイザリーボード委員
2014.6-. 鹿児島県外来種対策検討会委員
2014.7-. 伊丹市昆虫館運営協議会委員
2015.5-. 西表島のシロアゴガエルの防除及び影響評価に関する検討会
2015.11-. 神戸市環境影響評価委員会委員
2017.9-2018.3 独立行政法人国立科学博物館外部評価委員会
相談・指導助言
来訪者 31 件,88 名.電話・FAX 相談24 件,メイル相談34 件.

Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.