ご利用案内

交通アクセス

利用案内(観覧料金)

団体でのご利用

バリアフリー情報

ひとはくの展示

セミナー情報


ひとはく活用術

移動博物館車 ゆめはく

自然・環境科学研究所

恐竜化石

ひとはくKids

行政や企業の方へ「シンクタンク事業」

学校関係者の方へ「学校教育支援」


自然・環境環境評価研究部/系統分類研究グループ
自然・環境評価研究部長
主任研究員
太田 英利【Hidetoshi OTA】
経歴・所属等
兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 系統分類研究部門 教授.
昭和34年愛知県生.京都大学大学院理学研究科修士課程修了.博士(理学).日本爬虫両棲類学会,日本動物学会, 動物分類学会,日本生物地理学会, 日本動物行動学会, 沖縄生物学会, American Society of Ichthyologists and Herpetologists, Biological Society of Washington, British Herpetological Society, Herpetologists’League, Linnean Society of London, Societas Europaea Herpetologica, Society for the Study of Amphibians and Reptiles等所属.
事業部での配属室もしくは研究開発会議での仕事
■研究開発部門
 自然・環境評価研究部/部長
■タスクフォース
 恐竜事業推進タスクフォース 

<研究開発>
1.調査研究
■特別課題研究(個人研究)
1.アジア・オセアニアの熱帯・亜熱帯島嶼に見られる爬虫・両生類の系統分類と生物地理
2.東アジアにおけるスッポン類の遺伝的多様性と遺伝地理構造の解明
3. 爬虫類を中心とした四足動物における分子を指標とした系統関係の推定
4. 琉球列島を中心とした日本産爬虫・両生類の自然史
5. わが国における外来種の在来生物相へのインパクトとその防除
6. ブータンの爬虫・両生類相に関する研究
共同研究
部門研究「兵庫県の植物相・昆虫相の解明」, 研究分担者.
論文・著書
Danaisawadi, P., T. Asami, H. Ota, C. Sutcharit, and S. Panha (2016) A snail-eating snake recognizes prey handedness. Scientific Reports 6: 23832, doi:10.1038/srep23832
Danaisawadi, P., T. Asami, H. Ota, C. Sutcharit, and S. Panha (2016) Predatory behavior of the snail-eating snake Pareas carinatus (Boie, 1828)(Squamata: Pareidae): An ethogram study. Tropical Natural History 16(1):21-31.
Yoshikawa, S., M. Mimura, S. Watanabe, L.-K. Lin,H. Ota, and Y. Mizoguchi (2016) Historical relationships among wild boar populations of the Ryukyu Archipelago and other Eurasian regions, as inferred from mitochondrial cytochrome b gene sequences. Zoological Science 33: 520-526.
Ikeda, T., H. Otsuka, and H. Ota (2016) Early Pleistocene fossil snakes (Reptilia: Squamata) from Okinawajima Island in the Ryukyu hipelago, southwestern Japan. Herpetological Monographs 30: 143-156.
Hasegawa, H. and H. Ota (2017) Parasitic helminths found fromPolypedates leucomystax (Amphibia: Rhacophoridae) on Miyakojima Island, Ryukyu Archipelago, Japan. Current Herpetology 36(1): 1-10.
Kaito, T., H. Ota, and M. Toda (2017) The evolutionary history and taxonomic reevaluation of the Japanese coral snake, Sinomicrurus japonicus (Serpentes, Elapidae), endemic to the Ryukyu Archipelago, Japan, by use of molecular and morphological analyses. Journal of Zoological Systematics and Evolutionary Research 55(2) 156-166.
太田英利(2017) 単為生殖の爬虫類. 174-187 頁.松井正文(編),これからの爬虫類学.裳華房,東京.
太田英利・当山昌直(2017) 爬虫類の保全.100-114頁.松井正文(編),これからの爬虫類学.裳華房,東京.
太田英利(2017) 薩南諸島の外来種問題: 爬虫類・両生類の視点から.190-205 頁. 坂巻祥孝(編),奄美群島の外来生物.南方新社,鹿児島.
その他著作
太田英利(2016) ヌマガエル: 北上する"小さな猛獣". Green Age 2016(8): 41-43.
岩本俊孝・太田英利・那須哲夫・森田哲夫・末吉豊文・星野一三雄・石橋葵・武市知美・加藤悟郎・河野慎也・貴島靖仁・斉藤政美(2016) 日南市の国内外来種オキナワキノボリトカゲの分布及び繁殖状況についての報告. 宮崎の自然と環境(1): 36-46.
富永篤・松井正文・江頭幸士郎・太田英利(2016)広域分布種リュウキュウガジカガエルの種内系統とその遺伝的分化. 九州両生爬虫類研究会誌(7): 53-56.
太田英利 (2017) 公式にはほとんど接点のなかった私を,折に降れ鍛えてくださった伊藤嘉昭さん.177-188 頁.辻和希(編),生態学者伊藤嘉昭伝: もっとも基礎的なことがもっとも役に立つ.海游舎,東京.
研究発表
池田忠広・太田英利・松井正文・三枝春生・半田久美子 (2016) 兵庫県の下部白亜系篠山層群から発見され,最近,新属新種として記載されたカエル類化石の特徴と意義について. 日本古生物学会2016年年会. 福井県立大学, 勝山.
Hidetoshi Ota (2016) Plenary Lecture: Systematics and biogeography of the East Asian herpetofauna, with emphasis on the recent contributions from the molecular, cytogenetic, and fossil studies. The 8th World Congress of Herpetology. Hangzhou, China.
Hidetoshi Ota (2016) Terrestrial vertebrates as sources of information on the Ryukyu palaeogeography. International Symposium on Geological and paleogeographical evolution of the Ryukyu Islands.
日本大学文理学部 東京桜上水キャンパス, 東京.
太田英利・池田忠広・高橋亮雄 (2016) 琉球列島の更新統から産出する有鱗爬虫類化石について.日本爬虫両棲類学会55 回大会. 琉球大学法文学部, 西原.高橋亮雄,大山盛弘,大城逸朗,長谷川善和,太田英利 (2016) 宮古島ピンザアブ洞穴から発見されたカメ類化石の分類学的位置づけについて. 日本爬虫両棲類学会55 回大会. 琉球大学法文学部,西原.イーシェイ=ワンディ・玉山雅浩・河村功一・太田英利・シンイェ=ウマグモ・テンジン=ワンチュク・サンゲイ=ドルジ・キンレイ=ギエルツェン・ゲム=ツェリン・イーシェイ=ジャムチョ・フルバ=レンダップ・岡安直比 (2016) ミトコンドリアDNA 情報にもとづくブータン南部の爬虫類相概観. 日本爬虫両棲類学会55 回大会.琉球大学法文学部, 西原.
高橋亮雄・太田英利 (2017) 沖縄県石垣島の上部更新統から発見されたイタチ類の分類学的位置づけとその動物地理学的意義. 日本古生物学会第166 回例会. 早稲田大学, 東京.
学会役員など
日本爬虫両棲類学会, 英文誌編集幹事,評議員
沖縄生物学会, 学会誌編集委員
日本生物地理学会, 評議員
Asian Herpetological Research Society, 学会誌編集委員
Tropical Natural History, 学術雑誌編集委員
Linnean Society of London, 特別会員(Fellow [F.L.S.])
Russian Journal of Herpetology, 学術雑誌編集委員
Animal Systematics, Evolution and Diversity,
学術雑誌編集委員
投稿原稿の査読: Asian Herpetological Research, Biological Journal of the Linnean Society, Zoological Journal of the Linnean Society, Molecular Ecology, 人と自然,Journal of Biogeography, Current Herpetology, Herpetological Monographs, Herpetologica, Zoological Studies, ZooKeys, 生物地理学会報等々の投稿原稿について計22 件
助成を受けた研究
琉球列島の後期更新世-近代における陸生脊椎動物の個体群消滅および絶滅に関する研究
学研究費基盤研究(C),研究分担者(分担分金額35 万円/130 万円)
海外調査
中華民国(台湾)(2016.5.24〜2016.6.2)

2.資料収集・整理
■資料収集
2016.4-7. トカゲ類,ヘビ類,カエル類(兵庫県内)
2016.5-6,10. トカゲ類,ヘビ類.沖縄県.台湾
整理同定担当資料
ウミガメ剥製(1 点)、ワニ剥製(2 点)

<事業推進>
1.生涯学習事業
■セミナー
館主催セミナー
◎太田英利. 2016.8.4. 特注セミナー(香川県立観音寺第一高等学校)「両生類・爬虫類に関する話/日本の動物地理」(特にカエルを中心に)(45 名)
◎太田英利. 2016.8.5. 一般セミナー(教職員含む)「外来種問題の現状対策」, 博物館. (10 名)
◎太田英利, 2016.11.5. 一般セミナー「動物の体のつくりと仕組み-両生類」, 博物館. (8 名)
◎太田英利. 2016.11.19. 一般セミナー「動物の体のつくりと仕組み-爬虫類」, 博物館(7 名)
館外講演
◎太田英利. 2016.5.14. 生態学実習「福島大池のカメ調べ」. 有馬富士公園, 三田市(24 名)
◎太田英利. 2016.6.4. 館外セミナー「両生類の多様性と保全: 世界,日本, そして伊丹市」,伊丹市立図書館「ことばぐら」, 伊丹市(26 名)
◎太田英利. 2016.6.4. カエル観察会「鳴き声を手掛かりにしたカエルの生息状況調査」. 伊丹市, 池尻地区の水田, 河川(14 名)
◎秋山弘之・太田英利・高野温子・山内健生.2016.7.24-30. 高校生のための生き物調査体験ツアーin 台湾. 中華民国台湾,台北市立動物園, 東眼山自然教育園 (266 名)
◎太田英利. 2016.10.22. 藤原ナチュラルヒストリー財団シンポジウム パネルディスカッション「ナチュラルヒストリー、これまでの貢献と今後への期待」司会. 兵庫県民会館, 神戸市(170 名)
◎太田英利. 2017. 2.18. 伊丹市民マイスター講座「日本の生物多様性 現状・危機要因と対策」.伊丹市立図書館「ことばぐら」, 伊丹市(29 名)
◎太田英利. 2017. 2.25. 伊丹市民マイスター講座「市民参加型カエル調査の報告会」. 伊丹市立図書館「ことばぐら」, 伊丹市(41 名)
◎太田英利. 2017.3.4. 薩南諸島の外来種問題「爬虫・両生類の視点から」. 鹿児島県奄美市(76 名)
兵庫県立大学・大学院教育
兵庫県立大学 大学院 環境人間学研究科 共生博物学部門 修士課程大学院生2 名の指導(主指導教員として)同 大学院講義「系統分類学特論」(受講者、8 名)
ラジオ・テレビ等協力
2016.11.15「まるトクZIP!」(よみうりテレビ),解説収録 (12.6 放送)
2017.3.2-3.14「沖縄やんばる初撮影! 夜の大自然 森の王者を追う」(BS プレミアム),全篇監修(3.27 放送)
学校教育支援
講師派遣
兵庫県立長田高等学校特色類型国際理解推進部 授業「両生類の多様性と生物地理」 2016.6.16,14:00〜15:30 受講者 1 年生 37 名
兵庫県立伊丹高等学校自然科学系(生物)授業「日本の動物地理」2016.7.12, 13:30-15:00 受講者2 年生 41 名
フェスティバル等
「共生の広場」にて審査委員

2.シンクタンク事業
■収蔵庫・ジーンファームの公開
生物系収蔵庫の案内,3 回,のべ約12 名.
行政等支援
委員会等(計15 件)
1998.4-.絶滅のおそれのある野生生物の選定・評価検討委員会 爬虫類・両生類分科会
2005.6-.環境省希少野生植物種保存推進員
2008.6-. 世界自然保護基金日本委員会(WWF ジャパン)自然保護委員会
2012.6-. 世界自然保護基金日本委員会(WWF ジャパン)運営委員会
2007.4-. 新石垣空港環境モニタリング委員会
2007.4-. 西表島エコロード検討委員会
2006.1-. オオヒキガエル防除事業対策会議委員
2009.10-. 生物多様性ひょうご戦略推進委員会委員
2011.5-. アベサンショウウオ保護増殖等検討会
2012.5-. 世界自然遺産指定に向けた琉球・奄美諸島評価検討会
2012.6-. 兵庫県環境審議会鳥獣部会
2013.6-. 奄美・琉球世界自然遺産候補地科学委員会
2014.6-. 鹿児島県外来種対策検討会委員
2014.7-. 伊丹市昆虫館運営協議会委員
2015.11-. 神戸市環境影響評価委員会委員
相談・指導助言
来訪者33 件,79 名.電話・FAX 相談11 件,メイル相談38 件.

Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.