ご利用案内

交通アクセス

利用案内(観覧料金)

団体でのご利用

バリアフリー情報

ひとはくの展示

セミナー情報


ひとはく活用術

移動博物館車 ゆめはく

自然・環境科学研究所

恐竜化石

ひとはくKids

行政や企業の方へ「シンクタンク事業」

学校関係者の方へ「学校教育支援」


自然・環境環境評価研究部/系統分類研究グループ
自然・環境評価研究部長
主任研究員
太田 英利【Hidetoshi OTA】
経歴・所属等
兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 系統分類研究部門 教授.
昭和34年愛知県生.京都大学大学院理学研究科修士課程修了.博士(理学).日本爬虫両棲類学会,日本動物学会, 動物分類学会,日本生物地理学会, 日本動物行動学会, 沖縄生物学会, American Society of Ichthyologists and Herpetologists, Biological Society of Washington, British Herpetological Society, Herpetologists’League, Linnean Society of London, Societas Europaea Herpetologica, Society for the Study of Amphibians and Reptiles等所属.
事業部での配属室もしくは研究開発会議での仕事
■研究開発部門
 自然・環境評価研究部/部長

<研究開発>
1.調査研究
■特別課題研究(個人研究)
1.アジア・オセアニアの熱帯・亜熱帯島嶼に見られる爬虫・両生類の系統分類と生物地理
2.東アジアにおけるスッポン類の遺伝的多様性と遺伝地理構造の解明
3. 爬虫類を中心とした四足動物における分子を指標とした系統関係の推定
4. 琉球列島を中心とした日本産爬虫・両生類の自然史
5. わが国における外来種の在来生物相へのインパクトとその防除
6. 博物館の収蔵標本の採集時期・産地記録から推定する,日本産爬虫・両生類の分布の変 遷: 特に東日本における津波の,低地両生類の分布への影響を中心に
7. ブータンの爬虫・両生類相に関する研究
論文・著書
Rhodin, A.G.J., H. Kaiser, P.P. van Dijk, W. Wüster, M. O'Shea, M. Archer, M. Auliya, L. Boitani, R. Bour, V. Clausnitzer, T. Contreras-MacBeath, B.I. Crother, J.M. Daza, C.A. Driscoll, O. Flores-Villela, J. Frazier, U. Fritz, A. Gardner, C. Gascon, A. Georges, F. Glaw, F.G. Grazziotin, C.P. Groves, G. Haszprunar, P. Havaš, J.M. Hero, M. Hoffmann, M.S. Hoogmoed, B.D. Horne, J.B. Iverson, M. Jäch, C.L. Jenkins, R.K.B. Jenkins, A.R. Kiester, J.S. Keogh, T.E. Lacher Jr., J.E. Lovich, L. Luiselli, D.L. Mahler, D. Mallon, R. Mast, R.W. Mcdiarmid, J. Measey, R.A. Mittermeier, S. Molur, V. Mossbrugger, R. Murphy, D. Naish, M. Niekisch, H. Ota, J.F. Parham, M.J. Parr, N.J. Pilcher, R.H. Pine, A.B. Rylands, J.G. Sanderson, J. Savage, W. Schleip, G.J. Scrocchi, H.B. Shaffer, E.N. Smith, R. Sprackland, S.N. Stuart, H. Vetter, L.J. Vitt, T. Waller, G. Webb, E.O. Wilson, H. Zaher, and S. Thomson. 2015. Comment on Spracklandus Hoser, 2009 (Reptilia, Serpentes, ELAPIDAE): request for confirmation of the availability of the generic name and for the nomenclatural validation of the journal in which it was published. (Case 3601; see BZN 70: 234-237; 71: 30-38, 133-135, 181-182, 252-253) Bulletin of Zoological Nomenclature 72(1): 65-78.
Tominaga, A., M. Matsui, K. Eto, and H. Ota. 2015. Phylogeny and differentiation of wide-ranging Ryukyu Kajika Frog Buergeria japonica (Amphibia: Rhacophoridae): Geographic genetic pattern not simply explained by vicariance through strait formation. Zoological Science 32(2): 240-247.
Danaisawadi, P., T. Asami, H. Ota, C. Sutcharit, and S. Panha. 2015. Subtle asymmetries in the snail-eating snake Pareas carinatus (Reptilia: Pareatidae). Journal of Ethology 33(2): 154-160.
Srikulnath, K., Y. Uno, C. Nishida, H. Ota, and Y. Matsuda. 2015. Karyotypic reorganization in the Hokou gecko (Gekko hokouensis, Gekkonidae): The process of microchromosome disappearance in Gekkota. PLOS ONE 10(8): e0134829.
Takahashi, A., H. Otsuka, and H. Ota. 2015. A new species of the genus Mauremys (Testudines: Geoemydidae) from the Upper Pleistocene of Miyakojima Island, Ryukyus Archipelago, Japan. Current Herpetology 32(2): 149-163.
◎Ikeda, T., H. Ota, and M. Matsui. 2016. New fossil anurans from the Lower Cretaceous Sasayama Group of Hyogo Prefecture, western Honshu, Japan. Cretaceous Research 61(1): 108-123.
その他著作
太田英利・池俊人・倉津 浩丞・本多 正尚. 2015. 奄美諸島,与論島からのオキナワキノボリトカゲ(有鱗目: アガマ科)の記録. 九州両生爬虫類研究会誌 (4): 6-9.
◎太田英利. 2015. サンショウウオの仲間: 21世紀の現在でも絶えない「新種の発見」の意味するもの. Green Age 2015(10): 42-44.
◎太田英利. タカチホヘビ: 湿った土壌に棲み、ミミズを食べる地味なヘビ. 2016(3): 39-41.
◎太田英利. 2016. サイエンス & スポーツ, ひとはく通信: 新しい時代の化石・骨格研究-生物多様性の保全に教訓 産經新聞. 1月8日・朝刊.
研究発表
栗田和紀・太田英利・疋田努. 2015. 尖閣諸島産アオスジトカゲの遺伝的・形態的特徴 日本動物分類学会 第51回大会. 広島大学教育学部, 東広島市.
Hidetoshi Ota. 2015. Feral Snakes of Okinawa-Jima, with Special Reference to the Status and Predicted Impact of Elaphe taeniura (Squamata: Colubridae). The Fifth International Wildlife Mabagement Congress, Sapporo Convention Center, Sapporo.
富永篤・松井正文・下地直子・江建平・巫奇勳・江頭幸士郎・戸田守・太田英利・西川完途. 2015. ヒメアマガエルの系統地理. 日本爬虫両棲類学会第53回大会. 東邦大学, 船橋市.
皆藤琢磨・戸田守・太田英利. 2015. 遺伝的,形態的変異に基づく種ヒャン3亜種の分類の再検討. 日本爬虫両棲類学会第53回大会. 東邦大学, 船橋市.
栗田和紀・太田英利・疋田努. 2015. 尖閣諸島産アオスジトカゲの遺伝的・形態的特徴. 日本爬虫両棲類学会第53回大会. 東邦大学, 船橋市.
栗田隆気・城野哲平・DING Li・NGUYEN Thien Tao・太田英利・戸田守. 2015. タシロヤモリの生物地理学的研究:とくに日本集団の起源について. 日本爬虫両棲類学会第53回大会. 東邦大学, 船橋市.
太田英利. 2015. ブータン南部で観察された爬虫・両生類. 日本爬虫両棲類学会第53回大会. 東邦大学, 船橋市.
学会役員など
日本爬虫両棲類学会, 英文誌編集幹事,評議員
沖縄生物学会, 学会誌編集委員
日本生物地理学会, 評議員
Asian Herpetological Research Society, 学会誌編集委員
Tropical Natural History, 学術雑誌編集委員
Linnean Society of London, 特別会員(Fellow [F.L.S.])
Russian Journal of Herpetology, 学術雑誌編集委員
Animal Systematics, Evolution and Diversity, 学術雑誌編集委員
投稿原稿の査読: Biological Journal of the Linnean Society, Current Herpetology, ZooKeys, Zoological Studies, 生物地理学会報等々の投稿原稿について計21件
■助成を受けた研究
分子生物学的手法によるオキナワキノボリトカゲ外来個体群の原産地の特定. 文部科学省科学研究費基盤研究(C),研究分担者(分担分金額10万円/78万円).
琉球列島の後期更新世-近代における陸生脊椎動物の個体群消滅および絶滅に関する研究
学研究費基盤研究(C),研究分担者(分担分金額30万円/182万円)
■海外調査
ブータン王国(2015.4.10〜2015.5.10), 中華民国(台湾)(2015.10.7〜2015.10.11)

2.資料収集・整理
■資料収集
2015.4-5. トカゲ類,ヘビ類,カエル類
2015.10 スッポン.沖縄県.台湾
■整理同定担当資料
ウミガメ剥製(3点)、ワニ剥製(3点)

<事業推進>
1.生涯学習事業
■セミナー
館主催セミナー
◎ 太田英利, 2015.6.26. 一般セミナー「ブータンの爬虫・両生類」, 博物館. (8名)
◎ 太田英利, 2015.7.4. 一般セミナー「動物の体のつくりと仕組み-両生類」, 博物館. (6名)
◎ 太田英利. 2015.8.7. 一般セミナー(教職員含む)「外来種問題の現状対策」, 博物館. (12名)
◎ 太田英利. 2015.8.20. 特注セミナー(香川県立香川高等学校)「日本の爬虫類,両生類」, 博物館(83名)
◎ 太田英利. 2015.9.5. 一般セミナー「動物の体のつくりと仕組み-爬虫類」, 博物館(7名)
◎ 太田英利. 2015.10.22. 特注セミナー(小学校)「カエルの指、ヤモリの指」, 博物館. (18名)
館外講演
◎太田英利. 2016.2.20. 伊丹市民生き物マイスター講座「伊丹市内のカメの生息実態調査についてー調査を開始するに当たって」. 兵庫県伊丹市, 昆陽池公園ホール, 伊丹市(32名)
◎ 太田英利. 2015.9.26. 館外セミナー (川西市生涯学習短期大学, レフネック)「川西市周辺の両生類の生態と保全」、アステ市民プラザホール, 川西市(75名)
◎ 太田英利. 2015.11.14. シンポジウム 沖縄に国立自然史博物館を! 〜次世代の博物館像を求めて〜. 「是非とも沖縄にあって欲しい "生物多様性の科学" の拠点としての自然史博物館: 一利用者の視点から」, 沖縄県立博物館講堂, 那覇市(136名)
◎ 太田英利. 2015.12.12. 伊丹市民生き物マイスター講座「市民参加による伊丹市内のカメの分布に関する実態調査の結果をどう見るか-特に外来種問題の視点から」. 兵庫県伊丹市, 昆陽池公園ホール, 伊丹市(28名)
◎ 太田英利. 2016.2.20. 伊丹市民生き物マイスター講座「外来種のカメをはじめとした、われわれのまわりの外来種問題の総括」. 兵庫県伊丹市, 昆陽池公園ホール, 伊丹市(26名)
◎ 太田英利. 2016.3.06.地域自然史と保全研究発表会 シンポジウム 「淡水棲カメ類の種間交雑とその保全生物学的示唆: スッポンの問題を中心に」. 大阪市立自然史博物館講堂, 大阪市 (90名)
兵庫県立大学・大学院教育
兵庫県立大学 環境人間学研究科 共生博物学部門修士課程大学院生1名の指導(主指導教員として)
兵庫県立大学 環境人間学研究科 社会環境学部門博士後期課程大学院生1名の学位研究指導・審査(副査として)
タイ,チュラロンコン大学理学研究科生物系,博士後期課程大学院生1名の指導補助(副査として)
ラジオ・テレビ等出演
2015.6.11, 13:00-17:00「生きものカミングアウト: ワニの不思議な行動」(フジテレビ),解説収録 (6.28放送)
学校教育支援
出張授業 兵庫県立長田高等学校特色類型(人文・数理探求型)講義「日本の生物相、生物多様性の成立ち: 生物地理学的視点から」 2015.6.18, 14:00〜15:30 受講者 2年生 34名
兵庫県立長田高等学校「英語による研究発表コンクール」 2015.7.14, 13:00〜17:00 審査委員・コメンテーター. 参加者 3年生 32名
兵庫県立三田祥雲館高等学校 「課題研究(生物分)」4課題へのアドバイス. 2015年11月17日 受講者2年生14名

2.シンクタンク事業
■収蔵庫・ジーンファームの公開
生物系収蔵庫の案内,6回,のべ約22名.
行政等支援
委員会等(計15件)
1998.4-.絶滅のおそれのある野生生物の選定・評価検討委員会 爬虫類・両生類分科会
2005.6-.環境省希少野生植物種保存推進員
2008.6-. 世界自然保護基金日本委員会(WWFジャパン)運営委員会
2009.6-. 総合地球環境研究所雑誌「SEEDer」編集委員会
2007.4-. 新石垣空港環境モニタリング委員会
2007.4-. 西表島エコロード検討委員会
2006.1-. オオヒキガエル防除事業対策会議委員
2009.10-. 生物多様性ひょうご戦略推進委員会委員
2011.5-. アベサンショウウオ保護増殖等検討会
2012.5-. 世界自然遺産指定に向けた琉球・奄美諸島評価検討会
2012.5-. 琉球列島における要注目外来種選定委員会
2012.6-. 兵庫県環境審議会鳥獣部会
2013.6-. 奄美・琉球世界自然遺産候補地科学委員会
2014.6-. 鹿児島県外来種対策検討会委員
2014.7-. 伊丹市昆虫館運営協議会委員
2015.11-. 神戸市環境影響評価委員会委員
相談・指導助言
来訪者28件,63名.電話・FAX相談14件,メール相談51件.

Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.