サイトマップ |
文字サイズの変更

ご利用案内

交通アクセス

利用案内(観覧料金)

団体でのご利用

バリアフリー情報

ひとはくの展示

セミナー情報


ひとはく活用術

移動博物館車 ゆめはく

自然・環境科学研究所

恐竜化石

ひとはくKids

行政や企業の方へ「シンクタンク事業」

学校関係者の方へ「学校教育支援」


自然・環境評価研究部
地球科学研究グループ
主任研究員
池田 忠広【IKEDA, Tadahiro】
経歴・所属等
兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 准教授.
昭和 53 年鹿児島県生.鹿児島大学大学院理工学研究科博士後期課程修了.理学博士.日本古生物学会,日本爬虫両生類学会,Society of Vertebrate Paleontology 等所属.
研究部以外の配属室と仕事
1.企画・調整室
重要施策事業の推進、施策案作成等
2.タスクフォース
恐竜事業推進タスクフォース
3.プロジェクト
文科省博物館ネットワークにおけるレガシー事業篠. 分担者
国際交流事業 高校生のための生き物体験ツアーin 台湾. 分担者
共生のひろば.分担者
地学系収蔵庫の資料整理の推進.分担者

<研究開発>
1.調査研究
■特別課題研究(個人研究)
1.下部白亜系篠山層群産小型爬虫両生類化石の分類 学的研究
2.日本および琉球列島産蛇類椎骨化石の分類学的研 究
3.小型爬虫両生類を対象とした骨学的研究
■論文・著書
池田忠広・北林栄一・加藤敬史 (2018) 大分県安心院町の鮮新統津房川層より産出したカエル・ヘビ類化石. 琵琶湖博物館研究調査報告 第 31 号 安心院動物化石群2,28-41.
池田忠広・高橋亮雄・真鍋真・長谷川善和(2019)沖縄島の更新世港川人遺跡から産出したヘビ類椎骨 化石.群馬県立自然史博物館研究報告 第 23 号, 21-34.
■その他著作
◎池田忠広・三枝春生・半田久美子・佐藤裕司・久保田克博・生野賢司・田中公教・加藤茂弘・太田英利・ 高橋晃 (2018) 篠山層群の恐竜・小型脊椎動物化石〜調査・研究から普及教育・地域振興まで〜. 兵庫県立大学 地の交流シンポジウム 2018 要旨集.
◎Tanaka, K, Zelenitsky, D. K., Therrien F., Fernandez, M. S., Saegusa, H., Ikeda, T., and Kubota, K., (2018) Report on a theropod nesting site from Hyogo, Japan. Journal of Vertebrate Paleontology, Program and Abstracts 2018: 225.
■研究発表
◎池田忠広・三枝春生・半田久美子・佐藤裕司・久保田克博・生野賢司・田中公教・加藤茂弘・太田英利・ 高橋晃 (2018) 篠山層群の恐竜・小型脊椎動物化石〜調査・研究から普及教育・地域振興まで〜. 兵庫県立大学 地の交流シンポジウム 2018,姫路商工会議所,姫路市(9 月)
◎Tanaka, K, Zelenitsky, D. K., Therrien F., Fernandez, M. S., Saegusa,H.,Ikeda,T.,andKubota,K.,(2018)Reportonatheropod nestingsitefromHyogo,Japan. 78th Annual Meeting, Society of Vertebrate Paleontology, Albuquerque Convention Center Albuquerque, New Mexico, U.S.A.
■学会役員など
投稿原稿の査読: REVISTA BRASILEIRA DE PALEONTOLOGIA, Current Herpetoloy.
■助成を受けた研究
下部白亜系篠山層群カエル類遊離骨化石を対象とし た分類学的研究.文部科学省科学研究費若手研究(B). 代表者(2018 年度 130 万円/総額 340 万円)
琉球列島更新統産爬虫両棲類化石の分類学的研究.兵庫県立大学部局特殊化推進費.代表者(金額 16 万円)
恐竜化石産出地域における生涯学習プログラムの開 発と体制の構築.文部科学省科学研究費基盤研究(C. 分担者(2018 年度 1.5 万円/総額 364 万円)
■海外調査
2018. 5, 8, 台湾 台北
2018. 12, イギリス ロンドン
2.資料収集・整理
■資料収集
2018.5, 10. 動物化石.篠山市西古佐.
2018.9, 2019.1 - 3, 脊椎動物化石.丹波市山南町.
■整理同定担当資料
脊椎動物化石(小型爬虫両生類)

<事業推進>
1.生涯学習事業
■セミナー
館主催セミナー
◎池田忠広・久保田克博・生野賢司,2018. 5,「化石発掘調査、アカデミックキャンプ」,丹波市・川代公園,篠山市・丹波並木道中央公園.(1 回,20 名) 池田忠広,2018. 5,一般セミナー「日本の爬虫両生類相の成立ち」,博物館.(8 名)
◎池田忠広,2018. 6,高校連携セミナー「兵庫県下部白亜系篠山層群から発見された恐竜および小型脊椎動物化石」,博物館.(44 名)
◎池田忠広,2018. 7,一般セミナー「恐竜・生命史フィールド学入門③ 両生類・爬虫類の進化~篠山層群のカエル・トカゲ類化石~」,博物館.(30 名)
◎池田忠広・生野賢司・田中公教・博物館実習生,2018.8,オープンセミナー「展示解説と化石のレプリカ作り」,新丹波竜化石工房.(1 回157 名)
◎池田忠広,2018. 4,特注セミナー「篠山層群から発見された太古の生物たち」,博物館.(1 回152 名)
◎池田忠広,2018. 5,特注セミナー「丹波竜展示解説」,博物館.(1 回80 名)
◎池田忠広,2018. 5,特注セミナー「恐竜についても学ぼう」,博物館.(1 回126 名)
◎池田忠広,2018. 6,特注セミナー「恐竜についても学ぼう」,博物館.(1 回42 名)
◎池田忠広,2018. 9,特注セミナー「恐竜と化石の話と展示解説」,博物館.(1 回35 名)
◎池田忠広,2018.10,特注セミナー「恐竜についても学ぼう」,博物館.(1 回39 名)
◎池田忠広,2018. 11,特注セミナー「地学系収蔵庫見学」,博物館.(1 回35 名)
◎池田忠広,2018. 12,県政150 周年記念国際シンポジウム「巨大恐竜、竜脚類の謎に迫る!」パネルディスカッション,ホロンピアホール.(265 名)
館外講演
池田忠広,2018. 5,「カエルについて学ぼう」,三田市,有馬富士学習センター.(1 回,19 名)
◎池田忠広,2018. 6,「よみがえる丹波竜の世界」,三田市,有馬富士学習センター.(1 回,158 名)
池田忠広,2018. 7,「脊椎動物の出現~初期の多様性について~」,西宮市,西宮市民会館.(1 回,62 名)
◎池田忠広,2018. 7,「丹波の恐竜について」,丹波市,山南住民センター.(1 回,22 名)
◎池田忠広,2018. 8,「恐竜時代を生き抜いた生物(両生類・爬虫類)、その多様性について」,西宮市,西宮市民会館.(1 回,62 名)
◎池田忠広,2018. 8,「篠山層群から発見された太古の 生物たち」,篠山市,篠山チルドレンズミュージアム.(6 名)
秋山弘之・太田英利・布野隆之・池田忠広.2018.8. 高校生のための生き物調査体験ツアーin 台湾. 中華民国台湾,台北市立動物園, 東眼山自然教育園(40 名)
◎池田忠広,2018. 9,「篠山層群から発見された恐竜・小型脊椎動物化石」,神戸市,コミスタ神戸.(80 名)
◎池田忠広,2018. 9,「篠山層群, 現地解説」,丹波市・篠山市,県立宝塚北高等学校.(47 名)
◎池田忠広,2018. 9,「篠山層群から発見された恐竜・小型脊椎動物化石」,南あわじ市中央公民館,南あわじ地学の会.(20 名)
兵庫県立大学・大学院教育
共生博物学(全学共通教育科目,オムニバス形式, 代表)
非常勤講師
2018. 6, 「地域研究」,県立篠山鳳鳴高等学校.
テレビ・ラジオ等出演
2018.11.15,「篠山層群から発見された卵・卵殻化石」,ニュース KOBE, NHK 神戸.他一件
2018.11.16,「恐竜卵?化石 されに5 点」,日本経済新聞.
2018.11.16,「卵の化石 恐竜か鳥類か」,産経新聞(阪神).
2018.11.16,「小型恐竜 集団で営巣か」,神戸新聞.
2018.11.16,「丹波の地層 本格調査へ」,朝日新聞(三田).
2018.11.17,「化石地層の発掘再開」,読売新聞(神戸明石).
2018.11.27,「卵化石の地層 発掘再開」,読売新聞(阪神・三田).
2018.11.26,「卵化石の発掘調査再開へ」,丹波新聞.
2019.1.10,「卵化石密集地層を調査」,読売新聞(阪神三田).
2019.1.14,「探せ恐竜の卵化石」,神戸新聞(丹波篠山).
2019.1.16,「発掘調査が本格始動」,神戸新聞(丹波篠山).
■共催・協力・後援事業
2018.12- 2018.1, あわジオフェスティバル 2017,国営明石海峡公園,兵庫県.協力/主担当
■担い手成長支援事業
連携活動グループ・地域研究員
南あわじ地学の会,主担当(指導・協働)
ラボーンズ,主担当(指導・協働)
篠山層群をしらべる会,副担当(指導)
野田富士樹,主担当(指導)
常岡芳朗,主担当(指導)
松原裕美,主担当(指導)
吉竹久男,主担当(指導)
横内悦実,主担当(指導)
松原 薫,主担当(指導)
村上鷹夫,主担当(指導)
村上 茂,主担当(指導)
友井幹雄,主担当(指導)
友井芳郎,主担当(指導)
鈴木正太郎,主担当(指導)
荒木幸枝,主担当(指導)
大江孝治,主担当(指導)
酒井將瑞,主担当(指導)
中塚達子,主担当(指導)
中西一郎,主担当(指導)
吉竹恵子,主担当(指導)
橋本俊栄,主担当(指導)
山内一郎,主担当(指導)
足立信幸,主担当(指導)
奥岸明彦,主担当(指導)
藤本艶彦,副担当(指導)
小西逸雄,副担当(指導)
成果発表
藤本艶彦,2019.2,「マイクロレプリカ作成方法の精度」,共生のひろば,博物館.(指導)
■研修生等の受入博物館実習
2018. 8, 近畿大学 2 名,神戸学院大学 1 名,筑波大学1 名,琉球大学 1 名,南九州大学 1 名,関西学院大学1 名,神戸女子大学1 名.(8 名)
2.シンクタンク事業
■受託研究
川代 TN 建設工事発生土調査事業業務.丹波市,分担者(28 万)
■収蔵庫・ジーンファームの公開
地学系収蔵庫等の案内,4 回,44 名.
■行政等支援
委員会等(計3 件)
2018.4-2019.3, 丹波並木道中央公園円卓会議,委員,丹波並木道中央公園.
2018.4-2019.3, 並木道祭り,委員,丹波並木道祭り実行委員会.
2017.10-2018.10, 丹波市恐竜をいかしたまちづくり協議会,委員,丹波市.
相談・指導助言
来訪者4 件,12 名.電話・FAX 相談 30 件,メール相談88 件.

Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.