サイトマップ |
文字サイズの変更

ご利用案内

交通アクセス

利用案内(観覧料金)

団体でのご利用

バリアフリー情報

ひとはくの展示

セミナー情報


ひとはく活用術

移動博物館車 ゆめはく

自然・環境科学研究所

恐竜化石

ひとはくKids

行政や企業の方へ「シンクタンク事業」

学校関係者の方へ「学校教育支援」


自然・環境評価研究部
地球科学研究グループ/研究・シンクタンク推進室
主任研究員・研究グループ長
加藤 茂弘【KATO, Shigehiro】
経歴・所属等
昭和35年岐阜県生.東京大学大学院理学系研究科博士課程単位取得後退学.理学修士.日本第四紀学会,日本活断層学会,日本人類学会,日本地理学会,日本地質学会,日本地形学連合,地球惑星科学連合,歴史地震研究会に所属.
研究部以外の配属室と仕事
1.研究・シンクタンク推進室
室長.事業全体の統括,交換雑誌の対応,博物館紀要編集員会の管理,外部機関との連携事業の実施など
2.恐竜タスクフォース
セミナー,イベント,発掘調査等の実施・補助など
3.プロジェクト
地学系収蔵庫の資料整理の推進,分担者
文科省博物館ネットワークにおけるレガシー事業,分担者
鳴門海峡の渦潮の世界遺産登録に向けた検討支援,分担者
共生のひろば,分担者

<研究開発>
1.調査研究
■特別課題研究(個人研究)
1.火山灰層序に基づく後期新生代の古環境変動と人類進化に関する研究
2.近畿地方の活断層と地殻変動に関する研究
3.地震断層の保存と活用に関する研究
■論文・著書
田中俊雄・佐藤裕司・加藤茂弘(2019)前期更新世における大阪堆積盆地北西部の環境変遷.人と自然,No. 30,1-22.
Ueno, Y., Hyodo, M., Yang, T. and Katoh, S.(2019)Intensified East Asian winter monsoon during the last geomagnetic reversal transition.Scientific Reports,9,9389,doi.org/10.1038/s41598-019-45466-8.
■その他著作
加藤茂弘(2019)エチオピアの大地に人類進化の謎を探る―コンソ村での調査(自然とむきあう),シリーズ「人と自然,地域と向き合う-第3回.人と自然の博物館HP.
加藤茂弘(2019)2019年大会報告「懇親会報告」.日本第四紀学会ニュースレター「第四紀通信」,26(6),4-5.
加藤茂弘(2019)書評:図説 日本の活断層―空撮写真で見る主要活断層帯36.人と自然,No. 30,127-129.
加藤茂弘(2019)河原の石から広がる世界.厚生会だより「ふれあい」(兵庫県学校厚生会),391号,21.
加藤茂弘・生野賢司・藤原泰誠・郷津知太郎・菊池直樹(2019)兵庫県北部,豊岡市畑上の海成上部更新統の貝化石のESR年代.日本第四紀学会講演要旨集,49,54.
Katoh, S.(2020)Preservation and practical use of recent earthquake faults in Japan and Taiwan: the past, present and near future.New Development in Active Fault Studies ? 25 years since the 1995 Kobe earthquake -, Abstracts of the Hokudan International Symposium on Active Faulting,The Operation Committee of the Hokudan International Symposium on Active Faulting, 48-51.
■ブログへの情報提供
8件
■研究発表
Katoh, S., Hyodo, M., Kitaba, I., Nakagawa, T., Yamada, K., Ishimura, D., Hirose, K., Danhara, T., Iwano, H., Sakata, S. and Hirata, T.(2019.8)Paleoclimatic records during the Early-Middle Pleistocene Transition from the Katata Formation west of Lake Biwa, southwest Japan.International Quaternary Association 2019 Congress,Convention Centre Dublin (CCD),Dublin,Ireland.
Katoh, S.(2020.1)Preservation and practical use of recent earthquake faults in Japan and Taiwan: the past, present and near future (Invited Talk). Hokudan International Symposium on Active Faulting 2020,Hokudan Earthquake memorial Park, Awaji City, Japan.
加藤茂弘・生野賢司・藤原泰誠・郷津知太郎・小畑直也・菊池直樹(2019.8)兵庫県北部,豊岡市畑上の海成上部更新統の貝化石のESR年代.日本第四紀学会2019年度秋季大会,千葉科学大学.
藤井和香・兵頭政幸・加藤茂弘・宮入陽介・山口夢香・横山祐典(2019.5)Centennial-scale bioproductivity changes during the earliest Middle-Pleistocene.日本地球惑星科学連合2019年大会,幕張メッセ国際会議場.
山口 覚・高桑大介・三村 明・福江一輝・加藤茂弘・村上英記・高倉伸一(2019.5)山崎断層系津山北方の断層のAudio-frequency magnetotelluric調査.日本地球惑星科学連合2019年大会,幕張メッセ国際会議場.
山口 覚・三村 明・福江一輝・加藤茂弘・村上英記・上嶋 誠(2019.5)郷村断層帯における地表から震源域にいたるまでの比抵抗構造の解明.日本地球惑星科学連合2019年大会,幕張メッセ国際会議場.
兵頭政幸・上野友輔・楊 天水・加藤茂弘(2019.8)下層雲の日傘効果の気候への影響―最後の地磁気逆転期を利用した検証.日本第四紀学会2019年度秋季大会,千葉科学大学.
藤井和香・兵頭政幸・加藤茂弘・宮入陽介・山口夢香・横山祐典(2019.8)中期更新世最初期の100年スケールの気候変化―太陽活動との関連性.日本第四紀学会2019年度秋季大会,千葉科学大学.
■学会役員等
北淡国際活断層シンポジウム2020実行委員会,副委員長
■助成を受けた研究
中期更新世初期の気候変動を探る―湖沼堆積物の高精度編年に基づく古環境総合解析.文部科学省科学研究費補助金基盤研究(A),研究代表者(2019年度1,482万円./総額4,628万円)
人類とアフリカ類人猿の出現過程の解明―チョーロラピテクスの進化形態学的研究.文部科学省科学研究費補助金基盤研究(A),研究分担者(2019年度156万円/総額4,394万円)
恐竜化石産出地域における生涯学習プログラムの開発と体制の構築.文部科学省科学研究費補助金基盤研究(C),研究分担者(2019年度7.8千円/総額364万円)
古琵琶湖層群堅田層の定方位コアを用いた中期更新世初期の気候変動の解明.令和元年度高知大学海洋コア総合研究センター共同利用・共同研究(課題番号19B061)
■海外調査
2019. 5, 8,台湾 台北
2019.5,921地震教育園区内の保存地震断層トレンチの修復ほか.921地震教育園区および車龍埔断層保存館,台湾.
2019.7-8,国際第四紀学会2019参加.ダブリン市,アイルランド.
2019.9,地震遺構の保存・活用状況の調査.台中市・影化市,台湾.
2.資料収集・整理
■資料収集
2019.4-2019.12,琵琶湖西岸の堅田層の火山灰層および露頭写真,滋賀県大津市喜撰川流域.
2019.4-2020.3,中期更新世の海成堆積物と含有貝化石,および露頭写真,兵庫県豊岡市畑上・京都府京丹後市黒部.
2019.10,阿寺断層帯の断層変位地形,岐阜県中津川市川上・坂下ほか.
2020.3,那岐山断層帯の断層変位地形および断層露頭の写真,岡山県津山市・奈義町(日本原高原ほか).
2020.3,大山火山起源の軽石・火山灰層,岡山県真庭市上福田・上齏原村人形峠ほか.
■受贈担当資料
2019.6,岩石・鉱物コレクション(森亜偉子),40点.
2019.6,永瀬幸一岩石・鉱物コレクション,2600点.
2019.6,水谷洋一鉱物コレクション,500点.
■整理同定担当資料
第四紀堆積物(火山灰,ボーリングコア,堆積物等,活断層・地層のはぎとり標本等)
岩石(火山岩・堆積岩が主体)・鉱物標本
化石(第四紀の貝類化石)

<事業推進>
1.生涯学習事業
■セミナー
館主催セミナー
加藤茂弘,2019.8,教職員・指導者セミナー「火山灰を調べる」,博物館.(20名)
加藤茂弘,2019.9,一般セミナー「近未来の南海トラフ巨大地震を考える」,博物館.(19名)
加藤茂弘,2019.4-6,オープンセミナー「暗闇で光る岩石や鉱物を見てみよう」,博物館.(全3回,93名)
加藤茂弘・半田久美子,2019.8,オープンセミナー「フズリナ石灰岩を磨いて観察しよう」,博物館.(31名)
加藤茂弘,2019.9,オープンセミナー(ギャラリートーク)「ひとはくの岩石・鉱物コレクション」,博物館.(117名)
加藤茂弘,2019.8,特注セミナー「暗闇で光る岩石と鉱物を見てみよう」,加東市環境課,博物館.(56名)
加藤茂弘,2019.8,特注セミナー「石ころズラリ展示解説」,大阪鉱物クラブ,博物館.(32名)
加藤茂弘,2019.11,「六甲山と三田盆地周辺の地形と地質(全2回)」,兵庫県立舞子高等学校環境防災科1年生,博物館.(43名)
加藤茂弘,2019.12,特注セミナー「地学系収蔵庫案内」,GSC兵庫ROOTプログラムひとはくツアー,博物館(11名)
石を観る会・先山 徹・古谷 裕・加藤茂弘,2019.5-12,一般セミナー「石ころセミナー2019(全7回)」,博物館.(185名)
生野賢司・加藤茂弘,2019.8,オープンセミナー(標本のミカタ)「地球のカケラから何がわかる?」,博物館.(250名)
星の会(NPO法人人と自然の会)・加藤茂弘,2019.11,「地球を宇宙から眺めてみよう」,ミュージアム・フェスタ,博物館.(50名)
館外講演
加藤茂弘,2019.5,「見直される近未来の南海トラフ巨大地震」,阪神シニアカレッジ2年生,阪神シニアカレッジ.(155名)
加藤茂弘,2019.5,「アフリカの大地に人類進化の謎を探る」,阪神シニアカレッジ4年生,阪神シニアカレッジ.(109名)
加藤茂弘,2019.6,「兵庫県南部の活断層と近未来の内陸大地震」,三木市高齢者大学,三木市立まなびの郷みずほ.(40名)
加藤茂弘・生野賢司・古谷 裕ほか,2019.8,「野島で石を探そう!」(化石のレプリカをつくろう,石を採取しよう・石を観察しよう,野島断層保存館を見学しよう),野島断層親子体験教室(第1回),淡路市歴史文化基本構想を活用した観光拠点形成のための協議会・淡路市教育委員会(共催),北淡震災記念公園セミナーハウス.(48名)
加藤茂弘・生野賢司・古谷 裕ほか,2019.8,「野島で観察しよう!」(化石のレプリカをつくろう,花崗岩と大阪層群を観察しよう,野島断層保存館を見学しよう),野島断層親子体験教室(第2回),淡路市歴史文化基本構想を活用した観光拠点形成のための協議会・淡路市教育委員会(共催),北淡震災記念公園セミナーハウスほか.(49名)
加藤茂弘,2019.10,「中山寺周辺の活断層地形と1596年伏見地震の痕跡をたどる」,宝塚市社会福祉協議会,いきいき学舎フレミラ,宝塚市中山寺周辺.(28名)
加藤茂弘,2019.11,「中山寺周辺の活断層地形と1596年伏見地震の痕跡をたどる」,宝塚市社会福祉協議会,いきいき学舎フレミラ,宝塚市中山寺周辺.(18名)
加藤茂弘,2019.11,「宝塚周辺の活断層と近未来の大地震」,宝塚市社会福祉協議会,いきいき学舎フレミラ.(28名)
加藤茂弘,2019.11,「沼島の地質と地形」,NPO法人人と自然の会,沼島.(34名)
加藤茂弘,2020.1,「地震断層を守り、活かす―野島断層25年の試み」,野島断層活用フォーラム実行委員会,北淡震災記念公園セミナーハウス.(90名)
加藤茂弘,2020.2,「近未来の南海トラフ巨大地震を考える」,南あわじ地学の会,南あわじ市中央公民館.(25名)
古谷 裕・加藤茂弘,2019.10,「篠山盆地周辺の丹波層群とPT境界(野外巡検)」,大阪鉱物クラブ,丹波篠山市・福知山市周辺,(38名)
■連携事業
共催事業
2019.8,野島断層親子体験教室(全2回),淡路市北淡震災記念公園セミナーハウス,淡路市教育委員会,主担当(企画・運営・講師).
2020.1,北淡国際活断層シンポジウム2020,淡路市北淡震災記念公園セミナーハウスほか,北淡国際活断層シンポジウム2020実行委員会,主担当(企画・運営・講師).
協力事業
2019.7-9,令和元年度特別展「われる!ゆれる!地震のひみつ」,和歌山県立自然博物館,主担当(資料貸出).
2019.12,2019GSC-ROOTプログラム「兵庫県立人と自然の博物館見学会」(講和および収蔵庫・博物館見学),主担当(企画・運営・収蔵庫案内).
2020.1,野島断層活用フォーラム,淡路市北淡震災記念公園セミナーハウスほか,野島断層活用フォーラム実行委員会,主担当(企画・運営・講演)
2020.2-3,企画展「未来へつなぐ災害の歴史―地震・火事・台風・竜巻―」,豊橋市美術博物館,主担当(資料貸出).
■担い手成長支援事業
連携活動グループ・地域研究員
石を観る会(石ころクラブ),主担当(指導・協働)
舟木冴子,副担当(指導・協働)
成果発表
石を観る会,2020.2,「石ころセミナー2019(石を観る会活動報告)」,第15回共生のひろば,博物館.(指導・協働)
石を観る会,2020.2,「石を観る会選抜 兵庫を代表する石」,第15回共生のひろば,博物館.(指導・協働)
舟木冴子,2020.2,「日本で数カ所目となるローゼン石Rosenite (FeSO4・4H2O)」の産地を発見!」,第15回共生のひろば,博物館.(指導)
舟木冴子,2020.2,「六甲山の鉱物たち」,第15回共生のひろば,博物館.(指導)
■学校教育支援
トライやるウィーク
2019.5,三田市立上野台中学校,狭間中学校,けやき台中学校,藍中学校,各1名.(計4名)
講師派遣
2019.6,「見直される近未来の南海トラフ巨大地震」,兵庫県立舞子高等学校環境防災科1年生.(44名)
2019.6,「ペーパークラフトで学ぶ活断層と地震」,兵庫県立舞子高等学校環境防災科1年生.(44名)
■研修生等の受入
卒論生等
2019.4-2020.3,伊藤 圭(大阪市立大学理学部地球学科4年生),阿寺断層帯におけるAMT比抵抗観測.
2019.4- 2020.3,福江一輝(大阪市立大学大学院理学研究科博士前期課程2年生),山崎断層系那岐山断層帯でのAMT比抵抗観測.
2019.4-2020.3,藤井和香(神戸大学理学系研究科惑星学専攻博士前期課程2年生),大阪湾周辺における中期更新世初め,MIS19期の急激な植生変動・気候変動に関する研究.
2019.4-2020.3,田中康士郎(神戸大学理学部地球惑星学科4年生),古琵琶湖層群堅田層のブリュンヌ・松山古地磁気境界付近における詳細古地磁気変動の解明.
2019.4-2020.3,太田義将(京都大学防災研究所大学院博士前期課程2年生),隆起速度の増加に対する流域地形の応答:六甲山地を例とした地形発達の定量的モデリングとその検証.
■展示
2020.2-4,ミニ企画展「ひとはく研究員展2020」,博物館,分担者.
2019.4,本館2階男子トイレにおける鉱物・化石の常設展示,分担者.
2019.7-10,コレクション展「石ころズラリ~美しい鉱物から珍しい岩石まで~」,博物館,分担者.
2019.8-9,ひとはくコラボ展「JAPAN COLOR(美しい色の日本産鉱物,岩絵の具,大屋のヒスイ等の展示)」,分担者.自然史レガシー継承・発信実行委員会,京都花洛庵.
2019.11-12,本館4階レファレンスコーナー岩石標本の整備.責任者.
2020.2-4,ミニ企画展「ひとはく研究員展2020」,博物館,および同展におけるパネル展示「丹後半島周辺の最終間氷期(MIS5e)に形成された海岸段丘や海成層の分布高度から活構造を推定する」と貝化石の展示,責任者.
2020.2-3,本館2階岩石・鉱物・化石展示コーナーの展示台の整備および追加標本の展示,責任者.
2.シンクタンク事業
■受託研究
「野島断層の保存と活用に関する研究」,淡路市教育委員会,研究代表者.(30万円)
「鳴門海峡の渦潮世界遺産登録に向けた提出文書における地形地質・景観の価値証明に関する技術支援業務」,株式会社プレック研究所大阪事務所,研究分担者.(80万円)
■収蔵庫・ジーンファームの公開
地学系収蔵庫等の案内,9回,46名.
■行政等支援
委員会等(計7件)
2019.4-2020.3,野島断層活用委員会,委員長,淡路市教育員会.
2019.4-2020.3,布田川断層帯保存活用計画策定委員会,委員,熊本県益城町教育委員会.
2019.4-2020.3,鳴門海峡の渦潮世界遺産学術調査検討委員会,委員,淡路県民局.
2019.4-2020.3,鳴門海峡の渦潮世界遺産学術調査検討委員会コア会議,委員,淡路県民局.
2019.10-,氷上回廊水分かれフィールドミュージアム展示改修監修委員会,委員,丹波市教育委員会.
2019.11-,県立兵庫津ミュージアム(仮称)展示計画ワーキング会議,テーマ別アドバイザー,兵庫県企画県民部地域資源課.
2020.1-2,丹波市特定任期付職員選考委員会,学術委員,丹波市教育委員会.
相談・指導助言
来訪者150件,178名.電話・FAX 30件,メール200件.
2019.6-12,ネパールにおける地震博物館の設立について.広島大学ほか.
2019.9,淡路市舟木遺跡産出の石器等の原石同定について.淡路市教育委員会.
2019.9,久野鉱物コレクションの寄贈について.
2019.9,水分かれミュージアムの展示更新内容について.丹波市教育委員会.
2019.9-10,台湾921地震教育園区内の地震断層トレンチの保存・修復・維持管理の方法について.台湾921地震教育園区.
2019.9-2020.3,淡路市舟木遺跡産出の軽石について.淡路市教育委員会.
2019.12,水分かれミュージアムの地質展示用試料の選別と展示方法に関する現地指導.トータルメディア株式会社.
2020.1-2,綾部市以久田野台地の第四紀露頭について.NPO法人里山ねっと・あやべ.
2020.2-3,淡路島の地形・地質について.NHK制作局.
2020.2-3,甲子園球場付近の地下水と地形・地質について.NHK制作局.
視察対応
2020.1,人と自然の博物館の展示および活動視察.921地震教育園区・車龍埔断層保存館(台湾国立自然科学博物館),5名.
2020.1,大阪自然史博物館の展示・収蔵庫見学と博物館活動について.921地震教育園区・車龍埔断層保存館(台湾国立自然科学博物館),5名.
■行政等支援
2020.1.13-17,北淡国際活断層シンポジウム2020,106名.(副委員長,セッションの企画・運営・講演.

Copyright © 1992-2020, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.