サイトマップ |
文字サイズの変更

ご利用案内

交通アクセス

利用案内(観覧料金)

団体でのご利用

バリアフリー情報

ひとはくの展示

セミナー情報


ひとはく活用術

移動博物館車 ゆめはく

自然・環境科学研究所

恐竜化石

ひとはくKids

行政や企業の方へ「シンクタンク事業」

学校関係者の方へ「学校教育支援」


自然・環境評価研究部
系統分類研究グループ
主任研究員
高野 温子【TAKANO, Atsuko】
経歴・所属等
昭和46年大阪府生.大阪市立大学大学院理学研究科博士課程修了.理学博士.日本植物分類学会,米国植物分類学会,日本植物学会等所属.
研究部以外の配属室と仕事
1.ビジョン実現タスクフォース
標本棚の見積依頼,新棟収蔵資料の館内調整,他館収蔵庫の設備について事例収集及びヒアリング
2.プロジェクト
博物館ネットワークにおけるレガシー発信・継承事業.分担者
頌栄短期大学標本の登録・整理.代表者
館内の壊れた個所をちまちま修理するプロジェクト.分担者
シソ科アキギリ属の送粉者調査と繁殖干渉.代表者
兵庫県産植物を中心とした植物分類学的研究.代表者
兵庫の絶滅危惧種オチフジの集団解析.代表者
植物標本デジタル化の促進.代表者
<研究開発>
1.調査研究
■特別課題研究(個人研究)
1.兵庫県産維管束植物の分類学的研究
2.ショウガ科植物の分類学的研究
3.シソ科植物の分類学的研究
■論文・著書
Takano, A. (2020) Taxonomic study of Salvia lutescens (Lamiaceae): Lectotype designations and proposal for a new variety, var. occidentalis. Acta Phytotaxonomica et Geobotanica, 71, 45-53.
角野康郎・池田 博・海老原 淳・上赤博文・狩山俊悟・黒沢高秀・佐久間大輔・志賀 隆・鈴木浩司・鈴木まほろ・瀬戸口浩彰・髙宮正之・高野温子・藤井伸二・藤川和美・持田 誠(2019)地域植物研究会等の現状:アンケートに基づく考察.植物地理・分類研究,67,165-178.
■その他著作
高野温子(2019)ひとはく研究員だより.神戸新聞2019年7月6日付朝刊.
Cole, T.C.H., F.A. Carvalho, S. Mursidawati, L. Bai, A. Takano, N. Ly, P. Triboun (2019) Zingiberaceae Phylogeny poster. In L.de M. Versieux, L.G. Clark (eds.), Abstracts of the monocots VI. p.159.
Takano, A., Y. Horiuchi, Y. Fujimoto, K. Aoki, H. Mitsuhashi and A. Takahashi (2019) Simple but long-lasting: A specimen imaging method applicable for small- and medium-sized herbaria. Proceedings ICOM 2019. [https://www.dropbox.com/sh/pab91zxw6eki06i/AABH9ynFCcoYKQT1MnIxnOtaa/Full-text/Poster%20Session?dl=0&preview=p-11+Simple+but+Long-Lasting+a+Specimen.pdf&subfolder_nav_tracking=1]
Mitsuhashi, H., A.Takano, T. Funo and Y. Hashimoto (2019) Natural history exhibition at historical heritage buildings: where culture meets nature. [https://drive.google.com/drive/folders/1vpYMogzg6OwUGZDeEDYDcWXXWmNukz5k]
高野温子(2019)コラム収蔵資料の活かし方.ひとはく通信ハーモニー,No. 107,p. 4.
■研究発表
Takano, A., Y. Horiuchi, Y. Fujimoto, K. Aoki, H. Mitsuhashi and A. Takahashi (2019) Simple but long-lasting: A specimen imaging method applicable for small- and medium-sized herbaria. ICOM 2019 NATHIST poster session. Osaka City Museum of Natural History.
Mitsuhashi, H., Takano, A., Funo, T. and Hashimoto, Y. (2019) Natural history exhibition at historical heritage buildings: where culture meets nature. ICOM 2019 NATHIST session 3. Connecting Culture and Nature, Inamori Memorial Hall, Rekisaikan, Kyoto.
高野温子・西田佐知子(2020)側所的に分布するアキノタムラソウとナツノタムラソウ(広義)の交雑.日本植物分類学会第19回大会,岐阜大学.
■学会役員等
投稿原稿の査読:Acta Phytotaxonomica et Geobotanica, Biodiversitas, Cells, International Journal of Plant Sciences, Journal of Plant Research, Plants, Taiwania, 人と自然. 計13件
■助成を受けた研究
科研費基盤研究C 研究代表者(機械学習とOCRを用いた植物標本画像からのラベル情報自動取得プログラムの開発.2019年度 169万/494万円)
科研費基盤研究B 研究分担者 (自然史標本の汎用化と収蔵展示技法の体系構築.  2019年度260万/1716万円)
市村清新技術財団 研究代表者 (現在種分化を起こしつつあるアキギリ属の集団遺伝解析. 2019年度125万円)
■海外調査
2019.9,中華人民共和国・浙江省
■賞罰
兵庫県教育委員会 事務局員表彰
2.資料収集・整理
■資料収集
2019.4,篠山市.
2019.5,宍粟市.
2019.6,京都府京丹後市.
2019.7,静岡県富士市・神奈川県箱根町.
2019.9,神戸市北区.
2019.11,神戸市西区.
■受贈担当資料
丸岡道行植物コレクション2018,370点
小林禧樹植物コレクション2018,912点
岡田博植物コレクション2017,15点
矢内正弘植物コレクション2018,188点
高野哲司植物コレクション2018,123点
竹崎広子植物コレクション2018,127点
■整理同定担当資料
維管束植物

<事業推進>
1.生涯学習事業
■セミナー
館主催セミナー
高野温子,2019.4-9,一般セミナー「草花なんでも鑑定団~身近な植物を見分けよう」,博物館.(全3回,計8名)
高野温子,2019.5,オープンセミナー「おでかけ画はくの日 スミレを描こう」,深田公園.(全2回,17+20名)
高野温子,2019.5,オープンセミナー「収蔵資料スペシャル企画 標本のミカタ~コレクションから新しい発見を生み出す~」第1回「スミレの世界」,博物館.(55名)
高野温子,2019.5,オープンセミナー「花を大きくしてみると?」,博物館.(全1回,14名)
高野温子,2019.9,オープンセミナー「ひとはく探検隊 ドングリの赤ちゃんをさがそう」,深田公園.(全1回,20名)
館外講演
高野温子,2020.1,GBIFワークショップ「植物標本のデジタル化と新たな整理法」,国立科学博物館.(140名)
■担い手成長支援事業
連携活動グループ・地域研究員
松岡成久,副担当
福岡忠彦,副担当
布施静香,副担当
NPO法人フィールド,主担当(協働)
■学校教育支援
学校団体対応
2019.4,姫路大学教育学部(2名)
2019.4,兵庫県立宝塚北高等学校 DNA抽出実験(40名)
2019.6,京都府立農業高校 DNA抽出実験(40名)
2019.11,大阪シニア自然大学 DNA抽出実験(22名)
2019.12,ROOTプログラム「研究でつまづいたときには」(20名)
2020.2,福崎町立八千種小学校「クイズ!兵庫県の植物」(28名)
2020.2,岡山理科大学「収蔵庫案内と展示解説」(4名)
講師派遣
2019.6,兵庫県立大学附属中学校プロジェクト学習.上郡町.
2019.10,兵庫県立大学附属中学校プロジェクト学習.上郡町.
2020.1,兵庫県立大学附属中学校プロジェクト学習.上郡町.
2020.2,兵庫県立大学附属中学校プロジェクト学習.上郡町.
2020.2,兵庫県立大学附属中学校プロジェクト学習発表会.上郡町.
■研修生等の受入
2019, 8,淡路景観園芸学校 インターンシップ1名 8月21, 27日
2019, 8,県立宝塚高校,仁川学院高等学校他,6名 8月22日
■展示
2019.8-9,自然史レガシー継承・発信事業「Japan Color」Where culture meets nature,京都市中京区,展示主担当.(2100名)
関連講座
2019.5,牧嘉裕・山本義則「兵庫県のスミレ」.「標本のミカタ」第1回(40名)
2019.5,黒崎史平「兵庫県のスミレについて」.「標本のミカタ」第1回(15名)
2.シンクタンク事業
■受託研究
文化庁委託事業「博物館ネットワークによる未来へのレガシー継承・発信事業」(実行委員)
■収蔵庫・ジーンファームの公開
生物系収蔵庫の案内,7回(姫路大学,兵庫県社会教育課・財務課・営繕課他,兵庫教育大学,川西緑台高校)
液浸収蔵庫の案内,1回(大阪府立泉北高校)
■行政等支援
委員会等(計3件)
2013.10-,兵庫県生物多様性アドバイザー.
2015.7-,希少野生動植物種保存推進員(環境省).
2017.3-,環境省レッドリスト調査員.
相談・指導助言
オチフジクラブ2013,活動助言.
須磨はまの会,植物鑑定.
メール相談,植物同定対応15件,他4件.
Copyright © 1992-2020, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.