サイトマップ |
文字サイズの変更

ご利用案内

交通アクセス

利用案内(観覧料金)

団体でのご利用

バリアフリー情報

ひとはくの展示

セミナー情報


ひとはく活用術

移動博物館車 ゆめはく

ひとはくセミナー倶楽部

ひとはく新聞ハーモニー

恐竜化石

ひとはくKids

行政や企業の方へ「シンクタンク事業」

学校関係者の方へ「学校教育支援」


自然・環境マネジメント研究部
環境計画研究グループ
主任研究員
兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 環境計画研究部門 准教授
髙田 知紀【TAKADA, Tomoki】
経歴・所属等
昭和55年兵庫県生.東京工業大学大学院社会理工学研究科博士後期課程修了.博士(工学).土木学会,日本感性工学会,日本都市計画学会,日本造園学会等所属.
研究部以外の配属室と仕事
1.コレクショナリウム準備室
外部空間のプランニング,ニュータウン再生に関連したしくみの検討
2.プロジェクト
Withコロナ社会におけるひとはくの新たな価値探求プロジェクト.代表者
神戸市・福田川流域における市民活動の支援.代表者
神戸市・高塚山における市民活動の支援.代表者
伊達神社を拠点とした防災コミュニティ形成の社会実験.代表者
バンドー神戸青少年科学館におけるビオトープの利活用.代表者
宮崎海岸浸食対策事業における市民・行政・専門家間の合意形成マネジメント.代表者
神戸市多井畑西地区の環境保全に向けた合意形成支援.代表者
神戸市・塩屋地区のまちづくり.代表者
「そとはく」による、持続性のあるニュータウン再生への取り組み.分担者
古写真を中心とした環境系資料活用による地域支援.分担者
地域コミュニティと連携したため池法面等でのタクティカルプレイスメイキング.分担者
三田市地域計画策定支援.分担者

<研究開発>

1.調査研究

■特別課題研究(個人研究)

1.社会的合意形成の理論と技術に関する研究

2.市民プロジェクトのマネジメント手法に関する研究

3.風土性に根ざした地域計画に関する研究

■論文・著書

高田知紀・山口幸人・山本直人・塚本満朗(2020)都市中小河川の流域ガバナンスに向けた市民プロジェクトの展開神戸市・福田川における環境保全の事例から,実践政策学,No.6267-278

高田知紀・藪内佳順・佐藤祐太(2020)神社空間を核とした防災コミュニティの形成プロセスに関する一考察,土木学会論文集F6(安全問題),No.76I_165-I_174

豊田光世・高田知紀・新井信幸(2021)環境の統合的ガバナンス-境界を越える共の創造-リュウズデザインプラス.

■その他著作

高田知紀(2020)「防災教育における妖怪伝承の価値 --みえないものの風景」をみつめるプロセス,土木技術,No.7513 - 18

高田 知紀(2020)災害履歴を伝承する社会装置としての神社空間,ランドスケープ研究 : 日本造園学会会誌,No.84286 - 289

高田知紀(2020)地域防災と妖怪,学術の動向,No.2544 - 48

高田知紀(2020)三田盆地の感神社と伝染病,三田市議会だより『つなぐ』,No.16212

■研究発表

高田知紀(2020)合意形成プロセスにおける「ふれる」機会の意義に関する一考察.第22回日本感性工学会大会,オンライン.

高田知紀(2020ESDにおける「みえないものへのまなざし」の意義--神々と妖怪の環境マネジメント論--.第5ESD実践研究集会,オンライン.

高田知紀(2021)地域づくりの文理融合的実践.JST「環境・エネルギー分野における文理融合研究の現状と課題」,オンライン.

高田知紀(2021)神社空間を核とした防災コミュニティの形成プロセス.祭祀の場に関する研究会,オンライン.

■学会役員等

日本感性工学会,合意形成研究部会長

■助成を受けた研究

災害を含む空間履歴を考慮した避難場所および避難ルートの適切性評価に関する研究.日本学術振興会科学研究費補助金若手研究(B),研究代表者(2020年度170万円/総額351万円)

南海トラフ巨大地震の防災減災に向けた伝統的神社空間のもつ価値構造の再構築.公益財団法人トヨタ財団研究助成プログラム,研究代表者(2020年度28万円/総額520万円)

■賞罰

2020.6,土木学会 論文奨励賞

2.資料収集・整理

■資料収集

2020.4-2021.3,神社の由緒に関する資料,兵庫県・和歌山県.

2020.4-2021.3,日本の伝統的遊戯としての花札に関する資料.

2020.4-2021.3,上方古典落語に関する資料.兵庫県・大阪府・京都府.

<事業推進>

1.生涯学習事業

■セミナー

館主催セミナー

高田知紀,特注セミナー「コモンズ(地域共同管理空間)としてのため池」,博物館.(20名)

高田知紀・大平和弘,2020.10,「妖怪安全ワークショップ」,ひょうごエコロコプロジェクト推進委員会,名塩保育園.(17名)

高田知紀,一般セミナー「落語の環境学-風の神送り--」,ホロンピアホール.(38名)

福本優・赤澤宏樹・藤本真里・大平和弘・高田知紀・衛藤彬史,2020.12,オープンセミナー「標本のミカタ『記録から兵庫の災害を知る』」,博物館.(91名)

館外講演

高田知紀,2020.7,「塩屋谷川で遊ぼう」,塩屋まちづくり推進会,塩屋谷川.(21名)

高田知紀,2020.7,「地域づくりの知識と技術と現場力」,東京女子大学コミュニティ構想専攻,オンライン.(10名)

高田知紀,2020.8,「生態系と文化」,神戸大学国際人間科学部,オンライン.(200名)

高田知紀,2020.8「ポートアイランドの生態系を考えよう!」,バンドー神戸青少年科学館,神戸青少年科学館.(20名)

高田知紀,2020,8,「小川フィールド散策」,れいんぼうキッズ,神戸市須磨区多井畑西地区(15名)

高田知紀,2020.8,「ニュータウンにおける地域共同管理空間のマネジメント」,西神ニュータウン研究会,学園都市UNITY.(24名)

高田知紀,2020.9,「多井畑西地区(小川フィールド)の保全」,NPO法人ひとコネクト兵庫,オンライン.(10名)

高田知紀,2020.9,「小川フィールド散策」,れいんぼうキッズ,神戸市須磨区多井畑西地区,(7名)

高田知紀,2020.10,「そもそも公園とは?」,塩屋まちづくり推進会,旧グッゲンハイム邸.(50名)

赤澤宏樹・高田知紀,2020.10,「塩屋あれやこれや『公園』」,塩屋まちづくり推進会,旧グッゲンハイム邸.(50名)

高田知紀,2020.10,「伊達神社防災フィールドツアー」,伊達神社,伊達神社(和歌山市).(10名)

高田知紀,2020.10,「高塚山アーバンキャンプ」,高塚山を愛する会・小束山手子ども会,高塚山(神戸市西区).(75名)

高田知紀,2020.11,「小川フィールド散策」,れいんぼうキッズ,神戸市須磨区多井畑西地区.(29名)

高田知紀,2021.2,「実践と思想のはざまで」,ESD推進ネットひょうご神戸,オンライン.(24名)

高田知紀,2021.2,「森・川・まち・海をつなぐ市民プロジェクト」,須磨FRSネット,須磨区役所(オンライン),(70名)

高田知紀,2021.2,「塩屋谷川の自然再生について」,塩屋まちづくり推進会,塩屋商店街しおみちゃんの家.(7名)

高田知紀,2021.3,「多主体協働による環境マネジメントと地域経済」,多井畑自治会・神戸市都市局,多井畑自治会館.(30名)

高田知紀,2021.3,「小川フィールド散策」,れいんぼうキッズ,神戸市須磨区多井畑西地区.(18名)

高田知紀,2021.3,「塩屋谷川市民工事」,塩屋まちづくり推進会,神戸市垂水区塩屋谷川.(34名)

兵庫県立大学・大学院教育

FW基礎技術演習I(分担)

2020.4-2021.3 大学院環境人間学研究科 博士前期 課程学生1名(胡清清)の研究指導(協力)

2020.4-2021.3 大学院環境人間学研究科 博士前期 課程学生1名(山田由紀美)の研究指導(協力)

非常勤講師

2020.10,「合意形成学」,東京工業大学.

■キャラバン・主催アウトリーチ事業

2020.9,ひとはくKidsキャラバン,明石市立藤江幼稚園,明石市,分担者.

2020.9,ゆめはくキャラバン,たつの市立揖西東小学校,たつの市,分担者.

2020.11,ひとはくKidsキャラバン,上郡町立上郡幼稚園,上郡町,分担者.

■学校教育支援

トライやるアクション

2020.9,神戸市立大沢中学校31名

学校団体対応

2020.8,兵庫県立川西緑台高等学校

2020.11,兵庫県立姫路東高等学校

■研修生等の受入

博物館実習

2020.8.5-6,岩手大学大学院1名,関西学院大学1名,近畿大学1名,甲南女子大学2名,甲南大学2名,神戸女子大学1名,東京農業大学1名,宮崎大学1名,八洲学園大学1名.(計9名)

■展示

2021.2-4,ミニ企画展「ひとはく研究員展2020」,博物館,責任者.

2.シンクタンク事業

■受託研究

「地域計画策定支援に関わるコーディネーターのあり方に関する研究」,三田市,分担者.(20万円)

■行政等支援

委員会等(計3件)

2020.4-,宮崎海岸浸食対策事業,市民連携コーディネーター,国土交通省宮崎河川国道事務所.

2020.8-,フラワータウンの再生に向けた外部検討会議,委員,三田市.

2020.12-,神戸市多井畑西地区の里山保全に関する合意形成支援,コーディネーター,神戸市都市局.

相談・指導助言

来訪者20件,40名.電話・FAX 10件.メール10件.

■学会開催等支援

2020.9,ESD実践研究集会,実行委員.

Copyright © 1992-2022, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.