サイトマップ |
文字サイズの変更

ご利用案内

交通アクセス

利用案内(観覧料金)

団体でのご利用

バリアフリー情報

ひとはくの展示

セミナー情報


ひとはく活用術

移動博物館車 ゆめはく

ひとはくセミナー倶楽部

ひとはく新聞ハーモニー

恐竜化石

ひとはくKids

行政や企業の方へ「シンクタンク事業」

学校関係者の方へ「学校教育支援」


自然・環境マネジメント研究部
環境計画研究グループ
研究員
兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 環境計画研究部門 客員研究員
衛藤 彬史【ETO, Akifumi】
経歴・所属等
昭和62年東京都生.京都大学大学院農学研究科博士前期課程修了.農学修士.農村計画学会,農業農村工学会,地域農林経済学会,社会情報学会所属.
研究部以外の配属室と仕事
1.展示更新タスクフォース
展示更新案,将来ビジョンの作成等.
2.プロジェクト
えんがわミュージアム.分担者
古写真を中心とした環境系資料活用による地域支援.分担者
三田市地域計画策定支援.分担者
三田市野外焼却を通じた農住共存の検討.分担者
「そとはく」による,持続性のあるニュータウン再生への取り組み.分担者
丹波地域の地域再生における人的資源の活用方策の検討.分担者
地域主体交通の立ち上げ,運営支援.代表者
養父市における中山間農業特区事業の効果検証.分担者
ローカル・コモンズの持続的運営に向けたコミュニティ・ガバナンスの形成.代表者
6次化を通じた在来種保全.代表者
Withコロナ社会におけるひとはくの新たな価値探求プロジェクト.分担者

<研究開発>

1.調査研究

■特別課題研究(個人研究)

1.持続的な地域資源のマネジメントに関する研究

2.農村部での持続可能なモビリティに関する研究

■論文・著書

衛藤彬史(2020)交通不便地域での高齢ドライバーおよび非免許保有者の移動実態と望ましい外出支援策の検討,農林業問題研究,562),62-69

衣笠智子・衛藤彬史・安田公治・豊澤圭(2020)養父市の国家戦略特区の農業および経済に対する効果―統計データ・実績・取引業者への聞き取り調査に基づいて―,国民経済雑誌,2226),23-37

■その他著作

衣笠智子・衛藤彬史・安田公治(2020),養父市の国家戦略特区の効果の検証,神戸大学大学院経済学研究科,Discussion Paper2006),44

衛藤彬史(2020),キーワード紹介102 web調査,農村計画学会誌,393),337

衛藤彬史(2021),配車システムを用いた住民主体交通の導入に適する地域条件と運営課題,兵庫自治学,2742-47

■研究発表

衛藤彬史・衣笠智子・安田公治(2020)農外参入企業の農地所有に関する一考察―「中山間農業改革特区」養父市を事例に―,六甲フォーラム,神戸大学・オンライン.

衣笠智子・衛藤彬史・安田公治・豊澤圭(2020),養父市における農家のIT化の決定要因,六甲フォーラム ,神戸大学・オンライン.

安田公治・衣笠智子・衛藤彬史(2020)農家の平均寿命が農業規模に与える影響についての計量的研究,六甲フォーラム,神戸大学・オンライン.

衛藤彬史・衣笠智子・安田公治(2020)農外参入企業による経営耕地面積の拡大に向けた課題-兵庫県養父市における農外参入企業への聞き取り調査より,第70回地域農林経済学会大会,龍谷大学・オンライン.

衣笠智子・衛藤彬史・安田公治・豊澤圭(2020),農家のIT化に関する計量的研究-兵庫県養父市の農家データを用いて-,第70回地域農林経済学会大会,龍谷大学・オンライン.

衛藤彬史(2020)配車システムを用いた住民主体交通の導入に適する地域条件と運営課題」,令和2年度 兵庫自治学会研究発表大会,龍谷大学・オンライン.

衛藤彬史(2020)地方公共交通分野へのソーシャル・インパクト・ボンドの導入可能性と運用スキームの提案,農村計画学会2020年度秋期大会学術研究発表会,宮崎大学・オンライン.

■学会役員等

論文査読:農村計画学会誌

■助成を受けた研究

縮減社会でのローカル・コモンズの持続的運営に向けたコミュニティ・ガバナンスの形成,本学術振興会科学研究費補助金若手研究,研究代表者(2020年度104万円/総額416万円)

■賞罰

2021.3,兵庫自治学会 優秀賞.

2.資料収集・整理

■資料収集

2021.1,古写真,養父市.

2020.4-2021.3 国内のアップサイクルに関する資料収集,兵庫県ほか.

<事業推進>

1.生涯学習事業

■セミナー

館主催セミナー

衛藤彬史,2020.7,オープンセミナー「えんがわミュージアム」,博物館・深田公園.(119名)

衛藤彬史,2020.10,オープンセミナー「えんがわミュージアム」,博物館・深田公園.(72名)

衛藤彬史,2020.11,オープンセミナー「えんがわミュージアム」,博物館・深田公園.(137名)

福本優・赤澤宏樹・藤本真里・大平和弘・高田知紀・衛藤彬史,2020.12,オープンセミナー「標本のミカタ『記録から兵庫の災害を知る』」,博物館.(91名)

館外講演

衛藤彬史,2020.6,国家戦略特区担当チーム勉強会,養父市役所,養父市.(30名)

赤澤宏樹・衛藤彬史,2020.9,三田市都市型農業ワークショップ①,三田市役所,三田市.(12名)

赤澤宏樹・衛藤彬史,2020.9,三田市都市型農業ワークショップ①,フラワータウン市民センター視聴覚室,三田市.(8名)

赤澤宏樹・衛藤彬史,2020.9,三田市都市型農業ワークショップ①,ウッディタウン市民センター,三田市.(10名)

衛藤彬史,2020.10,三田市都市型農業ワークショップ②,三田市加茂内 農業生産現場,三田市.(10名)

赤澤宏樹・衛藤彬史,2020.11,三田市都市型農業ワークショップ②,三田市下深田内農業生産現場,三田市.(15名)

赤澤宏樹・衛藤彬史,2021.3,みんなで感じ,考え合おう 日本そして三田市農業の未来と私たちの暮らし,三田市都市型農業ワークショップ,ウッディタウン市民センター,三田市.(16名)

大平和弘・赤澤宏樹・衛藤彬史,2020.11,移住者増大に向けた連携プロジェクトワークショップ,丹波の森公苑,丹波の森研究所.(20名)

大平和弘・衛藤彬史,2021.2,移住者増大に向けた地元・UJIターン一丸となった連携プロジェクトの検討,丹波篠山市立福住公民館(オンライン同時開催),丹波の森研究所.(17名)

大平和弘・衛藤彬史,2021.2,移住者増大に向けた地元・UJIターン一丸となった連携プロジェクトの検討,神楽の郷交流センター(オンライン同時開催),丹波の森研究所.(16名)

赤澤宏樹・衛藤彬史,2021.3,みんなで感じ,考え合おう 日本そして三田市農業の未来と私たちの暮らし,三田市都市型農業ワークショップ,ウッディタウン市民センター,三田市.(16名)

衛藤彬史,2021.3,地域交通に関するアンケート調査結果区民説明会,神前ふれあいセンター,NPO法人 チョロギ村.(25名)

兵庫県立大学・大学院教育

FW基礎技術演習I(分担)

2020.4-2021.3 大学院環境人間学研究科 博士前期 課程学生1名(胡清清)の研究指導(協力)

2020.4-2021.3 大学院環境人間学研究科 博士前期 課程学生1名(山田由紀美)の研究指導(協力)

■キャラバン・主催アウトリーチ事業

2020.8,ひとはくKidsキャラバン,夙川短期大学附属幼稚園,西宮市,分担者.

2021.2,ひとはくKidsキャラバン,夙川短期大学附属幼稚園,伊丹市,分担者.

■研修生等の受入

博物館実習

2020.8.5-6,岩手大学大学院1名,関西学院大学1名,近畿大学1名,甲南女子大学2名,甲南大学2名,神戸女子大学1名,東京農業大学1名,宮崎大学1名,八洲学園大学1名.(計9名)

■展示

2021.2-4,ミニ企画展「ひとはく研究員展2021」,博物館,分担者.

2.シンクタンク事業

■受託研究

「小規模集落に対応した丹波地域の地域再生における人的ポテンシャルの活用方策の検討に関する研究」,丹波の森協会,分担者.(80万円)

■収蔵庫・ジーンファームの公開

環境系収蔵庫等の案内,1回,10名.

■行政等支援

委員会等(計1件)

2019.4-,兵庫県地域再生アドバイザー,兵庫県企画県民部地域創生局.

相談・指導助言

来訪者10件,20名.電話・FAX 10件.メール30件.

Copyright © 1992-2022, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.