サイトマップ |
文字サイズの変更

ご利用案内

交通アクセス

利用案内(観覧料金)

団体でのご利用

バリアフリー情報

ひとはくの展示

セミナー情報


ひとはく活用術

移動博物館車 ゆめはく

ひとはくセミナー倶楽部

ひとはく新聞ハーモニー

恐竜化石

ひとはくKids

行政や企業の方へ「シンクタンク事業」

学校関係者の方へ「学校教育支援」


自然・環境マネジメント研究部
生態研究グループ
研究員
京極 大助【KYOGOKU, Daisuke】
経歴・所属等
昭和62年東京都生.京都大学大学院理学研究科博士後期課程修了.理学博士.日本生態学会,個体群生態学会,ヨーロッパ進化生物学会所属.
研究部以外の配属室と仕事
1.生涯学習推進室
展示担当として常設展示の管理・修繕の管理等を行った。
2.プロジェクト
「人と自然」編集委員

<研究開発>

1.調査研究

■特別課題研究(個人研究)

1.交雑のコストが駆動する棲み分けの理論的研究

2.カンサイタンポポの繁殖生態の研究

3.タンポポ類の繁殖干渉の研究

4.制御環境と野外を統合したイネのトランスクリプトーム解析

■論文・著書

Yamamichi, M., Kyogoku, D., Iritani, R., Kobayashi, K., Takahashi, Y., Tsurui-Sato, K., Yamawo, A., Dobata, S., Tsuji, K. and Kondoh, M. (2020) Intraspecific adaptation load: a mechanism for species coexistence. Trends in Ecology & Evolution, 35, 897-907.

Kyogoku, D. and Wheatcroft, D. (2020) Heterospecific mating interactions as an interface between ecology and evolution. Journal of Evolutionary Biology, 33, 1330-1344.

Kyogoku, D. and Kokko, H. (2020) Species coexist more easily if reinforcement is based on habitat preference than on species recognition. Journal of Animal Ecology, 89, 2605-2616.

Kyogoku, D. (2020) Pollination from invasive dandelions is unlikely to reduce seed production in the native Japanese dandelion. Weed Research 61, 106-114.

Kyogoku, D., Sota, T. (2020) Sexual selection increased offspring production via evolution of male and female traits. Journal of Evolutionary Biology 34, 501-511.

■その他著作

Okinaga, Y., Kyogoku, D., Kondo, S., Nagano, A.J., Hirose, K. (2020) Effects of underlying gene-regulation network structure on prediction accuracy in high-dimensional regression. bioRxiv. DOI: 10.1101/2020.09.11.293456

■研究発表

Kyogoku, D. and Wheatcroft, D. (2020) Heterospecific mating interactions as an interface between ecology and evolution. 第68回日本生態学会,岡山大学・オンライン.

Kyogoku, D. and Wheatcroft, D. (2020) Heterospecific mating interactions as an interface between ecology and evolution. 第36回個体群生態学会大会,東北大学・オンライン.

沖永悠一・京極大助・近藤聡・永野惇・廣瀬慧(2020)遺伝子ネットワーク構造が予測精度に与える影響.異分野・異業種研究交流会2020,オンライン.

沖永悠一・京極大助・近藤聡・永野惇・廣瀬慧(2020)遺伝子ネットワーク構造が予測精度に与える影響.2020年度科研費シンポジウム『多様な分野のデータに対する統計科学・機械学習的アプローチ』,オンライン.

■学会役員等

日本生態学会,大会企画委員(運営部会)

個体群生態学会,奨励賞選考委員

ヨーロッパ進化生物学会,Journal of Evolutionary Biology編集委員

■助成を受けた研究

実現ニッチの進化を説明する新たなモデル.日本学術振興会科学研究費補助金若手研究,研究代表者(2020年度91万円/総額416万円)

<事業推進>

1.生涯学習事業

■セミナー

館主催セミナー

高田知紀・京極大助,2020.8,特注セミナー「研究とは」,兵庫県立川西緑台高等学校,博物館.(34名)

京極大助,2020.8,特注セミナー「収蔵庫見学②」,兵庫県立川西緑台高等学校,博物館.(11名)

京極大助,2020.12,特注セミナー「生物多様性って何?」,仁川学院小学校,博物館.(48名)

館外講演

京極大助,2021.1,「花が閉じる時刻は誰の形質か?有性タンポポでの実証」第7回若手植物研究者のオンライン交流会(Plant-NOMO),オンライン.(20名)

■キャラバン・主催アウトリーチ事業

2020.9,ゆめはく小学校キャラバン,神戸市立北須磨小学校,神戸市須磨区,副担当.

■学校教育支援

学校団体対応

2020.8,兵庫県立川西緑台高等学校

講師派遣

京極大助,2020.10,特注セミナー「昆虫調査法」,兵庫県立川西緑台高等学校,兵庫県立川西緑台高等学校2年生.(8名)

■展示

2021.2-4,ミニ企画展「ひとはく研究員展2021」,博物館,分担者.

2.シンクタンク事業

■収蔵庫・ジーンファームの公開

生物系収蔵庫の案内,3回,11名.

■行政等支援

委員会等(計1件)

科学技術専門家ネットワーク,専門調査員

Copyright © 1992-2022, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.