サイトマップ |
文字サイズの変更

ご利用案内

交通アクセス

利用案内(観覧料金)

団体でのご利用

バリアフリー情報

ひとはくの展示

セミナー情報


ひとはく活用術

移動博物館車 ゆめはく

自然・環境科学研究所

恐竜化石

ひとはくKids

行政や企業の方へ「シンクタンク事業」

学校関係者の方へ「学校教育支援」


自然・環境評価研究部
系統分類研究グループ
主任研究員・研究部長・研究グループ長
兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 系統分類研究部門 教授.
太田 英利【OTA, Hidetoshi】
経歴・所属等
昭和34年愛知県生.京都大学大学院理学研究科博士前期課程修了.博士(理学).日本爬虫両棲類学会,日本動物学会,生物地理学会,日本動物分類学会,米国爬虫両生類・魚類学会,国際爬虫両生類学協会,国際両生・爬虫類研究会,ヨーロッパ爬虫両生類学会,英国リンネ協会等所属.
研究部以外の配属室と仕事
1.恐竜タスクフォース
研究担当サブリーダーとして,関連資料を用いた研究・共同研究の促進と進行管理
2.プロジェクト
琉球列島を中心とした熱帯~温帯アジア爬虫両生類相の多様性と自然史に関する研究.代表者
ブータンの爬虫・両生類の多様性に関する調査研究.代表者
国際交流事業 高校生のための生き物体験ツアー in 台湾.分担者
博物館ネットワークにおけるレガシー発信・継承事業.分担者
博物館ネットワークを通じた生物多様性情報の活用と標本整理.分担者
兵庫県下市町の生物多様性地域戦略の策定・推進を目的とした行政支援.分担者
ヒアリ・クビアカツヤカミキリ等外来生物・危険生物プロジェクト.分担者
<研究開発>
1.調査研究
■特別課題研究(個人研究)
1.アジア・オセアニアの熱帯・亜熱帯島嶼に見られる爬虫・両生類の系統分類と生物地理
2.日本と周辺島嶼でのヤモリ属の生息環境と遺伝的・形態的多様性:パタンとプロセスの解明
3.宮古諸島を中心とした琉球列島の歴史生物地理:現生生物と化石生物がもたらす示唆
4.わが国における外来性四足動物の在来生物相へのインパクトとその防除
■論文・著書
太田英利(2019)宮古島の化石脊椎動物.宮古島市史編さん委員会(編),みやこの自然,宮古島市教育委員会,宮古島市,478-484.
Tominaga, A., Matsui, M., Shimoji, N., Khonsue, W., Wu, C.-S., Toda, M., Eto, K., Nishikawa, K. and Ota. H. (2019) Relict distribution of Microhyla (Amphibia: Microhylidae) in the Ryukyu Archipelago: High diversity in East Asia maintained by insularization. Zoologica Scripta, 48, 440-453.
Mori, A., Ota, H. and Hirate, K. (2019) Defending resources on isolated islands. In: H. B. Lillywhite and M. Martins (eds.), Islands and Snakes: Isolation and Adaptive Evolution, Oxford University Press, New York, 288-309.
Kim, D.-I., Park, I.-K., Ota, H., Fong, J.J., Kim, J.-S., Zhang, Y.-P., Li, S.-R., Choi, W.-J., and Park, D. (2019) Patterns of morphological variation in the Schlegel's Japanese gecko (Gekko japonicus) across populations in China, Japan, and Korea. Journal of Ecology and Environment, 43, https://doi.org/10.1186/s41610-019-0132-5
Igawa, T., Sugawara, H., Honda, M., Tominaga, A., Oumi, S., Katsuren, S., Ota. H., Matsui, M. and Sumida, M. (2020) Detecting inter- and intra-island genetic diversity: population structure of the endangered crocodile newt, Echinotriton andersoni, in the Ryukyus. Conservation Genetics, 21, 13-26.
Kim, D.-I., Park, I.-K., Bae, S.-Y., Fong, J.J., Zhang, Y.-P., Li, S.-R., Ota. H., and Park, D. (2020) Prediction of present and future distribution of the Schlegel's Japanese gecko (Gekko japonicus) using MaxEnt modeling. Journal of Ecology and Environment, 44, https://doi.org/10.1186/s41610-020-0147-y
Kim, J.-S., Park, J., Fong, J.J., Zhang, Y.-P., Li, S.-R., Ota, H., Min, S.-H., Min, M.-S. and Park, D. (2020) Genetic diversity and inferred dispersal history of the Schlegel's Japanese Gecko (Gekko japonicus) in Northeast Asia based on population genetic analyses and paleo-species distribution modelling. Mitochondrial DNA Part A, 31, 120-130.
■その他著作
太田英利(2019)ワクワクしながら伺った池原貞雄先生の貴重なフィールド体験談.沖縄生物学会誌,57,13-14.
太田英利(2019)ひとはく研究員だより 伊丹市のトノサマガエル2003年ごろを境に姿を消す.神戸新聞2019年10月6日付朝刊.
■研究発表
Ota, H. (2019) From governmental politics to school and company projects: museum as a think tank for prevalence of taxonomy-based biodiversity conservation. International Conference on Biodiversity 2019. Bangkok Convention Centre.
疋田 努・林 昭次・亀崎直樹・太田英利(2019)カメの背甲は内骨格由来か? 日本動物学会第90回大阪大会,大阪市立大学杉本キャンパス.
池田忠広・太田英利(2019)兵庫県の下部白亜系篠山層群大山下層より報告されたカエル類化石における分類形質の再検討.日本爬虫両生類学会第58回大会,岡山理科大学.
長崎哲新・玉山雅浩・原澤平・河村功一・太田英利(2019)紀伊半島におけるニホンカナヘヒ゛の遺伝的集団構造.日本爬虫両生類学会第58回大会,岡山理科大学.
太田英利・上野あや・川村貴志・保田昌宏・松尾公則・本多正尚(2019)九州におけるキノホ゛リトカケ゛属外来集団の生息状況とその対策について.日本爬虫両生類学会第58回大会,岡山理科大学.
田川愛・佐川志朗・田和康太・太田英利(2019)安定同位体比分析による日本産ヘヒ゛類の餌組成の推定-I. 路上轢死体を活用した,本手法の有効性に関する初歩的検討-.日本爬虫両生類学会第58回大会,岡山理科大学.
池田忠広・太田英利・三枝春生・久保田克博・生野賢司・田中公教・半田久美子・田中康平(2020)兵庫県丹波市の下部白亜系篠山層群から発見されたオオトカゲ類化石.日本古生物学会第169回例会,東京大学駒場キャンパス.
■学会役員等
日本爬虫両棲類学会,会長
分類学会連合日本爬虫両棲類学会分代表
沖縄生物学会,学会誌編集委員
日本生物地理学会,評議員
Asian Herpetological Research Society,学会誌編集委員
Tropical Natural History,学術雑誌編集委員
Linnean Society of London,特別会員(Fellow [F.L.S.])
Russian Journal of Herpetology,学術雑誌編集委員
投稿原稿の査読:Asian Herpetological Research,人と自然,Current Herpetology,Zoological Science,Zootaxa,ZooKeys,生物地理学会報ほかの投稿原稿について計28件
■助成を受けた研究
国内外来爬虫類が分布拡大の最前線で在来生態系に与える影響.文部科学省科学研究費補助金基盤研究(C),研究分担者(分担分金額26万円/117万円)
マダガスカルでの遺伝子水平伝播パンデミックとヘビによる世界的な伝播因子拡散の実証.文部科学省科学研究費補助金基盤研究(B),研究分担者(分担分金額39万円/377万円)
■海外調査
2019.8,台湾 台北県
2.資料収集・整理
■資料収集
2019.6,爬虫類・両生類,宮崎県日向市.
2019.7,爬虫類・両生類,長崎県松浦市・兵庫県宝塚市.
■受贈担当資料
2019.5,アオウミガメ剥製標本,1点.
■整理同定担当資料
両生類液浸標本,11点.
爬虫類液浸標本,68点.

<事業推進>
1.生涯学習事業
■セミナー
館主催セミナー
太田英利,2019.7,一般セミナー「両生類の体を見てみよう」,博物館.(6名)
太田英利,2019.7,一般セミナー「爬虫類の体を見てみよう」,博物館.(8名)
太田英利,2019.7,教職員・指導者セミナー「外来種問題を正しく理解し教えるためのポイント」,博物館.(23名)
前田喜四雄・亀崎直樹・岡田純・太田英利,2019.10,オープンセミナー「ひょうごの貴重な生き物たち 第1回 哺乳類,爬虫類,両生類」(40名)
太田英利,2019.10,一般セミナー「生物多様性-なぜ大事なのか,どうすればいいのか-」,博物館.(22名)
太田英利,2019.11,特注セミナー「トカゲ・ヘビ・カメのからだを見てみよう」,道場保育園,博物館.(25名)
太田英利,2019.12,特注セミナー「日本の生物地理」,クラーク記念国際高等学校三田分室1, 2年生,博物館.(17名)
館外講演
太田英利,2019.6,環境省沖縄事務所・琉球大学共催講演会「琉球の陸の動物たちの歴史」,沖縄県立図書館3Fホール.(54名)
太田英利,2019.6,神戸市立須磨海浜水族園主催サイエンスカフェトーク「カメたちが見てきた自然のさま変わり-ここ数万年,数千年,数百年,数十年に南の島でおこったこと-」,須磨海浜水族園大水槽ホール.(83名)
太田英利,2019.8,伊丹市昆虫館主催講演会「琉球の動物たち:その多様性・固有性の現在,過去,未来」,東リいたみホール.(90名)
太田英利,2019.9,日本ツメガエル研究会基調講演「侵的外来種としてのアフリカツメカ゛エル」,関西セミナーハウス修学院きらら山荘.(45名)
太田英利,2019.10,文化講座「イモリ」,NHK文化センター神戸支社.(10名)
太田英利,2020.2,環境省九州地方環境事務所主催講演会「九州におけるキノボリトカゲ類の外来集団~なぜ問題なのか?どうすればよいのか?~」,福岡市天神チクモクビル小ホール.(22名)
太田英利,2020.3,琉球大学熱帯生物圏研究センター改組10周年記念講演「琉球の動物たち:その多様性・固有性の現在,過去,未来」,琉球大学50周年記念館.(32名)
兵庫県立大学・大学院教育
兵庫県立大学 大学院 環境人間学研究科 共生博物学部門博士後期課程大学院生1名の指導(主指導教員として)
他大学・大学院教育
京都大学 大学院 理学研究科 博士後期課程大学院生1名の博士学位申請論文の審査(予備審査委員として)
■キャラバン・主催アウトリーチ事業
2019.10,ひとはくKidsキャラバン,エミールこども園,加古川市,副担当.
2019.11,ひとはくKidsキャラバン,せつよう幼稚園,伊丹市,副担当.
■担い手成長支援事業
連携活動グループ・地域研究員
鈴木久代,主担当
松田 潔,副担当
庄野美徳,副担当
畑 薫,副担当
■学校教育支援
学校団体対応
2019.6,京都大学理学部「収蔵庫案内と展示解説」.
講師派遣
2019.11,「生物の進化をどう教えるか」,コメンテーター,伊丹市立東中学校研究授業,伊丹市.
■展示
2019.10-2020.1,展示特別企画「ひょうごのレッドリスト展~哺乳類・爬虫類・両生類・魚類~」,博物館,分担者(爬虫類と両生類の展示担当).
2020.2-4,ミニ企画展「ひとはく研究員展2020」,博物館,分担者.

2.シンクタンク事業
■収蔵庫・ジーンファームの公開
液浸収蔵庫の案内,1回.
■行政等支援
委員会等(計17件)
1998.4-,絶滅のおそれのある野生生物の選定・評価検討委員会 爬虫類・両生類分科会.
2005.6-,環境省希少野生植物種保存推進員.
2008.6-,世界自然保護基金日本委員会(WWFジャパン)自然保護委員会.
2012.6-,世界自然保護基金日本委員会(WWFジャパン)運営委員会.
2007.4-,新石垣空港環境モニタリング委員会.
2007.4-,西表島エコロード検討委員会.
2006.1-,オオヒキガエル防除事業対策会議委員.
2009.10-,生物多様性ひょうご戦略推進委員会委員.
2011.5-,アベサンショウウオ保護増殖等検討会.
2012.4-,奄美・琉球世界自然遺産候補地推薦検討委員会.
2012.6-,兵庫県環境審議会鳥獣部会.
2014.4-,奄美・琉球世界自然遺産候補地科学委員会.
2014.6-,鹿児島県外来種対策検討会委員.
2014.7-,伊丹市昆虫館運営協議会委員.
2015.5-,西表島のシロアゴガエルの防除及び影響評価に関する検討会.
相談・指導助言
メール32件(動物の同定対応18件,ほか14件).
Copyright © 1992-2020, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.