研究員

研究開発部門

全研究員が所属し、研究ならびに資料収集・整理を積極的に行い、事業の推進にかかる館の「基礎体力」の充実とメニュー開発を担います。

次長(兵庫県立大学自然・環境科学研究所長)
たかはしあきら
高橋 晃
【専門分野】 植物形態学、植物分類学
大阪大学大学院理学研究科 博士課程単位修得退学。理学博士(大阪大学)
【著書】 『植物の自然史』『ひょうごの野生植物』 など

事業推進部門

次長(事業系)
たはらなおき
田原 直樹
【専門分野】 環境計画学、都市計画学
大阪大学大学院工学研究科 博士課程修了。工学博士(大阪大学)、一級建築士。
【著書】 『神々と生きる村 王宮の都市』『日本の環境教育』
事業推進部長
さとうひろし
佐藤 裕司
【専門分野】 第四紀学、環境生物学
神戸大学大学院理学研究科 修士課程修了。学術博士(神戸大学)
【著書】 『理科年表読本・空から見る日本の湖沼』(分担執筆)

研究部長

  • 自然・環境評価研究部
    太田 英利(系統分類研究グループ)
  • 自然・環境マネジメント研究部
    高橋 鉄美(生態研究グループ)
  • 自然・環境再生研究部
    石田 弘明(生物資源研究グループ)

自然・環境評価研究部

自然環境保全の基盤となる地形学や地質学、過去と現在の生物を対象とした分類学や形態学、生物地理学等の分野の調査研究と資料収集活動に取り組んでいます。これらの成果に基づき、過去から現在、そして兵庫県から地球レベルにいたる自然環境の変遷や生物相の由来、生物多様性を創出し維持している共生関係の解明を進め、自然環境保全のための有効な提案を行っていきます。

地球科学研究グループ

事業推進部長
(兵庫県立大学教授)
さとうひろし
【専門分野】 第四紀学、環境生物学
神戸大学大学院理学研究科 修士課程修了。学術博士(神戸大学)
【著書】 『理科年表読本・空から見る日本の湖沼』(分担執筆)
生物屋としての私は藻類を専門にしています。ただし、私の興味は藻類そのものよりも、それを指標にして環境の移り変わりを捉えることにあります。 現在は、堆積物中に残るケイ藻の遺骸から過去の海水準変動史を復元することと、河川に生息する淡水藻からみた水環境がテーマです。
主任研究員
(兵庫県立大学准教授)
ふるたにひろし
【専門分野】 地質学、古生物学
名古屋大学大学院理学研究科 博士課程単位修得退学。理学博士(名古屋大学)
私はこれまで、古生代の地質や化石を主な対象として研究してきました。現在の生き物とははっきりと違う古生代の生き物が好きだからです。これからも勉強を続けて、みなさんに古生代の生き物の世界を少しでもご案内できたらと思います。
主任研究員
(兵庫県立大学准教授)
さえぐさはるお
【専門分野】 古脊椎動物学
京都大学大学院理学研究科 博士課程修了。理学博士
日本、東南アジア、アフリカのゾウの化石の研究を学生のころからしてきましたが、2006年に兵庫県篠山市と丹波市に分布する白亜紀前期の地層である篠山層群から恐竜が発見されてからは、この篠山層群の発掘調査も行っています。兵庫県にはこの篠山層群だけでなく、他にも恐竜やゾウなどの化石が見つかる可能性のある地層があります。
主任研究員
かとうしげひろ
【専門分野】 自然地理学(自然学・第四紀学)
東京大学大学院理学系研究科地理学専攻博士課程単位修得退学。理学修士
【著書】 『野島断層-写真と解説』ほか
第四紀の地層を求め、県内、日本列島、世界各地をかけまわっています。地層に残された昔の記録は大切な自然遺産であり、人類の未来を考える糧です。こうした記録を掘り出す私は、まさに探偵気分の仕事人。
主任研究員
はんだくみこ
【専門分野】 植生史学、花粉形態学
大阪市立大学大学院理学研究科修士課程修了。理学修士
花粉の化石を使って植物の歴史を研究しています。顕微鏡で拡大して見ると、花粉の表面にはきれいな紋様があり、この特徴をもとに、どんな植物が生えていたのか調べています。このほか、化石工房では植物化石のクリーニングを担当しています。
研究員
(兵庫県立大学特任助教)
いけだただひろ
【専門分野】 古爬虫両棲類学、比較形態学
鹿児島大学大学院理工学研究科生命物質システム専攻 博士課程修了。理学博士
日本および近隣諸国に生息する現生小型爬虫類(主としてヘビやトカゲ)の骨格の詳細な形態比較をおこなっています。それらのデータをもとに琉球列島や近隣諸国から産出する化石の分類学的置位を検討しています。
研究員
(兵庫県立大学客員研究員)
いくのけんじ
【専門分野】 古生物学、地質学
早稲田大学大学院創造理工学研究科修士課程修了.修士(理学).
主な研究対象は白亜紀のアンモナイトです。 特に、「異常巻きアンモナイト」というグループに着目して、種の多様性や殻の形態を調べています。 化石を使って1億年前の地球の姿を解き明かしていく面白さを伝えられればと考えています。
恐竜化石総合ディレクター
(兵庫県立大学客員研究員)
くぼたかつひろ
【専門分野】 古脊椎動物学
筑波大学大学院生命環境科学研究科博士課程修了.博士(理学). 北海道大学総合博物館資料部研究員
【著書】 『きょうりゅういっぱい図鑑~きょうりゅうとおおむかしのいきもの~いろいろ400』(監修)、『ポプラディア大図鑑 WANDA 恐竜』(監修指導)、『恐竜の復元』(分担執筆)、『モンゴル大恐竜』(共著)ほか
兵庫県に分布する篠山層群の研究には研究員だけでなく、多くのボランティアが活躍しています。私はその方々がより積極的に参加できる仕組みや育成システムをつくる仕事をしています。また、モンゴル産の小型獣脚類恐竜の骨学的および分類学的研究もしています。

系統分類研究グループ

研究部長
(兵庫県立大学教授)
おおたひでとし
【専門分野】 系統分類学、生物地理学
【著書】 『レッドデータアニマルズ全8巻』(共編著)、『小学館の図鑑 NEO. 両生類 はちゅう類』(共著)、『美ら島の自然史』(共編著)ほか
おもに爬虫類と両生類を対象に、種や進化系統における多様性の現状解明や、多様性が生じてきた過程の推定、そして現在見られる多様性の保全に関する研究を進めています。個生態や行動などについても研究を進めています。
主任研究員
(兵庫県立大学准教授)
あきやまひろゆき
【専門分野】 植物分類学
京都大学大学院理学研究科 博士課程修了。理学博士。
コケ植物の系統分類学を研究をしています。現在は東南アジアや中国の種類を専門に調べています。専門以外では、散歩とキノコ採集が趣味です。この趣味を生かして、秋にはキノコに関する野外実習を開きます。もちろん専門ではありませんので不十分なことも多いかと思いますが、参加される方々と一緒に学ぶことができれば幸いです。
主任研究員
(兵庫県立大学准教授)
はしもとよしあき
【専門分野】 多様性生物学、昆虫学
神戸大学大学院自然科学研究科 博士課程修了。学術博士(神戸大学)。
里山にすむハチや、熱帯雨林にすむアリの多様性と共生関係について研究しています。フィルドワークが多く、毎年、博物館がある三田市からボルネオ島まで地球上の色々なところで調査をおこなっています。私と一緒に、生き物たちのたくさんの不思議を発見し、自然環境を支える共生の仕組みについて考えてみませんか。
主任研究員
たかのあつこ
【専門分野】 植物分類学
大阪市立大学大学院理学研究科 後期博士課程修了。理学博士(大阪市立大学)
東南アジアをフィールドにショウガ科植物の分類学的研究を行ってきました。ショウガというと、みなさん「スーパーで売ってるあれ?」と驚かれますが、その通りです。修士の時には神戸大学で水生植物(いわゆる水草です)を研究していたので、そちらにも興味があります。縁あって兵庫県に戻ってきたので、これからは兵庫県の植物についての研究も行って行きたいと考えています。
主任研究員
(兵庫県立大学准教授)
やまうちたけお
【専門分野】 動物分類学、衛生動物学
九州大学大学院比較社会文化学府博士後期課程単位修得退学。博士(学術)
【著書】 『小学館の図鑑・NEO 危険生物』、『招かれない虫たちの話―虫がもたらす健康被害と害虫管理』、『ダニのはなし―人間との関わり―』、『日本産蛾類標準図鑑3』など(以上、分担執筆) 、『学研の図鑑LIVE(ライブ)ポケット⑤危険・有毒生物』(監修)
甲殻類のウオノエ科や昆虫のシロチョウ科などの分類学的研究を行なっています。また、人と自然の博物館へ来るまでの7年間は地方衛生研究所で働いていたので、病気を媒介するマダニや蚊などの生態にも興味を持っています。

自然・環境マネジメント研究部

人間の生活は、農山村はもちろんのこと、都市においても自然と深く結びついて成立しています。人間による自然へのインパクトが強力になっている現在、自然と環境のマネジメントが不可欠になっているのは、このことによります.本研究部では、人間と野生動物の共存、自然と調和した地域づくり、都市の再生などに関する資料収集・調査・研究を行い、未来の人と自然のあり方を探求します。

生態研究グループ

研究部長
(兵庫県立大学教授)
たかはし てつみ
【専門分野】 魚類分類学、魚類生態学
北海道大学大学院水産学研究科 博士後期課程単位取得退学 水産学博士
【著書】 『魚の形を考える』(分担執筆)
世界に20ほどある古代湖には多様な生物が生息しており、生物多様性のホットスポットとなっています。私は、アフリカのタンガニイカ湖や南米の ティティカカ湖を中心に、そこに棲む独特な魚類の分類と生態を研究しています。探求する楽しさを、皆さんと共有できればと考えています。
主任研究員
(兵庫県立大学講師)
みつはしひろむね
【専門分野】 河川生態学・水生昆虫の分類と生態
京都大学大学院理学研究科 博士課程中退。理学修士。
【著書】 『Taxonomic notes on Neophylax koizumii (Iwata, 1927) (TRICHOPERA) in Japan』『アツバエグリトビケラ属2種の流程分布、生活史及び微生息場所分離 』『The influence of leaf litter quality on the colonization and consumption of stream invertebrate shredders』
川や湖沼に生息する生き物達は、ただそこに棲んでいるだけではありません。彼らは、周りの生物や生息場所の環境条件と密接な関係を持って生息しています。私は、河川や湖沼、ため池を対象に生息する水生昆虫を中心として、生息地の周辺まで含めた環境と生物との関係について研究しています。特に、森林が河川の生態系に及ぼす影響に関心を持っています。
主任研究員
(兵庫県立大学准教授)
わだとしふみ
【専門分野】 海洋生物生態学、保全生態学、動物行動学、頭足類学
長崎大学大学院生産科学研究科 博士後期課程修了、水産学博士
【著書】 『新鮮イカ学』(分担執筆)
海洋生物(おもに頭足類・甲殻類・魚類等)を対象に、それらの多様性や生きざま(生活史や繁殖等)を調べて、沿岸生態系や自然環境の保全につなげる取り組みを探究しています。
研究員
ふのたかゆき
【専門分野】 動物生態学
新潟大学大学院自然科学研究科 博士後期課程修了 農学博士
日本にも絶滅に瀕する生物はたくさんいます。ニホンイヌワシもその一種です。希少な生物を保全するためには、単に絶滅へと追いやっている要因を排除するだけでなく、対象種の生態特性を考慮した今後の管理策を構築することが不可欠です。私は、希少鳥類のニホンイヌワシの生態研究を通じ、本種の生態を考慮した管理策の構築を行っています。また、同様の研究手続きを、他の希少生物の保全に応用することを目指しています。
研究員
さくらいれいか
【専門分野】 動物生態学、動物行動学
京都大学大学院理学研究科 博士後期課程修了 理学博士
チョウやガを主な対象として、形態や行動が捕食を避けるうえでどのように機能するのかを調べています。特に、生き物の多様な色彩とその進化に興味があります。

環境計画研究グループ

次長(事業系)
主任研究員
(兵庫県立大学教授)
たはらなおき
【専門分野】 環境計画学、都市計画学
大阪大学大学院工学研究科 博士課程修了。工学博士(大阪大学)、一級建築士。
【著書】 『神々と生きる村 王宮の都市』『日本の環境教育』
<研究開発>1.調査研究■特別課題研究(個人研究)1.歴史的緑の研究2.環境文化...
主任研究員
(兵庫県立大学准教授)
あかざわひろき
【専門分野】 緑地計画学、コミュニティランドスケープ
大阪府立大学大学院農学研究科 修士課程修了。農学博士。
私の専門は、美しい景観をつくるための「緑地計画学」です。景観は、建物や自然物だけでできるのではなく、住んでいる人々に生活がにじみ出して、初めて美しくなると信じています。皆さんも、我が町を遠慮なく使いたおし、よりよい景観を演出してください。
研究員
(兵庫県立大学講師)
ふじもとまり
【専門分野】 まちづくり
大阪大学大学院工学研究科博士後期課程修了 博士(工学)
住んでる地域や働いている地域を好きになることはまちづくりの大前提です。理由は森や海があること、繁華街があること、○○ちゃんが近くに住んでいることなどさまざまです。人と自然の博物館、有馬富士公園があることといわれるように、今は働いています。
研究員
(兵庫県立大学客員研究員)
おおひらかずひろ
【専門分野】 環境計画学、ランドスケープ・マネジメント
大阪府立大学大学院生命環境科学研究科 博士後期課程修了。博士(緑地環境科学)。
人と自然がうまく調和した風景を、どのように保全し、創成していくべきなのかについて日夜考えています。海・山・川・街中を問わず、生物・文化を問わず、幅広い興味を持って、それぞれの地域を特徴づける"地域資源"の現状や課題を診断し、それらを持続可能な形で活用した"まちづくり"や"景観"の計画、およびマネジメントに関して研究をすすめています。
研究員
ふくもとゆう
【専門分野】 都市計画学、地域計画学、建築計画学
【著書】 ストック活用型団地再編への展望(分担執筆)
私は、"集まって住む"という視点から、建築や都市についての計画論の研究を行っています。山間部の集落も、大都市の中のマンションも、郊外のニュータウンも、人々が"集まって住むカタチ"です。集まって住むことで得られる価値や、集まるから生まれる問題を考え、その場所に応じた"集まって住むカタチ"を多くの方々と協働しながら、探求しています。

自然・環境再生研究部

植生・植物に関する保全生態学や保全生物学の研究を行っています。現在、様々な要因によって自然が破壊され、里山や二次草原などの植生やフジバカマ、ヘイケイヌワラビ、カザグルマなどの植物が危機的な状況にいたっているが、本研究部ではそのような状況にある植生や植物の保全・復元・創出活動を積極的に進めています。このような活動を通じて、県下の植生・植物の生態情報の収集や貴重種のジーンファーム(ジーンバンク機能を果たす圃場)での保管などの事業も展開しています。

生物資源研究グループ

研究部長
(兵庫県立大学教授)
いしだひろあき
【専門分野】 植生学
神戸大学大学院教育学研究科 修士課程修了。農学博士(東京農工大)。
植物の種多様性や植生の多様性の保全を目的とした研究に取り組んでいます。具体的には、植生の孤立化の問題や里山の保全 ・管理手法等について研究しています。植物の社会構造や植物 ・植生の保全等に興味 ・関心をお持ちの方は、私の実施する講座およびセミナ-に是非ご参加ください。お待ちしております。
主任研究員
ふじいとしお
【専門分野】 植物生態学、保全生態学
大阪市立大学大学院理学研究科 修士課程修了。理学修士。
【著書】 『日本列島花maps(近畿の花)』『近畿地方における保護上重要な植物』『赤目の森里山ガイドブック』など。
三田市周辺の水辺環境の現状の調査と、オグラコウホネに代表される絶滅危惧植物の保全に向けての調査などを手がけている。また丹波地域を中心に、里山林とセツブンソウやアズマイチゲに代表される春植物の立地環境に関する調査を続けている。
主任研究員
はしもとよしのぶ
【専門分野】 保全生態学、植物生態学、環境教育学
神戸大学大学院総合人間科学研究科 修士課程修了。学術博士。
草原里山の生物多様性、外来植物問題や竹林問題を中心に研究活動を行っています。遺伝子から生態系まで視野に入れた自然環境保全をめざした保全生態学研究、人と自然のよりよい関係性を模索する環境教育学的研究を進めてゆきたいと考えています。
主任研究員
(兵庫県立大学准教授)
おおたにまさと
【専門分野】 保全遺伝学、保全生態学,植物生態学
東京大学農学生命科学研究科 博士課程修了。博士(農学)。
【著書】 『森の分子生態学2』(分担執筆)ほか
植物の絶滅危惧種や地域固有種がなぜ現在のような状況に陥ったのか,彼らを保全するにはどうすればよいのかを明らかにするため,主に遺伝マーカーを用いた研究を行っています。また,半ば趣味的ではありますが,最近では菌類や鳥類など,里山のいきもの全般の生きざまにも興味を持っています。今後は,彼らの魅力を手広く伝えていく活動にも取り組んでいきたいと思います。
研究員
(兵庫県立大学講師)
くろだあすも
【専門分野】 植物生態学
広島大学大学院理学研究科 博士課程修了。理学博士。
森林植生とそこに生育する植物種の多様性がどのように決定されるのか興味をもち、研究を進めています。対象はアカマツ二次林からスギ人工林まで様々です。最近は草原にも出かけフィールドの幅を広げています。植物種の保全に関連した種子の発芽特性、個体の成長特性、生育環境などについての情報収集も行っています。

コミュニケーションデザイン研究グループ

次長(研究開発部門)
主任研究員
(兵庫県立大学教授)
たかはしあきら
【専門分野】 植物形態学、植物分類学
大阪大学大学院理学研究科 博士課程単位修得退学。理学博士(大阪大学)
【著書】 『植物の自然史』『ひょうごの野生植物』 など
植物のからだの構造や形が、どのような働きと関係史、どのような進化を経てできてきたのかを研究しています。また、兵庫県の周辺に生えている植物にも興味があり、みなさんと一緒に野外へ出て調べたいと思っています。
主任研究員
(兵庫県立大学准教授)
みたにまさずみ
【専門分野】 種間相互作用論
京都大学大学院理学研究科 博士課程修了。理学博士(京都大学)。
【著書】 『樹上の出会い』『ンドキの森』『ゴリラの森の歩き方』 など
博物館は、市民に開かれた学問の場所だと思います。私たちは、博物館で学問を深めようと希望される方ならどなたにでも、学問の場所を提供します。当然、いっさいの参加資格を問う試験は行いません。私たちと共に、将来のより良い地域社会と自然のあり方を探しましょう。
主任研究員
やぎつよし
【専門分野】 昆虫の分類学・生物地理学
神戸大学大学院農学研究科 修士課程修了。農学修士。
広い兵庫県には、まだまだ豊かな自然が残っていて、いろんな昆虫がすんでいます。いっしょに野山を駆けめぐり、昆虫の世界を楽しみませんか。末永くおつきあいできる方を求めています。
研究員
(兵庫県立大学助教)
こだてせいじ
【専門分野】 森林土壌学、植物生態学
神戸大学大学院自然科学研究科 博士課程修了。学術博士。
様々な森林を対象に、植生と土壌の関係について調査 ・研究を行っています。最近は主に三田市およびその周辺や六甲山系をフィールドとして活動しています。
研究員
(兵庫県立大学助教)
すずきたけし
【専門分野】 保全植物学、植物分類学
東京大学大学院理学研究科 博士課程単位修得退学。理学博士。
兵庫県などの絶滅危惧植物の保全、特に遺伝子解析を用いた研究を行っていますが、大学時代からシダ植物を研究しています。兵庫県のシダ植物もようやく感触がつかめてきまして、共著で兵庫県のシダ植物リストを発表しました。県内には未踏の地が多くあります。
Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.