ご利用案内

交通アクセス

利用案内(観覧料金)

団体でのご利用

バリアフリー情報

ひとはくの展示

セミナー情報


ひとはく活用術

移動博物館車 ゆめはく

自然・環境科学研究所

恐竜化石

ひとはくKids

行政や企業の方へ「シンクタンク事業」

学校関係者の方へ「学校教育支援」


自然・環境再生研究部/生物資源研究グループ
主任研究員
橋本 佳延【Yoshinobu HASHIMOTO】
経歴・所属等
昭和51年愛知県生.神戸大学大学院総合人間科学研究科修士課程修了.学術博士.日本生態学会,植生学会,環境教育学会,造園学会等所属
事業部での配属室もしくは研究開発会議での仕事
■タスクフォース
ビジョン実現タスクフォース

<研究開発>
1.調査研究
■特別課題研究(個人研究)
1.半自然草原の生物多様性の再生に関する研究
2.タケ類天狗巣病による竹林の衰退に関する研究
3.里山の生物多様性保全に関する研究
4.外来植物の侵入・定着に関する研究
その他著作
橋本佳延(2017)博物館と生態学(29)カタチのない自然史情報の価値をどう届けるか?〜事例1:植生の状態を後世に伝えるしくみ〜. 日本生態学会誌67(3) :369-374
橋本佳延・石田弘明・黒田有寿茂・大谷雅人(2017)兵庫県三田市南公園(ブイブイの森)におけるナラ枯れの発生状況.人と自然28:87-95
橋本佳延・三橋弘宗・西田貴明(2018)生物多様性協働フォーラム開催の背景と目指すところ.季刊政策・経営研究45:1-8
西田貴明・橋本佳延(2018)①生物多様性協働フォーラムの取組状況.季刊 政策・経営研究 45:95-105
西田貴明・橋本佳延・三橋弘宗・佐久間大輔・宮川 五十雄・上原一彦・舛田陽介(2018)②生物多様性の主流化にむけた課題と展望(まとめ).季刊 政策・経営研究45:106-115
■研究発表
Toshikazu Matsumura・Yoshinobu Hashimoto・Yoshihiro Sawada(2017)The Relationship Between Grassland Species Richness and the Management in Long-Established Golf Courses in Japan. The 12th International Congress of Ecology (INTECOL2017 Beijing),the China National Convention Center,Beijing, China.
橋本佳延・西田貴明・三橋弘宗・佐久間大輔・宮川五十雄・上原一彦(2018)多様な主体の参画と協働を促す交流イベントの生物多様性の主流化への効果 -普及啓発イベント「生物多様性協働フォーラム」の実践とその効果の検証.日本生態学会第65 回大会.札幌
松村俊和・橋本佳延・澤田佳宏(2018)歴史の長いゴルフ場に生育する植物の出現頻度とその特徴.日本生態学会第65 回大会.札幌
学会役員など
2016.4-2018.3 日本生態学会 生態系管理専門委員会 幹事
助成を受けた研究
過去の植生の姿を後世に伝える植生調査資料データベースの構築と最適な公開手法の開発.文部科学省科学研究費若手研究(B). 代表者(2017 年度 90 万円/総額310 万円)
ゴルフ場の半自然草原を活用した生物多様性の保全.文部科学省科学研究費基盤研究(C).分担者(2017 年度分担金20 万円/総額370 万円)

2.資料収集・整理
■資料収集
2017.4-2018.3 里地・里山における植物および植生景観映像資料の収集(川西市,三田市、神戸市、芦屋市、神河町).
受贈担当資料
2017.10 フタゴヤシ種子
整理同定担当資料
植生映像資料、植生調査資料.

<事業推進>

1.生涯学習事業
セミナー
館主催セミナー
橋本佳延.2017.4,「日本一の里山,北摂地域の早春を観察しよう」川西市黒川(18 名)
橋本佳延.2017.4,「東お多福山草原生物多様性ガイドステップアップセミナー」(神戸県民センター 東お多福山 20 名)
橋本佳延.2017.4,「春の東お多福山草原植物観察会」東お多福山(11 名)
橋本佳延.2017.4,「ひとはく探検隊『さとやま』の中を歩こう」ブイブイの森(16 名)
橋本佳延.2017.5,「特注セミナー 生物多様性に配慮した企業緑地のあり方」(三菱電機、実習室、10名)
橋本佳延.2017.6,「館外特注セミナー 里山と生物多様性とわたしたち」(ナシオン創造の森育成会、ナシオンホール、30 名)
橋本佳延.2017.6,「館外特注セミナー 生物多様性とわたしたちの暮らし」(西宮市生涯学習大学宮水学園、大学交流センターアクター西宮、128 名)
◎橋本佳延.2017.6, 「オープンセミナー くるくる回って落ちる種子を観察しよう!」(40 名)
橋本佳延.2017.7, 「初夏の東お多福山草原植物観察会」東お多福山(8 名)
橋本佳延、2017.7, 「館外特注セミナー 里山調査実習」(緑の環境クラブ、三田市立有馬富士森林公園、12 名)
橋本佳延、2017.7,「館外特注セミナー 里山調査実習」(人と自然の会、深田公園、11 名)
橋本佳延、2017.7,「ジーンファーム見学会-講義と観察-高茎草原 キキョウ」(ジーンファーム、4 名)
橋本佳延、2017.7,「まちなか里山セミナー 第1 回」(中セミナー室、24 名)
橋本佳延、2017.8,「日本生態学会2017 年度生態系管理演習」(奥池ロッジほか、9 名)
橋本佳延.2017.8, 「特注セミナー 里山保全活動のすすめ方」(神鋼かこがわ森の会 神鋼加古川体育館 38 名)
橋本佳延.2017.9,「館外特注セミナー 生物多様性と私たちの暮らし」(神戸市シルバーカレッジ 75名)
橋本佳延・黒田有寿茂、2017.9,「まちなか里山セミナー 第2 回」(南公園、11 名)
橋本佳延.2017.10,「特注セミナー 外国からやってきた植物」(フレミラ宝塚 大セミナー室 17 名)
橋本佳延.2017.10,「特注セミナー 生物多様性と里山管理~博物館の植物観察」(フレミラ宝塚 大セミナー室およびひとはく生物多様性の森 20 名)
橋本佳延.2017.10,「特注セミナー 兵庫の里山とその保全」(兵庫県立西宮今津高等学校 中セミナー室およびひとはく生物多様性の森 21 名)
橋本佳延、2017.11, 「まちなか里山セミナー 第3 回」(南公園、11 名)
橋本佳延、2017.11, 「まちなか里山セミナー 第4 回」(南公園、8 名)
◎橋本佳延.2017.11,「オープンセミナー くるくる回って落ちる種子を観察しよう!」(45 名)
◎橋本佳延.2017.12,「オープンセミナー くるくる回って落ちる種子を観察しよう!」(50 名)
橋本佳延、2017.12, 「まちなか里山セミナー 第5 回」(実習室、9 名)
館外講演
橋本佳延.2017.6,「東お多福山草原の魅力 ~過去・現在・未来~」神戸市教育研修所(40 名)
橋本佳延、2017.7,「館外講演 企業における地域の植物保全の可能性」(環境学園専門学校、大阪ガス姫路製造所、25 名)
橋本佳延 2017.8,「東お多福山草原生物多様性ガイド養成講座 第2 回」(東お多福山 22 名)
橋本佳延.2017.9,「広域でつむぐ新しい生物多様性の価値~関西の活かしたい自然エリア~」(フォーラム:自然の恵みを受け継ぐために「関西の活かしたい自然エリア」の活用を考える)(関西広域連合、川西市みつなかホール、96 名)
橋本佳延2017.10「, 東お多福山草原生物多様性ガイド養成講座 第3 回」(東お多福山 26 名)
橋本佳延 2017.11,北摂里山エキスカーション(兵庫県阪神北県民局、川西市黒川地区、16 名)
橋本佳延 2017.11,「東お多福山草原生物多様性ガイド養成講座 第5 回」(東お多福山 18 名)
橋本佳延 2017.12,「東お多福山草原生物多様性ガイド養成講座 第6 回」(兵庫県民会館 17 名)
橋本佳延 2018.2,講演「都市近郊で管理放棄された半自然草原の再生~東お多福山草原の保全・再生活動10 年の効果の検証」(東お多福山草原
保全10 周年記念シンポジウム「身近な草原の魅力~生物多様性を次世代に伝える民官学の協働のあり方~」 主催:東お多福山草原保全・再
生研究会 222 名)
非常勤講師
2017.5, 里山実習,関西学院大学.
キャラバン・主催アウトリーチ事業
2018.1 企画展「日本文化を育んだ自然 Where culture meets nature」(伊丹市郷町館)分担者
共催・協力・後援事業
共催
2017.6-11 東お多福山草原生物多様性ガイド養成
講座.兵庫県神戸県民センター,六甲山地東お多
福山ほか.主担当.共催
協力
2017.12 ひょうご環境担い手サミット. 兵庫県 農政環境部環境創造局環境政策課,デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO),講師
学校教育支援
トライやるウィーク
2017.5 上野台中学校.1 名、藍中学校.1 名
学校対応
2017.5 宝塚市立すみれが丘小学校 4年生 91名
2017.5 猪名川町立楊津小学校 3年生 11 名
2017.7 神戸市立住吉中学校 1 年生 182 名
2017.10 姫路市立城東小学校 3 年生 48 名
2017.12 尼崎市立塚口小学校3 年生126 名
2018.3 加東市立米田小学校3 年生15 名
研修生等の受入
博物館実習生
2017.8 神戸女子大学 1名,神戸学院大学 1名,鳥取大学 1 名,南九州大学 1 名,首都大学東京 1 名,京都大学大学院 1 名,東京農業大学1 名,同志社大学 1 名,放送大学 1 名
展示
2017.9-10 パネル展「関西の活かしたい自然エリア」.主担当
2017.10-2018.1,開館25 周年記念展示「ボタニカルアートでみる日本の固有植物25 選」.主担当
2018.1,館外展示「日本文化を育んだ自然 where culture meets nature」.分担者

2.シンクタンク事業
■受託研究
「平成 29 年度大阪ガス(株)姫路製造所等における生物多様性対応関連業務」.大阪ガス(株).130.515 万円(責任者)
「ブイブイの森(南公園)里山保全・育成プロジェクト里山担い手養成業務」.三田市.60 万円(責任者)
「平成 29 年度尼崎の森中央緑地地域性苗木栽培業務」.兵庫県阪神南県民局.110.04 万円(責任者)
「平成 29 年度 株式会社竹中工務店における生物多様性対応関連業務」株式会社竹中工務店.99.9 万円(責任者)
「平成 29 年度生物多様性情報活用業務」関西広域連合50 万円(分担者)
収蔵庫・ジーンファームの公開
ジーンファームの案内,3 回,10 名.
行政等支援
委員会等 (計7 件)
2013.1-2019.3 加古川市環境審議会,委員,加古川市
2012.7-希少野生動植物保存推進委員、委員、環境省
2013.8- 神戸市生物多様性神戸プラン2020 推進委員会、委員、神戸市
2017.6-2018.3 関西の残したい自然エリア保全・活用検討委員会.委員。関西広域連合環境保全局
2017.3-平成29 年度生物多様性しが戦略推進専門家会議.委員.滋賀県琵琶湖環境部自然環境保全課
2017.5-2018.3 公益信託コープこうべ環境基金.運営委員.公益信託コープこうべ環境基金
2017.7-11 第6 回いきものにぎわい企業活動コンテスト実行委員会.審査委員.いきものにぎわい企業活動コンテスト実行委員会
相談・指導助言
来訪者 5 件,10 名.電話・FAX 相談5 件,メイル相談5 件.

Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.