サイトマップ |
文字サイズの変更

ひとはく研究員Webセミナー

はじめに

 人と自然の博物館(ひとはく)では、この度のコロナ禍に際し、家庭で過ごす子どもたちや、博物館へ来ることができない県民の皆様に向けたコンテンツの作成と配信を続けてきましたが、新たに「ひとはく研究員Webセミナー」を開講(配信)する運びとなりました。
 「ひとはく研究員Webセミナー」では、当館研究員がテーマを設け、映像等を通じて分かりやすくお伝えします。セミナーを受講(視聴)した上での疑問点がございましたら、通常のセミナーと同様に、下記の「お問い合わせ画面」から質問の受付もしています。
 「ひとはく研究員Webセミナー」の受講(視聴)をきっかけに、自然科学に対する興味・関心を一層深めていただくと共に、ひとはくでのセミナー受講や展示鑑賞のきっかけにしていただければ幸いです。

 ※各セミナーの受講(視聴)は無料です。

 ※今後、セミナーの種類(タイトル)は定期的に追加していく予定です。

 ※セミナーの内容に質問がある時は「お問い合わせ画面(※リンクをクリック)」から入力をお願いします。
  【注意】質問の投稿には、質問者の電子メールアドレスが必要になります。
      また、質問の回答には時間がかかる場合があります。

【第8回】 中濱 直之 研究員(生物資源研究グループ)(2020/10/30 更新)

 ※研究員の紹介ページはこちらをクリック

セミナータイトル セミナーの紹介コメント
展示解説「ひょうごの草原~人が育んだ草原と生き物の歴史~」

※視聴対象:小学生~大人

 今でこそ自然といえば森林を思い浮かべますが、実はほんの数十年前までは草原は非常に身近な自然でした。伝統的な暮らしの中で、人は草原を育み、またそこには多様な生き物が息づいていました。しかし現在、そうした草原は急速に失われています。
 本企画展示では、兵庫県の草原にクローズアップし、人が育んできた草原と生き物の歴史について、過去、現在、未来をご紹介しています。イヌワシやハーバリウムなど、魅力的な展示が盛りだくさんです! 是非、博物館に足をお運びいただけますと幸いです。

【第7回】特別公開!収蔵庫ツアー(2020/9/15 更新)

※上記の動画をまとめて再生したい方はこちらをクリックしてください。

その1 橋本 佳明 研究員(系統分類研究グループ)

 ※研究員の紹介ページはこちらをクリック

セミナータイトル セミナーの紹介コメント
特別公開!収蔵庫ツアー
~収蔵庫ってどんなところ?~

※視聴対象:小学生~大人

 普通は、立ち入れない博物館のバックヤードにある生物系収蔵庫を特別に紹介します。
 ここには美しい蝶や珍しい甲虫をはじめ、色々な昆虫、植物、鳥の標本が、何百万点も収められています。
 どうして、そんなに標本を集めるのかと思うかもしれませんが、たくさんの標本は、世界中にどんな生き物がいるのか、そして、昔はどんな生き物がいて、今は、どうなっているのかを教えてくれる貴重な宝物です。
 博物館の収蔵庫は、その宝物を、しっかりと守って、伝えていくための宝箱なのです。

【セミナーの補助資料】
 ・館報2018「主な収蔵資料」
 ・ひとはくホームページ「資料の検索と目録」

その2 山﨑 健史 研究員(系統分類研究グループ)

 ※研究員の紹介ページはこちらをクリック

セミナータイトル セミナーの紹介コメント
特別公開!収蔵庫ツアー
~クワガタ標本~

※視聴対象:小学生~大人

 今回は、普段は入れない収蔵庫の中から、貴重なクワガタムシを4種類、紹介します。
  • 光沢を持つ綺麗なニジイロクワガタやパプアキンイロクワガタ
  • 体の大きなギラファノコギリクワガタ
  • 不思議な形の頭をもつメンクワガタ
 同じ種類のクワガタムシ標本でも、それぞれの標本が持つ情報は唯一無二のものです。
 このような個性もひっくるめて、生物をきちんと理解するため、収蔵庫には多くの標本が保管されています。
 収蔵庫ツアーを通して、標本の重要性に思いを馳せていただけたらと思います。

その3 高野 温子 研究員(系統分類研究グループ)

 ※研究員の紹介ページはこちらをクリック

セミナータイトル セミナーの紹介コメント
特別公開!収蔵庫ツアー
~解説します!植物標本~

※視聴対象:小学生高学年~大人

 ひとはくご自慢の植物標本、世界に1点しかないコウベタヌキノショクダイや、100年前の神戸から採集されたオキナグサを紹介しています。

【セミナーの補助資料】
 ・ひとはくホームページ「ひとはくの資料」

その4 布野 隆之 研究員(生態研究グループ)

 ※研究員の紹介ページはこちらをクリック

セミナータイトル セミナーの紹介コメント
特別公開!収蔵庫ツアー
~解説します!鳥類標本~

※視聴対象:小学生~大人

 鳥の標本には、2つのタイプがあります。一つ目は、普段、皆さんが目にする鳥の標本です。これは「本剥製(ほんはくせい)」と呼ばれています。本剥製は、翼を広げた鳥や木に止まった鳥を表現した芸術作品です。二つ目は、普段、皆さんが見ることができない特別な標本です。これを「仮剥製(かりはくせい)」と呼びます。仮剥製は、鳥類学者が研究のために利用する特別な標本です。今回は、「仮剥製」を特別に公開し、その魅力をご紹介します。

(注意)生きものの死体などのグロテスクな映像が苦手な方は、視聴をお控えください。

【第6回】 池田 忠広 研究員(地球科学研究グループ)(2020/9/4 更新)

 ※研究員の紹介ページはこちらをクリック

セミナータイトル セミナーの紹介コメント
研究紹介~恐竜の陰に隠れた小さな生物~

※視聴対象:中学生~大人

 皆さん、化石と言えば恐竜やアンモナイトを想像するのではないでしょうか。
 この動画では、私が長年携わっているあまり人気のない"ある生物"の化石について紹介するともに、研究の概要についてお話します。

【第5回】 生野 賢司 研究員(地球科学研究グループ)(2020/7/30 更新)

 ※研究員の紹介ページはこちらをクリック

セミナータイトル セミナーの紹介コメント
展示解説「石ころズラリ~美しい鉱物から珍しい岩石まで~」

※視聴対象:小学生~大人

 鉱物や岩石の標本は、美しい色やきれいな形、不思議な模様などで私たちを楽しませてくれます。
 この動画では、2019年夏に行われた企画展示の様子を紹介します。
 人と自然の博物館では、常設展示でも鉱物や岩石の標本をたくさん見ることができますので、ぜひ博物館にお越しください。

【第4回】頼末 武史 研究員(生態研究グループ)(2020/7/21 更新)

 ※研究員の紹介ページはこちらをクリック

セミナータイトル セミナーの紹介コメント
海での安全対策

※視聴対象:小学生~大人

 海水浴や磯遊びの際の一般的な安全対策についてご説明します。
 海には様々な危険があり、毎年レジャー中の死亡事故が発生しています。
 海で楽しい思い出を作るためにも、安全対策を怠らないようにしましょう。

【第3回】橋本 佳延 研究員(生物資源研究グループ)(2020/7/17 更新)

 ※研究員の紹介ページはこちらをクリック

セミナータイトル セミナーの紹介コメント
東お多福山草原初夏の植物観察会

※視聴対象:小学生高学年以上

【前編】

【後編】
 六甲山地にある頂の一つ、東お多福山山頂には約9haの草原が広がっています。
 ネザサに覆われて多様性の乏しかった草原が、平成19年からの管理再開によってススキをはじめ様々な草原生植物の姿が戻ってきました。
 本Webセミナーでは、オカトラノオ、ササユリ、ノアザミなどをはじめとする初夏の代表的な草原生植物や、東お多福山草原からみられる眺望、周辺の森林の内部の様子などをダイジェストで紹介します。(前編は森林中心、後編は草原中心の内容になっています。)
 季節により開花植物も大きく変化しますので、ご覧になった後、是非足をお運びいただければ嬉しいです。

※本Webセミナーは2020年6月20日に開催予定だった現地観察会を、新型コロナウイルス感染症対策を施しながらの実施が困難との判断し、やむを得ず中止としたことから、講師がその内容の一部を紹介するために動画撮影し編集したものです。

【第2回】山﨑 健史 研究員(系統分類研究グループ)(2020/7/7 更新)

 ※研究員の紹介ページはこちらをクリック

セミナータイトル セミナーの紹介コメント
アリを真似るクモ
~アリグモを見つけてみよう~

※視聴対象:小学生~大人   
(クモ類に馴染みのない方々)

 私たちの身近な昆虫と言えば、アリです。
 皆さんは、アリを真似て生活しているクモがいることをご存知でしょうか?
 この動画では、これまで見過ごしていたかもしれないアリを真似るクモを紹介します。
 ぜひ、クモの巧妙なダマしテクニックをご覧ください。

【第1回】橋本 佳延 研究員(生物資源研究グループ)(2020/6/16 更新)

 ※研究員の紹介ページはこちらをクリック

セミナータイトル セミナーの紹介コメント
安全に、森を楽しむために知っておきたいこと

※視聴対象:小学生~大人

【その1】
野外で過ごすための基本的な心構え

【その2】
いつも過ごしている場所と何が違うか考えてみよう

【その3】
どんな時に危険が及ぶのか、あらかじめ考えてみよう

【その4】
危険を避けるために、森に入る前に準備しておきたいこと、もの

【その5】
森に入る際の服装について

【その6】
森で注意が必要な生きもの

【その7】
天気にかかわるトラブルの注意と対処

【その8】
森の中で注意が必要な植物と対処
 森には私たちを楽しませてくれる自然がいっぱいですが、危険も潜んでいます。
 森での時間を楽しいひとときとするための、森に入る際の心構えや、危険に出会わないための準備、自分や一緒に過ごす人の身を守る術などについてご紹介します。
 親子で、先生と児童・生徒で、友人同士で一緒にご覧いただき、安全に森を楽しんでくださいね。

【セミナーの補助資料】
 ・安全に野外で活動するための基礎知識
  (PDFファイル 5.01MB)


(文責:生涯学習課)

Copyright © 1992-2020, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.