恐竜化石発掘の情報

tanbaryuu-top.jpg

篠山層群より産出した恐竜卵殻化石の記載論文の出版について(2015.6.29)NEWmasatohattorismall.jpg

丹波市山南町に分布する篠山層群における複数年に及ぶ恐竜化石発掘調査の結果、恐竜卵殻化石が多数発見されています。
この度、これらの標本には、日本初発見を含む5種類の卵殻化石が含まれていることが判明し、そのうちの1種類は、新卵属・新卵種であることが明らかになりました。この研究成果を論文にまとめ,「Cretaceous Research」誌(査読付き国際学術雑誌)に投稿し、受理され出版されます。

Ⓒmasato Hattori 

■新卵属・新卵種の獣脚類恐竜の卵殻
  (学名)ニッポノウーリサス・ラモーサス(Nipponoolithus ramosus oogen. et oosp. nov.
  学名の語源:
Nipponは「日本」、Oolithusは「卵の石」という意味のギリシャ語である。Ramosusは
  ラテン語で「枝分かれ
した」の意味で、卵殻外表面の特徴的な装飾模様に由来する。
 ■1種類のハドロサウルス類の卵殻(Spheroolithus)及び日本初発見となる3種類の獣脚類恐竜の卵殻
  (ElongatoolithusPrismatoolithus,Prismatoolithidae科の卵殻)

 
>> 詳細はこちら

篠山市より発掘されたトカゲ類の記載論文の出版について(2015.2.4)Pachygenys-adachii_mini3.jpg

平成19年(2007年)に篠山市宮田に分布する白亜系篠山層群下部層から、複数のトカゲ類化石が発見されました。これまでの研究の結果、その内の一つが中国より報告されているトカゲ類と同属で、また歯の形態から新種であることが判明しました。この度、この研究成果は英語論文としてまとめられ、Journal of Vertebrate Paleontology(古脊椎動物学の査読付き国際学術雑誌)に投稿・受理・出版されました。

   

論文になった化石標本

■新種のトカゲ類の学名
 Pachygenys adachii sp.nov
(カタカナ読み:パキゲニス・アダチイ)

 

属名と種小名の語源:Pachygenys は、pachys とgenys はギリシャ語で「厚い+下顎」という意味で、種小名のadachiiは、宮田サイトの発見者である足立洌氏に敬意を表し、彼の姓から名付けられている。

 

 >> 詳細はこちら

丹波市より発掘された竜脚類化石(通称"丹波竜")の記載論文の出版について (2014.8.12)tanbaryu20140812_mini.jpg

平成18年(2006年)に丹波市山南町の篠山川河床に露出する篠山層群から発見された竜脚類(通称"丹波竜")の尾椎、血道弓などの化石は、その後行われた慎重な比較・検討の結果、既知のどの属・種のものとも異なることが判明しました。この研究成果が今回Zootaxa誌に掲載の論文で公表され、その中において丹波竜は新属新種として記載命名されました。

Ⓒ小田隆/丹波市

■新属新種のティタノサウルス形類竜脚類の学名
 Tambatitanis amicitiae gen. et sp. nov.
  (カタカナ読み:タンバティタニス・アミキティアエ)


属名と種小名の語源:Tambaは「丹波地域」にちなみ、Titanisは「女の巨人」という意味でギリシャ神話に由来する、Amicitiaeはラテン語で「友情」の意味で、二人の発見者の友情を記念している。 

 >> 詳細はこちら 

恐竜化石発掘の情報

2006年8月に丹波市で同市在住の村上 茂・足立 洌の両氏により発見された大型のティタノサウルス形類恐竜化石は、2012年1月までの6回に及ぶ発掘調査によってその全貌が明らかとなりつつあります。これまでの発掘調査の軌跡をたどるとともに、最新の研究成果や新たに発見された化石産地についてもご紹介します。

一次・二次発掘の記録 三次・四次発掘の記録 五次・六次発掘の記録

 2011年までに発見された丹波の恐竜化石

kokkaku2.jpg

拡大画像を表示

篠山層群恐竜化石等発掘調査 評価と提言 報告書

兵庫県立丹波並木道中央公園における恐竜化石含有層調査

  • 平成25年度兵庫県立丹波並木道中央公園における恐竜化石含有層調査【結果報告】について(平成26年3月6日)
  • 平成25年度兵庫県立丹波並木道中央公園における恐竜化石含有層調査について(平成26年2月)

 その他の地域で発見された化石について

  • 兵庫県洲本市産ハドロサウルス科恐竜化石を寄贈された岸本眞五氏に感謝状贈呈(平成26年2月)

丹波竜についてもっとしりたい!

人と自然の博物館の3階「恐竜化石展示室」では、本物の丹波竜の化石をみることができます。

丹波の恐竜化石展示室


また、博物館の隣にある「ひとはく恐竜ラボ」では、化石のクリーニング作業を見学できます。

ひとはく恐竜ラボ


丹波市の公式サイト「丹波竜ドットコム」はこちら


Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.