臨時展示 「下部白亜系篠山層群から発見された卵殻化石」

丹波市山南町に分布する篠山層群における複数年に及ぶ恐竜化石発掘調査の結果、恐竜卵殻化石が多数発見されています。この度、これらの標本には、日本初発見を含む5種類の卵殻化石が含まれていることが判明し、そのうちの1種類は、新卵属・新卵種であることが明らかになり「ニッポノウーリサス・ラモーサス」と命名されました。
これを記念して、その恐竜卵殻化石の実物を展示しパネル等で説明します。

展示概要
◆ 期 間: 2015年7月21日(火)~ 8月31日(月)終了しました。
◆ 場 所: 兵庫県立人と自然の博物館
                 3階 丹波の恐竜化石展示コーナー
◆ 展示物: ホロタイプ標本など約10点程度

   関連HP: 篠山層群より産出した恐竜卵殻化石の記載論文の出版について

masatohattori.jpg
 
企画展へもどる


Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.