フォーラム「日本の恐竜時代を探る!」について

県政150周年記念 人と自然の博物館&県立大学自然・環境科学研究所 25周年記念フォーラム
「日本の恐竜時代を探る!」

 すぐに申し込みに進まれる方はこちらへ 参加費無料・事前申込

dinosaurforum-flier-c240x.jpg

1 主旨
 兵庫県丹波市・篠山市に分布する白亜系篠山層群より丹波竜が発見されてから11年を迎えようとしています。
また、同層からはカエルやトカゲといった小型脊椎動物化石、また植物化石など当時の生物相や古環境を検討する上で重要な資料も相次いで発見されています。加えて、近年北海道のむかわ竜等、国内他地域からも相次いで恐竜化石が発見されており、日本における恐竜研究、また同時代の生物群、古環境の研究は新たな転換期を迎えようとしています。本フォーラムでは、日本の代表的な恐竜化石産地、その研究の現状を紹介しつつ、日本における恐竜時代に関する研究の可能性を考えます。




2 概要

(1)日 時:平成30年2月18日(日)13:00~17:30
(2)会 場:兵庫県立人と自然の博物館 ホロンピアホール
(3)定 員:300名(先着順)
(4)参加費:無料
(5)主 催:兵庫県立人と自然の博物館、兵庫県教育委員会、兵庫県立大学
(6)協 力:丹波地域恐竜化石フィールドミュ-ジアム推進協議会、丹波県民局、丹波市、篠山市、
      公益財団法人兵庫丹波の森協会
(7)後 援:阪神北県民局、三田市、三田市教育委員会、日本古生物学会、日本地質学会、
      NPO法人西日本自然史系博物館ネットワーク

3 プログラム

13時00分


開会
開会挨拶:高井芳朗 兵庫県教育委員会教育長
趣旨説明:中瀬勲 兵庫県立人と自然の博物館館長
13時12分 記念講演:真鍋真 国立科学博物館「恐竜時代に日本から想いを馳せる」
14時00分 第一部フォーラム「日本の恐竜時代を探る」

・池田忠広 兵庫県立人と自然の博物館/兵庫県立大学
 「篠山層群の恐竜・小型脊椎動物化石、その多様性について」(30分)
・山田敏弘 金沢大学「日本に恐竜がいた頃の植物」(30分)

 (休憩10分)

・柴田正輝 福井県立大学/福井県立恐竜博物館
「手取層群の恐竜から見る、前期白亜紀のアジアにおける恐竜の進化と広がり」(30分)
・小林快次 北海道大学総合博物館
「白亜紀末の恐竜の世界:世界における日本の重要性」(30分)
 (休憩10分)

16時20分

第二部 パネルディスカッション「日本の恐竜時代〜その研究の展望〜」

・コーディネーター:三枝春生 兵庫県立大学/兵庫県立人と自然の博物館
・パネリスト:真鍋真、小林快次、山田敏弘、柴田正輝、池田忠広

17時00分

質疑応答 回答者:第一部・第二部演者

閉会挨拶:太田勲 兵庫県立大学学長

17時30分

閉会

 お申し込みはこちらへ 参加費無料・事前申込


4 担当

 兵庫県立人と自然の博物館 事業推進部長 佐藤裕司

5 チラシ ※画像をクリックするとダウンロードできます
 dinosaurforum-flier.jpg


Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.