サイトマップ |
文字サイズの変更

【オンライン】第17回共生のひろば(2022年2月11日)

総勢685名の方々にご参加いただきました。ありがとうございました!



※画像をクリックすると、PDFファイルがダウンロードできます。


 人と自然の博物館では、地域の自然・環境・文化を自ら学び伝える活動を行っている方々が、お互いの活動を知り、活動の質をあげ、新たな展開のヒントを得る場として毎年「共生のひろば」を開催しています。昨年度は新型コロナウイルス感染症対策として初めてのオンライン開催となりましたが、口頭発表・ポスター発表が70件あり、活発な情報交換や交流がおこなわれました。今年度も引き続きオンラインにて「共生のひろば」を開催します。発表を希望される方は、以下の要領に従ってご応募ください(2021/12/25発表申込締切)。多くの方々のご応募、お待ちしております!


幼稚園児から年配の方、自然観察を始めて間もない方、超プロフェッショナルの方、どなたでも参加できます。
内容の完成度は気にせず、気楽にご参加下さい!

■日時:令和4年(2022年)2月11日(金・祝) 10:00~16:00
■場所:オンライン開催 一般視聴 YouTube Live
             URL https://youtu.be/8LI6z9WWSos ※配信は終了しました。
            口頭発表者 Zoom(自宅や職場からの発表が可能)
            ポスター発表 特設Webページ
             URL https://kyosei-online.sakura.ne.jp ※公開は終了しました。 
             ※閲覧には(聴講参加申込後に連絡される)パスワードが必要です。
    * 兵庫県立人と自然の博物館4階においてもライブ中継を行います。
    * ポスター発表・特設Webページは参加者のみが閲覧できるようパスワードを設定します。
    * 新型コロナウイルス感染症の流行状況等により、中止や変更を行う可能性があります。
■主催:兵庫県立人と自然の博物館


当日のプログラム

 こちら(PDFファイル)からご覧ください。

オンライン発表のお願い

※開催にあたっての注意事項(発表者のための資料)

共生のひろば参加者向けヒント集 【2022/1/12追加】
 Zoomの使い方  パワーポイントファイルのデータサイズを小さくする方法

・ 今回の共生のひろばでは表彰等は行いません。

 詳細は開催のお知らせと発表のお願い(PDFファイル)に記載しておりますので、よくお読みください。

聴講参加する場合の申込方法について

 ポスターサイト(https://kyosei-online.sakura.ne.jp ※公開終了)にはパスワードを設定しています。
 発表せずに聴講のみを希望する場合でも参加申込をしてください
 申込後、ポスターサイトのパスワードをお知らせします。
 (口頭発表(https://youtu.be/8LI6z9WWSos ※配信終了)はパスワード無しで視聴できます。)

原稿の提出について

 共生のひろばでの発表・展示の成果を、電子出版物「共生のひろば」としてまとめ、博物館ホームページに掲載します。つきましては、出版物のレイアウト済みの原稿(A4版で4ページ以内:別添様式)を作成いただき、その電子ファイル(Wordファイル)をEメール(kyosei@hitohaku.jp)でご提出ください。

  ○冊子原稿の作成要領(PDFファイルWordファイル
  ○冊子原稿のサンプルファイル(Wordファイル

 ページ数は少なくても問題ありません。
 出版の都合上、締切厳守でお願いします。
 原稿の書き方は、これまでに出版された「共生のひろば」を参考にしてください。

 【原稿提出締切】 2022年2月28日(月)必着


これまでの「共生のひろば」の様子

 前回(第16回;オンライン開催)は、多世代で、多様なテーマに基づいた70件の発表が行われました。発表の仕方もそれぞれユニークでした。世代を越え、立場を越えて、交流を行い、活動の幅を広げていくことができるのが最大の特徴です。聴衆として、発表者として、いずれの立場でもどうぞご参加ください。

 ■これまでの共生のひろばの記録はこちらから >>共生のひろば第1号~第16号


お問い合わせ先

〒669-1546 兵庫県三田市弥生が丘6丁目 兵庫県立人と自然の博物館
共生のひろば担当 京極大助、三橋弘宗、高橋鉄美、布野隆之、頼末武史
TEL:079-559-2001(代表) FAX:079-559-2015 Eメール:kyosei@hitohaku.jp


Copyright © 1992-2022, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.