組織と職員一覧

sosikizu2017-608x545.jpg
人と自然の博物館の運営を支える組織体制は上の図のとおりです。事務系職員と研究員から構成されています。実線部分が採用時の所属で、点線部分は館内の辞令によって研究員が兼務し、事務系職員とともに事業推進にあたります。このなかのタスクフォースは年度ごとの重要課題を解決するための特定業務遂行型の部署となります。平成29年度は、将来ビジョンの実現に向けた取り組みを推進する「ビジョン実現タスクフォース」、恐竜化石関連の事業を推進する「恐竜事業推進タスクフォース」が設置されています。

なお、組織構成の一覧は下の表のとおりです。


行政職 研究職 技能労務職 非常勤
委託員
館長
名誉館長 2
>> マネジメント部門 >> 次長
>> 館長補佐 1
>>  総務課 4
>>  企画調整室 (5)
>>  ビジョン実現タスクフォース (7)
>>  恐竜事業推進タスクフォース (9)
>> 事業推進部門 >> 次長 (1)
>> 事業推進部長 (1)
>> 生涯学習課 6
>> 生涯学習推進室 (6)
>> 研究開発部門 >> 次長 (1)
研究シンクタンク推進室 (3)
資料管理室 (3)
>> 自然・環境評価研究部 12
>> 自然・環境マネジメント研究部 10
>> 自然・環境再生研究部 10
(0)12 (27)32 1 3


*( )は、兼務職員の数。計については重複を除く。
*研究職のうち20人は、兵庫県立大学 自然・環境科学研究所教員による併任(平成29年4月現在)


Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.