サイトマップ |
文字サイズの変更

ひとはくアカデミック・ステイ in 但馬 2022/5/3-5

academic-stay2022_top-image2.jpg
ひとはくアカデミック・ステイin但馬
 ひとはく研究員4名と共に宿泊しながら、2泊3日の自然体験を満喫するプログラムです。植物や動物の生態学、古生物学などの専門家と一緒にGWの但馬の自然をめいっぱい体感しましょう!早朝のバード・ウォッチングやナイト・ウォッチングなど、宿泊型だからこそできるプログラムをご用意しています。会場は、美方郡香美町に位置する尼崎市立美方高原自然の家とちのき村です。募集は2~5名で構成された「チーム」毎に行います。家族でも、お友だち同士でもチーム結成は可能です。

■プログラムリスト(天候などによって内容変更することがあります。ご了承ください)
academic-stay2022_program1.jpg academic-stay2022_program2.jpg academic-stay2022_program3.jpg academic-stay2022_program4.jpg
植物生態学
植物ウォッチング
ナイト・ウォッチング
石田弘明 主任研究員
地質学
但馬の石を見てみよう
生野賢司 研究員
動物生態学
バード・ウォッチング
布野隆之 研究員
古脊椎動物学
恐竜について学ぼう
-丹波の恐竜・動物化石-
池田忠広 主任研究員
academic-stay2022_program5.jpg academic-stay2022_program6.jpg academic-stay2022_program7.jpg academic-stay2022_program8.jpg
古生物学
アンモナイトのレプリカ標本を作ろう
生野賢司 研究員
(体験)
石割調査体験
(体験)
チームビルディング
(体験)
天体観測

■実施日時  2022年5月3日(火・祝)13:00現地集合 ~ 5日(木・祝)14:30現地解散
       (2泊3日)

■実施場所  尼崎市立美方高原自然の家とちのき村
       (兵庫県美方郡香美町小代区新屋1432-35)

■対象・定員 小学1年生~大人で構成されたチーム。1チーム2~5名8チーム限定
       ※小中学生が参加する場合には1チームにつき保護者1名が必ず同伴参加

■参加費   1チームにつき、69,770円~118,000円(税込)
       (参加者属性やチーム構成人数によって、金額が変わります)

■主 催   兵庫県立人と自然の博物館

■共 催   一般社団法人ROOT

■後 援   公益財団法人兵庫丹波の森協会、丹波地域恐竜化石フィールドミュージアム推進協議会

■募集期間(2次募集) 2022年4月10日(日)まで
  • 先着順となります。定員に達し次第、締め切らせていただきます。
  • 参加の可否は4月15日(金)までに全ての申込代表者にメールでお知らせします。
■申込方法
  • 申込は1チーム5名までです。必ず申込代表者を決めてください。
  • 参加の可否や、事前および当日の事務連絡などは申込代表者を通じて周知します。
  • 博物館ホームページ、E-mail、ファックス、はがきにてお申し込みいただけます(お電話でのお申し込みはできません)。詳しくは「ひとはくセミナーガイド2022」をご覧ください。
■お問合せ先 下記メールフォームよりお問い合わせください。ご質問には48時間以内をめどに回答いたします。
https://forms.gle/XghcnnxqmUGrYtcs5 academic-stay2022_toiawase.png
■参加費

【参加費の構成】
 3つの料金で構成されています。
 『アカデミック・ステイ参加基本料』+『プログラム体験代(保険代込)』+『宿泊食事代(2泊3日6食込)』
  • 『アカデミック・ステイ参加基本料』は、1チームにつき50,000円税込。
  • 『プログラム体験代(おとな・こども共通:2,000円税込)』と『宿泊食事代(2泊3日6食込)』は、参加者ひとり毎に必要です。また、宿泊食事代は、宿泊先の尼崎市立美方高原自然の家とちのき村の定める料金設定です。そのため参加費総額は、チームの構成とメンバーの属性(おとな/こども、居住地等)によって変わってきます。さらに詳しい内訳は下図をご覧ください。
academic-stay2022_sankahi.jpg【お支払い方法】
 (1) アカデミック・ステイ参加基本料/プログラム体験代(保険代込)
   →当日共催者へ直接支払い/事後に共催者へ直接銀行振込:手数料は利用者負担です。
 (2) 宿泊食事代(2泊3日6食込・シーツ代込)
   →実施後施設へ直接支払い/事後に施設へ直接銀行振込:手数料は利用者負担です。
  • 参加者により料金が異なります。宿泊先の尼崎市立美方高原自然の家とちのき村の定める料金設定です。変更になる場合もあります。さらに詳しい内訳は下図をご覧ください。
【チーム構成の例】
academic-stay2022_team.jpg
■講師・サポーターの紹介
academic-stay2022_ikeda.jpg 池田忠広(古爬虫両生類学) ※ステイ引率リーダー
 兵庫県立人と自然の博物館主任研究員。兵庫県立大学自然・環境科学研究所地球科学研究部門准教授。恐竜と共に地球に暮らしていた小さな生物<カエルやトカゲ>を詳しく研究している。丹波での恐竜化石発掘調査にも深く関わる。
academic-stay2022_ikuno.jpg 生野賢司(古生物学) ※ステイ引率サブリーダー
 兵庫県立人と自然の博物館研究員。兵庫県立大学自然・環境科学研究所地球科学研究部門客員研究員。恐竜時代の海で暮らしていた、ヘンテコな形のアンモナイトの化石を研究している。いつの日か新種を発見して自分で名前を付けたいと夢見ている。
academic-stay2022_ishida.jpg 石田弘明(植物生態学)
 兵庫県立人と自然の博物館研究員次長・研究部長・主任研究員・研究グループ長。兵庫県立大学自然・環境科学研究所生物資源研究部門教授。
academic-stay2022_funo.jpg 布野隆之(動物生態学)
 兵庫県立人と自然の博物館研究員。恐竜から進化した「現代の鳥類」について研究している。特に希少な鳥たちが絶滅しないよう、保全の研究に取り組んでいる。
academic-stay2022_okugishi.jpg 奥岸明彦 ※特別サポーター(調査活動)
 丹波篠山市教育委員会化石保護技術員。石の中から貴重な化石を掘り出し、最先端の化石研究をサポートする専門家。同市立太古の生きもの館、太古の生きもの市民研究所で市民ボランティアと石割調査に取り組む。同市HPで「太古の生きもの館コラム」を発信中。
academic-stay2022_okada.jpg 岡田絵美 ※特別サポーター(ステイ統括)
 キャンプディレクター1級〔(公財)日本キャンプ協会〕およびMedic First Aid Childcare Plus Course〔MFA JAPAN〕資格保持者。但馬地域を拠点にジオパークガイド、アウトドアインストラクターも務める。ヒッポキャンプ(水陸両用車椅子)を用いたユニバーサルツーリズムを実践中。

■参加にあたっての留意点

【ツアーの特徴】
  • 古生物学・植物生態学・動物生態学の研究者が講師を務める2泊3日間のアカデミック・ステイです。
  • ステイ引率リーダー1名、ステイ引率サブリーダー1名、ステイ統括1名、引率スタッフ1名が同行します。
  • 全行程の引率責任者は兵庫県立人と自然の博物館主任研究員 池田忠広です。
  • 当日のスタッフの健康状態などによって、一部プログラム内容を変更する場合があります。ご了承ください。
【参加条件および留意点】
  • 主催者が実施するアンケート、写真撮影にご協力いただける方(撮影した記録写真・映像記録は人と自然の博物館が主催し、一般社団法人ROOTと連携し実施する類似事業の広報活動で活用する場合があります。(希望しない方は事前にお知らせください)
  • 新聞社・テレビ等のマスコミ取材にご協力いただける方
  • 本催しは現地集合・現地解散の3日間の体験プログラムです。(旅行商品ではありません。)
【参加申込について】
  • 1組(5名まで)ごとに代表者がお申込みください。応募者多数の場合は抽選となります。多数の場合は結果を4月3日までに応募代表者の方々へお知らせします。
  • 4月3日以降に下記について参加者全員の情報をお知らせください。
    ①参加者名②年齢(子どもは5月3日現在の学年)③性別④住所(尼崎・香美町に在住・在勤・在学の有無)⑤電話番号⑦アレルギー(特に食べ物)⑧交通手段(自家用車・特急バス・路線バス)⑨自家用車の人は台数⑩配慮が必要な方はその内容(喘息、てんかん、心臓疾患等)⑪その他の留意点などお知らせください。
  • 個人情報は本プログラムに係る連絡調整(保険会社・宿泊施設等の各調整者との情報共有を含む)、および主催者が今後企画する催し等の案内送付に活用します。これ以外の目的でご本人の許可なく第三者に個人情報を提供することはありません。ご不明な点はお問合せください。
【キャンセルについて】
  • 4月3日以降にキャンセルする場合は、食事の予約の関係がございますので1週間前までにご連絡をください。またキャンセルが前日の場合は食事代(子ども大人共通で6食分4,460円)の30%、当日の場合は50%のキャンセル料を施設にお支払いいただきます。
  • 下記「新型コロナウイルス感染症への対応について」でも表記していますが、実施日の2週間前から当日朝までの検温と体調確認をお願いしています。「利用日から2週間以内に、発熱や咳、頭痛等の諸症状がある方、並びに、利用日から2週間以内に海外渡航歴がある方の利用は、見合わせていただきますようお願いします。(2ページ(3)利用申込時のお願いより転載)」
【新型コロナウイルス感染症への対応について】
  • 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、実施日の2週間前から当日朝までの検温と体調確認の実施をお願いいたします。会場での滞在期間中、1日2回の検温および体調確認にご協力ください。
  • その他、尼崎市立美方高原自然の家「新型コロナウイルス感染症対策における施設のガイドライン」に準じます。
  • また、中止等の判断においては、主催者(兵庫県立人と自然の博物館)および実施施設(尼崎市立美方高原自然の家)が取る、各種「新型コロナウイルス感染症に係る対処方針」等に準じます。緊急事態宣言等が発出された際など、実施直前、あるいは実施中においてもプログラムが中止になる場合があります。あらかじめご了承ください。
以上

Copyright © 1992-2022, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.