サイトマップ |
文字サイズの変更

S05光合成をやめた植物「従属栄養植物」の新種発見と生態解明 ―博物館標本が果たす役割を中心に―

頌栄植物標本コレクションから新種コウベタヌキノショクダイを発見された神戸大学の末次健司先生に、新種発見の経緯と博物館標本が果たす役割についてお話しいただきます。

申込み番号S05
場所4階大セミナー室
対象小学生高学年(4年以上)~大人
定員40名
受講料500円(高校生以下:350円)
申込締切07月18日(土)
講師特別講師・末次健司(神戸大学大学院理学研究科 准教授)
備考7月18日(土)に締切を延長しました。なお、定員になり次第終了します。

※小学4~6年生は保護者もいっしょにご参加ください。

実施日時

開催日開催時間
令和2年7月23日(木)13:30~15:00

電子メールアドレスをお持ちの方は、こちらから受講の申し込みができます
申し込まれた方には電子メールで受付完了をお知らせいたします
※申込締切を過ぎてからのお申込の場合は、お電話にてご確認下さい


Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.