サイトマップ |
文字サイズの変更

B30半自然草原の特徴と保全

採草や放牧のために継続的に利用されている草原を半自然草原といいます。代表的な例はススキ草原、放牧地のシバ草原、棚田の畦のチガヤ草原です。半自然草原には多種多様な動植物が生息していますが、現在、半自然草原の減少が全国各地で進行しています。このセミナーでは、半自然草原をとりあげて、その特徴や現状、課題、保全のあり方などをわかりやすく解説します。

申込み番号B30
場所4階大セミナー室
対象高校生~大人
定員32名
受講料700円(高校生以下:500円)
申込締切10月28日(水)
講師石田弘明

実施日時

開催日開催時間
令和2年11月14日(土)13:00~15:00

電子メールアドレスをお持ちの方は、こちらから受講の申し込みができます
申し込まれた方には電子メールで受付完了をお知らせいたします
※申込締切を過ぎてからのお申込の場合は、お電話にてご確認下さい


Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.