サイトマップ |
文字サイズの変更

兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 30周年記念シンポジウム(2023年2月23日)

兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 30周年記念シンポジウム
第21回 知の創造シリーズフォーラム
「自然から学び、自然を楽しみ、そして自然と共生する
 ~自然・環境科学研究所のこれまでとこれから~」


※画像をクリックすると、PDFファイルがダウンロードできます。


 兵庫県立大学自然・環境科学研究所は、1992年に開設して30年となりました。博物館をはじめ、コウノトリの野生復帰や緑地の創出、野生動物管理など、兵庫県の基幹プロジェクトを担う行政機関における研究員・教員を兼務して、実務と研究を結び付けた取り組みをおこなってきました。このスタイルは、開設当初から「大学による地域貢献の新しいモデル」として注目されており、現在も全国的にユニークな取り組みとして知られています。
 30年目を迎えてシンポジウムを開催し、これまでの成果を報告すると同時に、これからの展望について議論します。

1 日 時
 令和5年2月23日(木・祝)13:00~17:00(開場 12: 00)

2 場 所
 神戸国際会館 9階大会場(神戸市中央区御幸通8丁目1-6)

3 内容・講師
 (1) 基調講演
  ・総合地球環境学研究所所長 山極 壽一 氏
   「ゴリラに学んだ自然の仕組みと人類の進化」
 (2) 話題提供
  ・自然・環境科学研究所(自然環境系)教授 高野 温子 氏
   「人と自然をつなぐ科学博物館という場を活かす」
  ・自然・環境科学研究所(森林動物系)教授 横山 真弓 氏
   「人と野生動物との共存をめざす科学」
  ・自然・環境科学研究所(宇宙天文系)教授 伊藤 洋一 氏
   「宇宙は一番大きな自然」
  ・自然・環境科学研究所(地域資源マネジメント系)教授 大迫 義人 氏
   「コウノトリ野生復帰プロジェクト―レジデント型研究者の苦労と喜び ―」
  ・自然・環境科学研究所(景観園芸系)教授 豊田 正博 氏
   「心地よい緑の景観が人を癒す―3分間のネイチャーブレイク―」
 (3) 山極壽一氏ならびに話題提供者によるパネルディスカッション

4 会場定員
 80名(申込制、先着順、参加費無料)※WEB参加も可能です。

5 申込方法・申込締切
 ・申込方法:電話・FAX・メールによる申込
 ・申込締切:2023年2月15日(水)
  ※会場参加は定員に達し次第、受付を終了します。

6 申込先・お問い合わせ先
 兵庫県立大学社会貢献部地域貢献課
  電話:078-794-6653
  FAX :078-794-5575
  メール:chiikikouken@ofc.u-hyogo.ac.jp
 ※1 お申込みの際は、参加場所(会場、WEB)、参加者全員のお名前、連絡先をお知らせください。
 ※2 お申込み後(電話申込以外)、当方から受付確認のメール、FAXを返信いたします。
    数日中に届かない場合は、お手数ですが、再度ご連絡をお願いします。

7 新型コロナウイルス感染症対策について
 当日は換気対策、検温の実施など感染症拡大防止対策を講じます。
Copyright © 1992-2022, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.