特別セミナー『固有種のふしぎ』

1 主旨

 日本は南北に細長い島国で、多様な環境を反映した豊かな生物相で知られます。日本に分布が限られる固有種も多く存在します。本セミナーは、固有種の形成メカニズム、植物・昆虫・脊椎動物にみられる日本固有種についてご紹介します。


※左の画像をクリックするとチラシがダウンロードできます。


2 セミナー概要
(1)タイトル:「固有種のふしぎ」
(2)実施日時:平成30年3月21日(水・祝)13:00〜16:45
(3)場所:兵庫県立人と自然の博物館 4階大セミナー室
(4)主催:公益財団法人国際花と緑の博覧会記念協会、兵庫県立人と自然の博物館
(5)内容:

13:00 開会挨拶 田中 充(公益財団法人国際花と緑の博覧会記念協会専務理事)
13:03 基調講演「固有種と広分布種―生物地理学と種形成」岩槻 邦男(兵庫県立人と自然の博物館名誉館長、2016年コスモス国際賞受賞者)
13:18 講演①『固有種はどうやって生まれたか』高野 温子(兵庫県立人と自然の博物館主任研究員)
13:48 講演②『チャルメルソウとキノコバエの律儀な関係』奥山 雄大(国立科学博物館研究主幹)
[休憩]
14:30

事例紹介①『日本固有の両生爬虫類・鳥類・哺乳類について』太田 英利(兵庫県立人と自然の博物館研究部長)

15:00

事例紹介②『身近な日本固有種 飛べない昆虫、コブヤハズカミキリ類について』中峰 空(箕面公園昆虫館館長)

15:30

閉会挨拶 高橋 晃(兵庫県立人と自然の博物館次長)

15:35

収蔵庫(ひとはくジーンファーム or 液浸収蔵庫 or 生物系収蔵庫)& 館内見学

  storehouse-tour.jpg

(6)その他:
■定員100名、対象は中学生以上。参加費は無料(ただし博物館観覧料は別途必要)。
■お申し込みは、下の花博協会ホームページの入力フォーム、もしくはE-mail、FAX、はがきのいずれかで、①~⑧を明記し、花博記念協会宛にお申し込みください。
①郵便番号、②住所、③氏名、④年齢、⑤電話番号、⑥Eメールアドレス、⑦同伴者がいる方は同伴者名、⑧見学希望の収蔵庫(第1希望~第3希望の順に記入、同伴者がいる場合は本申込者と同希望順で受付)

 [Eメール] hanahakupps(アット)expo-cosmos.or.jp  (アットを@に変換してください。)
 [ハガキ]〒538-0036 大阪市鶴見区緑地公園 花博記念協会2-136 「固有種のふしぎ」係
 [FAX] 06-6915-4524

 ホームページからのお申し込みは 花博協会『固有種のふしぎ』ホームページ


■詳細についてはチラシをご参照ください。>>『固有種のふしぎ』案内ちらし

3 担当
 公益財団法人国際花と緑の博覧会記念協会 佐々木 洋平
 兵庫県立人と自然の博物館 自然・環境評価研究部 主任研究員 高野温子 

4 問い合わせ先
 公益財団法人国際花と緑の博覧会記念協会 企画事業部第二課 TEL 06-6915-4513


Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.