ひとはく研究員の発表論文紹介(2017年)

Sea-level variations during Marine Isotope Stage 7 and coastal tectonics in the eastern Seto Inland Sea area, western Japan.海洋酸素同位体ステージ7の海水準変動と瀬戸内海東部地域の沿岸テクトニクス


2017年10月発行
著者:佐藤裕司・伴芙美香・加藤茂弘・兵頭政幸
掲載誌:Quaternary International、456巻、102-116、2017年
内容紹介:この論文は大阪湾と播磨灘沿岸における「海洋酸素同位体ステージ7」という、約20万年前の間氷期(温暖期)の相対的海水準変動について議論したものです。ステージ7には温暖のピークが3回あり、各ピーク時の海水準を珪藻化石を用いて推定しました。その推定値とグローバルな海水準変動との比較から、調査地点の地殻変動量を見積もると、神戸市東灘で年平均 0.26~0.32 mm 沈降、加古川市北部で 0.17~0.29mm 隆起したことがわかりました。。
sea-level-variations.jpg
過去約20万年間の地殻変動量


子供を対象として蚊の採集と観察に関する実習の実践

Practice of the training program about collecting and observing mosquitoes (Diptera: Culicidae) for children

2017年6月発行
著者:山内健生・高見咲恵・廣田編子・高瀬優子・田丸真奈維
掲載誌:都市有害生物管理、 7巻1号、15-21、2017年
内容紹介:これは、子供を対象とした実習「カをしらべよう」の概要を述べたものです.この実習では、受講者が,人オトリ法を用いて蚊の成虫を採集し,スポイトを用いてボウフラ(蚊の幼虫)を採集しました.その後,採集した蚊を顕微鏡で観察し,スケッチしました.受講者が書いた感想文から判断すると,身近な昆虫「蚊」を詳しく調べることで,普段は気づかない興味深い生態や形態を観察できることを知ってもらえたようです。
hulecoeteomyia-japonica.jpg
羽化したばかりのヤマトヤブカ(左側に見えるのは幼虫)



Taxonomic study on Japanese Salvia (Lamiaceae): Phylogenetic position of S.akiensis, and polyphyletic nature of S.lutescens var. intermedia

日本産アキギリ属の分類学的研究:テリハナツノタムラソウの系統的位置とナツノタムラソウの多系統性について

2017年
6月発行
著者:高野温子
掲載誌:Phytokeys  80巻、87-104、2017年
内容紹介:この研究は日本産アキギリ属の系統について調べたものです。2014年に新種として記載されたテリハナツノタムラソウは、今回の研究によりタジマタムラソウと近縁であることが示唆されました。またナツノタムラソウは関東と近畿に隔離分布するとされてきましたが、関東と近畿の集団は系統的に異なっており、多系統であることが示されました。
1706takano.jpg
図a. 関東のナツノタムラソウ。矢印は葯隔
の基部を示しており毛が無い. 
図b. 近畿のナツノタムラソウ.赤丸は葯隔の基部で白毛がある.毛の有無が両者を分ける特徴となる



ボルネオ島熱帯林のアリ・シロアリ類の巣から排出される二酸化炭素量について

CO2 emission from subterranean nests of ants and termites in a tropical rain forest in Sarawak, Malaysia

2017年5月発行
著者:Mizue Ohashi ,Yoshiaki Hashimoto, et. al
掲載誌:Applied Soil Ecology 117-118 (2017) 147-155
内容紹介:ボルネオ島ランビルで,アリ36種113の巣とシロアリ10種20の巣から排出されるCO2量を測定しました.これだけの種数と巣数でCO2量を測定したのは世界ではじめてです.その結果,熱帯で巨大なバイオマスを誇る社会性昆虫アリとシロアリの巣がCO2発生のホットスポットになっていることが明確になりました.これは,陸上植物バイオマスの約57%を占める熱帯林の炭素収支機能を十分に理解する上で、社会性昆虫類の多様性研究が重要であるかを示しています.
1705hashimoto.jpg
巣からのCO2排出量の測定装置


京町家を自然史博物館に~自然史レガシー継承・発信事業の試み~

The first trial of a temporary exhibition in Machiya in KYOTO

2017年2月発行
著者:高野温子
掲載誌:全国科学博物館協議会 第24回研究発表大会、83-89頁、2017年
内容紹介:2019年、京都で国際博物館会議(ICOM)が開催されます。博物館に関心が集まる絶好の機会に、自然史資料の価値を社会にアピールしたいと考えました。京都には残念ながら自然史系の博物館がないため、全国の自然史系博物館8館で連携し、京都市の重要文化財である野口家住宅・花洛庵をお借りして「文化を育んだ自然」をテーマとした企画展を実施しました。わずか2週間の会期でしたが、期間中1000人近い来場者を得て好評のうちに終了しました。
1702takano.jpg
企画展「文化を育んた自然」の展示風景


Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.