サイトマップ |
文字サイズの変更

兵庫県洲本市産ハドロサウルス科恐竜化石を寄贈された岸本眞五氏に感謝状贈呈

2014年2月11日

兵庫県洲本市産ハドロサウルス科恐竜化石を寄贈された岸本眞五氏に感謝状贈呈

岸本眞五氏(姫路市在住)により洲本市にて発見されたハドロサウルス科の恐竜化石が、2013年12月にひとはくに寄贈され、中瀬館長より感謝状が贈呈されました。
なお、寄贈された標本を、3階丹波の恐竜化石展示コーナーで展示しています。 詳細はこちら

岸本氏によると、「発見から10年という区切りと丹波竜の発掘が落ち着いたこともあり、今回寄贈に至った。兵庫県では丹波竜が有名ですが、その2年前に発見(2004年5月)されたハドロサウルス科の恐竜についても再認識してもらうと同時に学術的に研究を進めていただきたい。」とコメントをいただきました。

関連資料:淡路島から関西初の恐竜化石発見(平成16年7月)


Copyright © 1992-2021, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.