サイトマップ |
文字サイズの変更

同種個体のかすかな化学的痕跡はフジツボ幼生の着生を遅らせる ~フジツボの生態解明から付着防除技術の開発にも期待~

同種個体のかすかな化学的痕跡はフジツボ幼生の着生を遅らせる
~フジツボの生態解明から付着防除技術の開発にも期待~


1 概要

 北出汐里(兵庫県立大学・環境人間学研究科)、遠藤紀之(姫路エコテック株式会社)、野方靖行(電力中央研究所)、松村清隆(北里大学・海洋生命科学部)、安元剛(北里大学・海洋生命科学部)、井口亮(産業技術総合研究所)、頼末武史(兵庫県立大学兼兵庫県立人と自然の博物館)は、フジツボの幼生の着生を誘起することで知られていたフェロモンが、低濃度では着生を誘起せず、着生を抑制する働きを持つことを明らかにしました。
 本研究成果は2022年9月29日に、国際科学誌「Frontiers in Marine Science」の電子版に掲載されました。

 着生...幼生が岩盤などに付着し、変態すること。着生した個体は移動することができなくなるため、着生場所がその後の生息場所となる。

 ■本研究のポイント
 フジツボの幼生が同種の成体個体から分泌されるフェロモンの濃度情報を利用し、生息に適した着生場所を探索していることを明らかにしました。フジツボは海洋生態系における代表的な付着生物で、臨海発電所の冷却水系統や船底などの人工物に付着して、発電所の冷却効率低下や船舶の燃費増加を引き起こします。それらの影響は結果として二酸化炭素排出量の増加などにもつながっており、様々な環境的・経済的な悪影響が引き起こされています。このような生物付着を防ぐため、有機スズ化合物を含む防汚塗料などが広く使用されてきましたが、環境への悪影響により現在では国際的に使用が厳しく制限されています。そのため、新規な付着防除技術の開発が課題となっています。フジツボをはじめとした生物の着生メカニズムの解明は、この課題の解決にも貢献すると期待されます。

2 詳細

 別紙のとおり(※下のボタンをクリックしてください)
  別紙PDFファイル 

3 論文情報

 (1) タイトル
  Faint chemical traces of conspecifics delay settlement of barnacle larvae
  (同種個体のかすかな化学的痕跡はフジツボ幼生の着生を遅らせる)

 (2) 著者
  Shiori Kitade, Noriyuki Endo, Yasuyuki Nogata, Kiyotaka Matsumura, Ko Yasumoto, Akira Iguchi, Takefumi Yorisue
  (北出汐里、遠藤紀之、野方靖行、松村清隆、安元剛、井口亮、頼末武史)

 (3) 掲載誌
  Frontiers in Marine Science(掲載日:2022年9月29日)
  doi: 10.3389/fmars.2022.983389

4 問い合わせ先(研究に関すること)

 兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 准教授 / 兵庫県立人と自然の博物館 主任研究員 頼末 武史
 電話:079-559-2001(代表)
Copyright © 1992-2022, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.