サイトマップ |
文字サイズの変更

収蔵資料スペシャル企画「標本のミカタ~コレクションから新しい発見を生み出す~」第6回「いろんなキノコとコケを見てみよう」

1 主旨(「いろんなキノコとコケを見てみよう」)

 人と自然の博物館には190万点を超える資料が収蔵されています。「標本のミカタ」は、こうした資料をふんだんに使い、その面白さや自然の読み解き方を解説するスペシャル企画です。今年度第6回は「いろんなキノコとコケを見てみよう」と題し、菌類(キノコ)とコケ植物について解説いたします。

2 実施概要

 (1) 期 日 : 令和元年10月27日(日)13:00~16:00
 (2) 場 所 : 兵庫県立人と自然の博物館 4階ひとはくオープンラボ ほか
 (3) 展示物 : ・キノコ標本(三田市で見つかった大型キノコのモミタケ、不思議な形のコウボウフデ、
                吉川町産白トリュフなど、御影高校のキノコ標本)
         ・コケ植物標本(ひとはく所属のタイプ標本、本邦初公開マツタケの香りのするジャゴケなど)
         ・その他(キノコ色彩曼荼羅パネル、ひとはく所属のキノコ写真(伊沢正名撮影)、
              とれたて秋のキノコの展示など)

3 関連イベント(参加無料・申込不要)

 (1) オープンセミナー ひとはく探検隊「キノコGETだぜ!」
    ひとはくの建物の周りを歩いて、秋のキノコを探します。
  【時間】13:00~(所要時間約1時間)
  【場所】4階ひとはくサロンに集合
  【定員】20名・参加費無料
  【対象】どなたでも ※小学2年生以下は保護者の付き添いが必要。
   ※当日10:00から4階インフォメーションにて、参加申し込みの受付を開始。定員になり次第終了します。
   ※小雨決行。雨がひどい場合は「画はくの日」を行います。キノコの絵を描きましょう。


4 担当

 兵庫県立人と自然の博物館 自然・環境評価研究部 主任研究員 秋山 弘之

5 展示資料

specimen2019-6_1.jpg specimen2019-6_2.jpg specimen2019-6_3.jpg
三田市でみつかった巨大キノコ
モミタケ
吉川町産白トリュフの断面
大理石模様が特徴
松茸の香り豊かな
マツタケジャゴケ



企画展へもどる  収蔵資料スペシャル企画へもどる    


Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.