サイトマップ |
文字サイズの変更

収蔵資料スペシャル企画「標本のミカタ~コレクションから新しい発見を生み出す~」第1回「スミレの世界」

1 主旨(「スミレの世界」)

 標本資料をふんだんに使い、その面白さや標本を用いた自然の読み解き方を解説するスペシャル企画「標本のミカタ~コレクションから新しい発見を生み出す~」の第1回目「スミレの世界」では、日本に約50 種、兵庫県では約30種が知られるスミレの仲間を標本でご紹介します。

2 実施概要

(1) 期 日 : 令和元年5月12日(日)13:00-16:00
(2) 場 所 : 4階ひとはくサロン
(3) 展示物 : スミレ属、近縁属の標本 50点

3 関連イベント

(1) オープンセミナー
   「近畿地方のスミレについて」(牧嘉裕・山本義則 スミレ愛好会)
   13:00~13:30 場所:ひとはくサロン
   近畿地方に見られるスミレの分布と特徴、見分け方のポイントについてご紹介します。
(2)ギャラリートーク
   「兵庫県のスミレについて」(黒崎史平 頌栄短期大学名誉教授、ひとはく特任研究員)
   13:30~16:00 場所:ひとはくサロン
   スミレ標本の解説をいたします。
(3) オープンセミナー
   「画はくの日」スミレを描こう!(高野温子 主任研究員、フロアスタッフ)
   13:30~14:30 場所:深田公園(雨天の場合は博物館内に変更)
   深田公園に生えるスミレを描いてみよう。

4 担当

 兵庫県立人と自然の博物館 自然・環境評価研究部 主任研究員 高野温子

5 展示資料(予定)

specimen2019-1_higosumire.jpg specimen2019-1_tatitubo.jpg
ヒゴスミレ タチツボスミレ



企画展へもどる  収蔵資料スペシャル企画へもどる    


Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.