トピックス展「みんなでつくった・育てたビオトープ(模型)」

 三木市吉川町畑枝にあるミツカン三木工場の敷地内には、放置された森林や棚田跡を里山林や湿地ビオトープなどに活用した、多様な環境を有するビオトープがあります。このビオトープでは、ビオトープを計画する段階から、住民が参画し、ミツカンやひとはくとうまく役割分担をしながらかかわり合うことで、ビオトープ内外の環境を健全に育成・管理している点が特徴です。
   今回のトピックス展では、このビオトープで観察会や交流イベント、ビオトープの育成についての活動をおこなう「ミツカンよかわビオトープ倶楽部」が、手づくりで完成させた愛着いっぱいの活動模型を展示しながら、ミツカンよかわビオトープ倶楽部での取り組みをご紹介します(模型指導・監修:千里模型工房 八上潤一)。
 

1 展示概要

(1)期 間:平成27年7月26日(日)~10月25日(日)終了しました。
(2)場 所:兵庫県立人と自然の博物館 3階 トピックス展示コーナー
(3)展示物:模型(630×480×200mm)、解説、写真等 10点程度

2 担当

  兵庫県立人と自然の博物館 自然・環境マネジメント研究部 藤本真里・大平和弘

3 展示予定の模型・写真

mokei1.jpg   mokei2.jpg
   
手づくり活動模型の全景        人やトンボやカエルで賑わう楽しい模型


katudou1.jpg   katudou2.jpg
    
倶楽部の活動の様子         模型の地面をつくる倶楽部の子どもたち

企画展へもどる

 


Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.