収蔵資料スペシャル企画「標本のミカタ~コレクションから新しい発見を生み出す~」第6回「モミジをさがせ!」

11_a4_hp.jpg

1 主旨

 標本資料をふんだんに使い、その面白さや標本を用いた自然の読み解き方を解説するスペシャル企画「標本のミカタ~コレクションから新しい発見を生み出す~」の第6回「モミジを探せ!」では、日本に30数種、兵庫県では17種が知られる、モミジの仲間であるカエデ属植物を標本で紹介するほか、モミジと名がついているけれどカエデ属ではない植物、モミジによく間違われる植物、最近のDNAを使った研究で明らかになった、意外なモミジの親戚たちをご紹介します。

 

2 実施概要
(1) 期 日:平成30年11月11日(日)13:00~16:30
(2) 場 所:兵庫県立人と自然の博物館 4階大セミナー室
(3) 展示物:カエデ属、近縁属の標本 55点

3 関連イベント

(1) ギャラリートーク「カエデってなあに?~カエデの分類今昔~」 (高野温子 研究員)
  13:00~13:20 場所:4階大セミナー室
  カエデってどんな植物?カエデという植物の特徴と見分け方、
  最近のDNAを使った研究で明らかになってきた進化の歴史についてお話します。
(2) オープンセミナー
 ア「くるくる回って落ちる種子を観察しよう!」 (橋本佳延 研究員)
  13:30~14:30  場所:4階大セミナー室
  モミジをはじめ、くるくる回っておちる種を飛ばしてみよう。
 イ「画はくの日 モミジを描こう!」 (高野温子 研究員)
  13:30~14:30  場所:4階ひとはくサロン
  色んなモミジの葉っぱがあるよ。好きなものを絵に描いてみよう。
 ウ「ひとはく探検隊-番外編- モミジを観察しよう!」 (黒田有寿茂 研究員)
  14:45~15:30  集合:4階ひとはくサロン(定員20名)
  博物館周辺に生えているモミジの仲間を実際に見に行こう。

4 担当
  兵庫県立人と自然の博物館 自然・環境評価研究部 主任研究員 高野温子
                 自然・環境再生研究部 主任研究員 橋本佳延

5 展示資料(予定)

oomomiji.jpg tidorinoki.jpg
       オオモミジ標本                チドリノキ標本


企画展へもどる         収蔵資料スペシャル企画へもどる


 


Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.