「ひょうごの昆虫展」

1 主旨

 兵庫県にはさまざまな種類の昆虫がみられますが、今回の展示では当館が収集してきた兵庫県産昆虫標本およそ1000点を展示します。兵庫県の昆虫を扱った展示としては、もっとも多くの種数の展示となります。主要な分類群であるコウチュウ目、チョウ目、ハチ目、ハエ目、カメムシ目、アミメカゲロウ目などを網羅的に展示するのは初めてで、マイナーな昆虫もみられるのがみどころです。また、兵庫県版レッドリストでAランクのゲンゴロウやダイコクコガネなど、現在ではほとんど見られなくなった種も展示します。
 関連講座では、夏休み期間中に「昆虫の名前しらべ」を行いますので、自由研究の参考に展示とともにご活用いただけます。

2    展示概要
(1)期 間:平成28年6月25日(土)〜9月4日(日) 終了しました。
(2)場 所:兵庫県立人と自然の博物館 4階ひとはくサロン
(3)展示物:兵庫県産昆虫標本 約1000点

3   担当
  兵庫県立人と自然の博物館 自然・環境評価研究部  主任研究員  山内健生

4    展示内容

          kontilyu1-1.jpg     kontilyu1-2.jpg

5 関連講座
(1)昆虫標本をスケッチしよう
     日 時:平成28年8月6日(土)13:00~15:00
     場 所:兵庫県立人と自然の博物館 4階ひとはくサロン
         当日受付、無料
     内 容:セミ,トンボ,チョウ,カブトムシなど,いろいろな昆虫標本を間近にみながらスケッチします。
(2) 昆虫の名前しらべ
     日 時:平成28年8月21日(日)14:00~16:00
         平成28年8月26日(金)13:00~15:00
     場 所:兵庫県立人と自然の博物館 4階ひとはくサロン
       当日受付、無料
     内 容:夏休みに採集した昆虫の名前調べをお手伝いします。
                   自分で採集した昆虫標本を、顕微鏡や図鑑を使って調べてみましょう。


企画展へもどる

 


Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.