「ファーブルの故郷(ふるさと)からのメッセージ-ひとはくとフランス アヴェロン県・ミクロポリスの国際交流活動報告展」

1 主旨

 2000年に淡路島で開催された国際園芸・造園博「ジャパンフローラ2000」のファーブル展示を契機に、フランス アヴェロン県は2000年11月に兵庫県と姉妹・友好提携を結び、文化や経済などで交流を深めてきました。同県はファーブルの夢であった世界最大の昆虫館「ミクロポリス」を設立し、昆虫の展示だけでなく地域の環境や生涯学習の拠点として「人と自然の共生」に取り組んでいますが、同じ目的を有するひとはくはミクロポリスと展示交流などの活動も行ってきました。
 そこで、2015年はファーブルが世を去って100年の節目にあたることから、これまでの活動を紹介するとともに、ファーブルの故郷からのメッセージを皆さんにお届けします。

2 展示概要
(1)期 間:2016年4月10日(日)〜2016年5月8日(日)終了しました。
(2)場 所:兵庫県立人と自然の博物館 4階 ひとはくサロン
(3)展示物:
          ・ファーブル逝去100年の記念切手
          ・ミクロポリス館の展示品のミニチュア(虫を擬人化して,昆虫の翅の形態を説明した展示物)
      ・アヴェロン県、ミクロポリス館、ファーブル博物館の各紹介パネル等
          ・交流活動、アヴェロン県見所、ミクロポリス館展示等のスライドショー ほか
    ・(人博収蔵の標本から)昆虫記に登場する昆虫の標本


3 担当
  兵庫県立人と自然の博物館 自然・環境評価研究部主任研究員 橋本佳明 

4 展示予定の模型・写真

 fabre1.jpg  fable2.jpg



企画展へもどる
Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.