サイトマップ |
文字サイズの変更

但馬牛博物館×ひとはくコラボ展「もっと知ろう!但馬牛!!~日本農業遺産『人と共生する美方地域の但馬牛』~」

tajima2019_top.jpg

1 主旨

 但馬牛はその昔、農耕に使われ、子牛を生産し、田畑に堆肥を供給して農家の暮らしを支え、家族同然の深いきずなで結ばれていました。特に美方郡ではこれらの営みが高く評価され、平成31年に畜産部門では初めての日本農業遺産に認定されました。
 「但馬牛ってなに?」「どのようにして今の但馬牛ができたの?」「但馬牛と神戸ビーフの関係は?」などのテーマに沿って但馬牛を紹介します。


2 概要

 (1) 期間:令和3年10月23日(土)~12月26日(日)
 (2) 場所:兵庫県立人と自然の博物館 4階ひとはくサロン

3 主催等

 主催:兵庫県立但馬牧場公園、但馬牛博物館
 共催:兵庫県立人と自然の博物館

4 その他

 特別イベント「クイズ!但馬牛と神戸ビーフのひみつ」
  ・日時:令和3年10月31日(日) 第1回 11:00~11:30/第2回 13:30~14:00
  ・場所:兵庫県立人と自然の博物館 4階実習室
  ・対象:幼児を含む家族
  ・定員:各回10組30名程度
  ・参加費:無料
  ・申込:こちらからお申し込み下さい。 ※締切:令和3年10月20日(水) →引き続き募集中

5 問い合わせ先

 <企画展について>
  兵庫県立但馬牧場公園
  TEL:0796-92-2641
 <会場について>
  兵庫県立人と自然の博物館
  TEL:079-559-2001

◎ リーフレットは こちら

tajimaushi2021_photo1.jpg   tajimaushi2021_photo2.jpg
愛くるしい子牛の模型 ほのぼのする牛たちの写真

企画展へもどる


Copyright © 1992-2021, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.