サイトマップ |
文字サイズの変更

但馬牛博物館×ひとはくコラボ展「但馬牛のひみつと牧場公園の自然」

tajima2019_top.jpg1 主旨

 昔から但馬牛は兵庫県但馬地方で飼われていた牛です。農耕を手助けしただけでなく、子牛の生産や田んぼ使う肥料を供給して農家の暮らしを支え、家族同然の深い絆で結ばれていました。「但馬牛ってなに?」「但馬牛はオンリーワンってどういうこと?」「但馬牛のルーツは?」これらのテーマに沿って但馬牛を紹介するとともに、但馬牧場公園と周辺の昆虫や植物、化石についても紹介します。

2 概要

(1) 期 間 令和元年7月13日(土)~9月1日(日)
(2) 場 所 兵庫県立人と自然の博物館 4階ひとはくサロン
(3) 展示物 石碑の拓本、田んぼをすく牛と人(模型)、
      古写真、鼻紋スタンプ、自然系資料
      (昆虫標本、植物写真、化石)など

3 関連イベント

○ 夏休み自由研究特集「むし・うし・そうめん流し」
   申込不要/当日受付/先着順
   昆虫大捜査線(オープン、無料)、
   牛のお医者さん(定員40名、無料)、
   そうめん流し(定員100名、100円) ほか
  ・日時 7月21日(日)10:00-15:00
  ・会場 兵庫県立但馬牧場公園
  ・案内チラシは こちら

○ 一般セミナー 但馬牛博物館館長の語る「但馬牛のひみつ」
  ・日時 8月6日(火)13:30-15:00
  ・会場 兵庫県立人と自然の博物館 4階実習室
  ・申し込みは こちら

○ オープンセミナー 学芸員によるギャラリートーク「但馬牛クイズ」
  ・日時 8月18日(日)1回目12:30~、2回目14:00~
  ・会場 兵庫県立人と自然の博物館  4階ひとはくサロン

4 主催等

○ 主催:兵庫県立但馬牧場公園、但馬牛博物館
○ 共催:兵庫県立人と自然の博物館
○ 協力:神戸ビーフ館、おもしろ昆虫化石館

5 担当

兵庫県立人と自然の博物館 自然・環境評価研究部 主任研究員 半田久美子


◎ パンフレットは こちら (※リンクをクリック)

企画展へもどる


Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.