サイトマップ |
文字サイズの変更

収蔵資料スペシャル企画「標本のミカタ~コレクションから新しい発見を生み出す~」2022年度・第2回「ひとはくの鳥類標本コレクション」

1 主旨(ひとはくの鳥類標本コレクション)

 ひとはくでは、令和4年10月に新収蔵庫棟「コレクショナリウム」がオープンしました。今回は、コレクショナリウムの1階に整備された「コレクション・ギャラリー」で公開している鳥類標本コレクションの楽しみ方を解説します。
 コレクション・ギャラリーは、本来は非公開の収蔵庫内をガラス張りにして、観覧できるよう工夫しています。普段は目にすることの少ない鳥類標本を、是非お楽しみください。

2 実施概要

 (1) 日 時:令和4年12月11日(日)13:00~14:00
 (2) 場 所:兵庫県立人と自然の博物館 コレクショナリウム1階
 (3) 展示物:鳥類標本(本剥製 225点)研究員が解説 ※事前受付不要

specimen2022-2_1.jpg specimen2022-2_2.jpg
【写真1】
 10月にオープンした公開エリア
【写真2】
 公開中の鳥類標本コレクション(225点)

解説概要


展示解説「収蔵資料展『ひとはくの鳥類標本をお見せします!』」(解説:布野隆之研究員)

3 担当

 兵庫県立人と自然の博物館 自然・環境マネジメント研究部 研究員 布野 隆之


収蔵資料スペシャル企画へもどる

企画展へもどる
Copyright © 1992-2022, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.