サイトマップ |
文字サイズの変更

ご利用案内

交通アクセス

利用案内(観覧料金)

団体でのご利用

バリアフリー情報

ひとはくの展示

セミナー情報


ひとはく活用術

移動博物館車 ゆめはく

ひとはくセミナー倶楽部

ひとはく新聞ハーモニー

恐竜化石

ひとはくKids

行政や企業の方へ「シンクタンク事業」

学校関係者の方へ「学校教育支援」


自然・環境評価研究部
地球科学研究グループ
主任研究員・研究グループ長
兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 地球科学研究部門 教授.
佐藤 裕司【SATO, Hiroshi】
経歴・所属等
昭和32年大阪府生.神戸大学大学院理学学研究科修士課程修了.学術博士.日本第四紀学会,日本藻類学会,日本珪藻学会,日本環境教育学会等所属.
研究部以外の配属室と仕事
1.次長
博物館における研究及び事業全体の管理運営,自然・環境科学研究所長,環境人間学研究科共生博物部門長
2.恐竜タスクフォース
TFリーダー.事業全体の進捗管理,タスク会議の主催,関係機関との連携推進
3.プロジェクト
加東市との連携と環境学習事業への支援.分担者
地学系収蔵庫の資料整理の推進.分担者

<研究開発>
1.調査研究
■特別課題研究(個人研究)
1.過去100万年の海水準変動に関する研究
2.兵庫県における人類紀の環境変遷史に関する研究
3.淡水産および汽水産藻類の多様性と水環境保全に関する研究
4.自然史リテラシーの涵養のための環境教育プログラム開発
■論文・著書
田中俊雄・佐藤裕司・加藤茂弘(2019)前期更新世における大阪堆積盆地の北西部の環境変遷.人と自然,30,1-22.
■その他著作
佐藤裕司(2019)シリーズ「人と自然,地域と向き合う-人博の多様な調査・研究活動の歩み」,第6回「兵庫の海にさぐる氷河時代の環境変動」(自然とむきあう)https://www.hitohaku.jp/publication/30thanniv-humans&nature.html
■助成を受けた研究
恐竜化石産出地域における生涯学習プログラムの開発と体制の構築.文部科学省科学研究費補助金基盤研究(C),研究分担者(2019年度6千円/総額364万円
2.資料収集・整理
■資料収集
2019.4-2020.3,兵庫県下の第四紀地質資料の収集,現生淡水藻類の標本採集.神戸市・加西市・丹波市・上郡町など.
■整理同定担当資料
第四紀古環境資料,淡水産藻類標本.

<事業推進>
1.生涯学習事業
■セミナー
館主催セミナー
佐藤裕司,2019.5,オープンセミナー「アンモナイト石けんを作ろう!」,博物館(63名)
佐藤裕司,2019.10,オープンセミナー「アンモナイト 石けんを作ろう!」,博物館(54名)
佐藤裕司,2019.11,オープンセミナー「アンモナイト石けんを作ろう!」,博物館(48名)
佐藤裕司,2019.12,オープンセミナー「アンモナイト石けんを作ろう!」,博物館(44名)
佐藤裕司,2020. 2,オープンセミナー「アンモナイト石けんを作ろう!」,博物館(60名)
佐藤裕司,2019. 4,一般セミナー「地質巡検 -西宮市仁川で'ひょうごの150万年史'をさぐる-」,野外(12名)
佐藤裕司,2019. 7,一般セミナー「瀬戸内海の2万年~人と自然の環境史をさぐる~」,博物館(24名)
佐藤裕司,2019.11,特注セミナー「地球史から読み解く温暖化問題」,レンゴー労働組合三田支部,博物館(13名)
佐藤裕司,2019.11,特注セミナー「地球史から読み解く
温暖化問題」,尼崎地区地球温暖化防止活動推進会,博物館(28名)
館外講演
佐藤裕司,2019.5,西宮市宮水学園山口地域講座「地球誕生から46億年 地層からさぐる氷河時代の環境変動」,山口ホール.(54名)
兵庫県立大学・大学院教育
全学共通教育「共生博物学」(教養教育科目「ひょうご県大特色科目」,オムニバス形式,分担)
陸・水圏自然史特別演習(主任)
非常勤講師
2019.6,「瀬戸内海学入門」,神戸大学・大学教育推進機構.
■連携事業
協力事業
2019.12,丹波竜フェスタ普及講演会,丹波市,やまなみホール.(事業運営)
■担い手成長支援事業
連携活動グループ・地域研究員
野生生物を調査研究する会,副担当(協働)
岸本清明,主担当(協働)
東山真也,主担当(協働)
河村幸子,主担当(協働)
田中俊雄,主担当(協働)
中西一成,主担当(協働)
■学校教育支援
トライやるウィーク
2019.5,三田市立上野台中学校,三田市立挾間中学校,三田市立けやき台中学校,三田市立藍中学校(各校1名)
2019.11,神戸市立鈴蘭台中学校,神戸市立有野中学校,神戸市立有野北中学校,神戸市立北神戸中学校(各校1名)
学校団体対応
2019.10,「水のはなし」,朝来市立生野中学校1年生
2019.10,「地球温暖化のはなし」,丹波篠山市立篠山東中学校1年生
2019.12,「地球史から読み解く温暖化問題」,愛媛県立松山南高校,博物館
■研修生等の受入
博物館実習
2020.2,神戸大学博物館実務実習,理学部惑星学科(8名)
■展示
2020.2-4,ミニ企画展「ひとはく研究員展2020」,博物館,分担者.
2.シンクタンク事業
■受託研究
神戸大学博物館実務実習.神戸大学大学院理学研究科,代表者(17.4万円)
■収蔵庫・ジーンファームの公開
地学系収蔵庫等の案内,3回,17名.
■行政等支援
委員会等(計7件)
2019.4-2020.3,貴重な野生生物等専門委員会(植物)委員,兵庫県農政環境部環境創造局自然環境課.
2015.4-2020.3,生物多様性アドバイザー,兵庫県農政環境部環境創造局自然環境課.
2018.7-2021.6,希少野生動植物種保存推進員,環境省自然環境局.
2016.4-2020.3,篠山市脊椎動物化石保護・活用委員会,委員,篠山市教育委員会.
2018.8-2020.8,三田市環境審議会,会長,三田市市民生活部環境共生室.
2019.4-2020.3,兵庫県立加古川東高校SSH運営指導委員会,委員,兵庫県教育委員会高校教育課.
2019.4-2020.3,やしろの森公園協会,評議員,兵庫県立やしろの森公園.
相談・指導助言
来訪者28件,55名.メール35件.

Copyright © 1992-2021, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.