ご利用案内

交通アクセス

利用案内(観覧料金)

団体でのご利用

バリアフリー情報

ひとはくの展示

セミナー情報


ひとはく活用術

移動博物館車 ゆめはく

自然・環境科学研究所

恐竜化石

ひとはくKids

行政や企業の方へ「シンクタンク事業」

学校関係者の方へ「学校教育支援」


自然・環境評価研究部/系統分類研究グループ
主任研究員
山内 健生【Takeo YAMAUCHI】
経歴・所属等
兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 系統分類部門 准教授.
昭和51年広島県生まれ.九州大学大学院比較社会文化学府国際社会文化専攻博士後期課程単位取得満期退学.博士(学術).
日本衛生動物学会,日本昆虫学会,日本ダニ学会,日本ペストロジー学会,都市有害生物管理学会,日本鱗翅学会,日本蛾類学会,日本昆虫分類学会,日本生物地理学会,日本動物分類学会,ワシントン寄生虫学会等所属.
事業部での配属室もしくは研究開発会議での仕事
■事業推進部門
 生涯学習推進室
 

<研究開発>
1.調査研究
■特別課題研究(個人研究)
1.感染症媒介動物の生態・分類に関する研究
2.海産等脚目甲殻類の分類学的研究
3.チョウ目昆虫の分類学的研究
4.博物学史に関する研究
論文・著書
◎山内健生・高見咲恵・廣田編子・高瀬優子・田丸真奈維 (2017) 子供を対象とした蚊の採集と観察に関する実習の実践. 都市有害生物管理, 7(1): 15-21.
Osawa, T., Baba, Y. G, Suguro, T., Naya, N. and Yamauchi, T. (2017) Specimen records of spiders (Arachnida: Araneae) by monthly census for 3years in forest areas of Yakushima Island, Japan.Biodiversity Data Journal. 5: e14789.
◎橋本知幸,皆川恵子,數間 亨,武藤敦彦,葛西真治,駒形 修,前川芳秀,冨田隆史,渡辺 護,澤邉京子,白石 都,大石英明,
山内健生,五十嵐真人,池田文明 (2017) 人の活動域に生息するマダニに対する衛生害虫用殺虫剤の防除効果. 衛生動物, 68(3): 101-108.
Fujita R, Ejiri H, Lim CK, Noda S, Yamauchi T,Watanabe M, Kobayashi D, Ito MT, Murota K,Herrera GP, Minami S, Kuwata R, Yamaguchi Y,Horiya M, Katayama Y, Shimoda H, Saijo M,Maeda K, Mizutani T, Isawa H, Sawabe K. (2017)Isolation and characterization of Tarumizu tick
virus: a new coltivirus from Haemaphysalis flavaticks in Japan. Virus Research: 242C: 131-140.
山内健生・柿沼 進(2018) 山口県の海浜におけるウスバカゲロウ科3 種の記録. 豊田ホタルの里ミュージアム研究報告書, 10: 1-3.
山内健生・辻 雄介(2018) フライトインターセプトトラップによるヤマトマダニの採集例.豊田ホタルの里ミュージアム研究報告書, 10:157-158.
山内健生・奥島雄一 (2018) 岡山県におけるシラミバエ科2 種の記録. 倉敷市立自然史博物館研究報告, 33: 5-6.
◎山内健生・柏尾 翔(2018) きしわだ自然資料館に収蔵されているウオノエ科標本. きしわだ自然資料館研究報告, 5: 55-57.
山内健生・松野茂富(2018) 四国西部の島嶼におけるヒロバカゲロウ科,ウスバカゲロウ科,ツノトンボ科の記録. 四国自然史科学研究,11: accepted.
◎今泉忠明・篠永 哲・夏秋 優・山内健生・城川四郎 (監修) (2017) 学研の図鑑LIVE(ライブ)ポケット⑤ 危険・有毒生物. 208pp. 学研プラス, 東京.
◎山内健生 (2017) pp.14-20, 22-23, 68-70, 82-92,94-95. 小学館の図鑑・NEO 危険生物(根本徹・北川吉隆・尾和みゆき・泉田賢吾編).191pp. 小学館, 東京.
◎齋藤暢宏・山内健生 (2017) ときどき魚の口に見られるダンゴムシのような動物は何ですか? pp. 77-79. みんなが知りたいシリーズ⑥ エビ・カニの疑問50(日本甲殻類学会編). 177pp. 成山堂書店, 東京.
その他著作
◎山内健生 (2017) マダニの採集方法いろいろ.PMP ニュース, 361.
[http://www.hohto.co.jp/pmpnews/pmp361_1/]
山内健生 (2017) とやまの自然と人々と6 大塚外次(5). 実業之富山, 72(5): 22-23.
山内健生 (2017) とやまの自然と人々と7 大塚外次(6). 実業之富山, 72(7): 22-23.
◎山内健生 (2017) ネコやイヌに寄生するマダニ. PMP ニュース, 364.
[http://www.hohto.co.jp/pmpnews/pmp364_1/]
山内健生 (2017) とやまの自然と人々と8 大塚外次(7). 実業之富山, 72(9): 26-27.
◎山内健生 (2017.11.1) マダニから身を守る方法. PMP ニュース, 367.
[http://www.hohto.co.jp/pmpnews/pmp367_1/]
山内健生 (2017) とやまの自然と人々と9 大塚外次(8). 実業之富山, 72(11): 26-27.
山内健生・久後地平・西田昭夫・原 昌久・西村 登 (2017) 愛惜の生態学者可児藤吉氏の生地訪問及び墓参り. 兵庫陸水生物, 67/68:53-57.
山内健生 (2018) とやまの自然と人々と10 大塚外次(9). 実業之富山, 73(1): 52-53.
◎山内健生 (2018) マダニに刺されてしまったら. PMP ニュース, 370.
[http://www.hohto.co.jp/pmpnews/pmp370_2/]
◎山内健生(2018) 編集後記. ひとはく通信ハーモニー, 100: 4.
山内健生 (2018) とやまの自然と人々と11 大塚外次(10). 実業之富山, 73(3): 22-23.
◎山内健生(2018) 2017 年の台湾の旅を振り返って. 2017 年高校生のための生きもの調査体験ツアーin 台湾実施報告書(公益財団法人国際花と緑の博覧会記念協会・兵庫県立人と自然の博物館編) 公益財団法人国際花と緑の博覧会記念協会・兵庫県立人と自然の博物館.
研究発表
津田良夫,前川芳秀,葛西真治,皆川恵子,数間 亨,堀口智博,山内健生,沢辺京子(2017)
岡山市の公共施設と住宅地におけるヒトスジシマカの発生状況調査(2015 年,2016 年). 第69 回日本衛生動物学会大会 長崎大学(長崎市)
前川芳秀,津田良夫,山内健生,五十嵐真人,數間 亨,佐藤裕蔵,金山隆一,沢辺京子(2017) 山裾の墓地から発生するヒトスジシマカの移動に関する実験. 第69 回日本衛生動物学会大会 長崎大学(長崎市)
橋本知幸,皆川恵子,數間 亨,武藤敦彦,葛西真治,前川芳秀,渡辺 護,冨田隆史,駒形修,沢辺京子,山内健生,白石 都,大石英明(2017) 4 種殺虫剤の野外生息マダニに対する駆除効果. 第69 回日本衛生動物学会大会 長崎大学(長崎市)
佐賀由美子,名古屋真弓,長谷川澄代,稲崎倫子,稲畑 良,米田哲也,板持雅恵,青柳由美子,渡辺 護,山内健生,小渕正次(2017) 富山県におけるマダニの紅斑熱群リケッチアおよび重症熱性血小板減少症候群ウイルス保有状況調査. 第72 回日本衛生動物学会西日本支部大会 京都テルサ(京都市)
学会役員など
日本衛生動物学会,常任幹事(学会誌編集長),
編集委員,情報委員.
日本衛生動物学会西日本支部,幹事.
都市有害生物管理学会,評議員,編集委員.
日本昆虫分類学会,評議員.
投稿原稿の査読:Crustacean Research,International Journal of Marine Sciences,Medical Entomology and Zoology,Bird Research.
助成を受けた研究
形態と遺伝子に基づく魚類寄生虫ウオノエ科の分類と幼生期形態の解明.科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(若手研究(B)).代表者(2017 年度60 万円/総額320 万円)
iDNA による哺乳類調査法の確立と実践.科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(挑戦的研究(萌芽))分担者(2017 年度35 万円/総額477 万円)
生態系管理に基づく野生動物由来感染症対策.科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)
(基盤研究(A))分担者(2017 年度140 万円/総額5000 万円)
新興・再興感染症を媒介する節足動物の対策に関する研究.日本医療研究開発機構研究費(新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研
究事業).分担者(2017 年度100 万円/総額840万円)
海外調査
2017.8, 台湾・台北

2.資料収集・整理
■資料収集
2017.5-10, マダニ類.兵庫県.
2017.8, 蚊類.兵庫県,島根県,岡山県.
受贈担当資料
2017.11, 昆虫類(近藤文彦氏コレクション).32,300 点.
2018.3, 昆虫類(田中将宏氏コレクション).13,000点.
整理同定担当資料
昆虫類(チョウ目,ノミ目,コウチュウ目,アミメカゲロウ目,カメムシ目,シラミ目),甲殻類(等脚目),ダニ類(マダニ目).

<事業推進>
1.生涯学習事業
■セミナー
館主催セミナー
◎山内健生,2017.5,オープンセミナー「甲殻類標本をスケッチしよう」,博物館.(22 名)
◎山内健生,2017.6,特注セミナー「身近な衛生動物の話」,博物館.(20 名)
◎山内健生,2017.6,特注セミナー「わくわく昆虫ワールド」,博物館.(19 名)
◎山内健生,2017.6,一般セミナー「虫を見分ける」,博物館.(2 名)
◎山内健生・フロアスタッフ,2017.6,ひとはく探検隊「いきものミッケ!」,博物館.(33 名)
◎三枝春生, 古谷裕, 山内健生,2017.7,特注セミナー「収蔵庫見学」,博物館.(26 名)
◎山内健生,2017.7,オープンセミナー「昆虫の名前しらべ1」,博物館.(6 名)
◎山内健生,2017.8,オープンセミナー「昆虫の名前しらべ2」,博物館.(8 名)
◎山内健生,2017.8,オープンセミナー「昆虫の◎山内健生,2017.8,オープンセミナー「昆虫の名前しらべ3」,博物館.(24 名)
◎山内健生,2017.9,一般セミナー「蚊を調べる」,博物館.(3 名)
◎山内健生,2017.9,特注セミナー「むしとりペナントレース」,博物館.(154 名)
◎山内健生,2017.10,一般セミナー「マダニの観察」,博物館.(12 名)
◎山内健生,2017.11,特注セミナー「知っておきたいマダニの話」,博物館.(21 名)
◎山内健生,2017.11,特注セミナー「わくわく昆虫ワールド」,博物館.(21 名)
◎山内健生,2017.12,特注セミナー「わくわく昆虫ワールド」,博物館.(85 名)
◎山内健生,2017.12,特注セミナー「身の回りの危険生物を知って安全に暮らそう」,博物館.(82名)
◎山内健生・高野温子・布野隆之,2017.12,オープンセミナー「収蔵庫ツアー」,博物館.(33 名)
◎山内健生,2017.12,特注セミナー「知っておきたいマダニの話」,博物館.(6 名)
◎鈴木武・山内健生,2017.12,特注セミナー「収蔵庫見学」,博物館.(5 名)
館外講演
◎山内健生,2017.5,「こわいけどおもしろい?マダニのはなし」きしわだ自然資料館(17 名)
◎山内健生,2017.8,「【サイエンスカフェ】「招かれない虫」のはなしマダ二から身を守る方法を学ぼう」,もりのみやキューズモールまちライブラリー(14 名)
◎山内健生,2017.9,平成29 年度第38 回都市緑化のための土壌・農薬・病害虫対策研修会,兵庫県民会館(31 名)
◎山内健生,2018.2,大阪府ペストコントロール協会「知っておきたいマダニの話」,ホテルアウィーナ大阪(61 名)
◎山内健生,2018.3,サイエンストライやる「吸血害虫の世界」,宝塚市立高司中学校(119 名)
兵庫県立大学・大学院教育
兵庫県立大学 大学院 環境人間学研究科 共生博物学部門 修士課程大学院生1 名の指導(副指導教員として)
テレビ・ラジオ等出演
2017.7,蚊について,読売テレビ「かんさい情報ネットten」
2017.7,マダニについて,フジテレビ「Mr.サンデー」
2017.7,マダニについて,関西テレビ「みんなのニュース 報道ランナー」
2017.7,マダニについて,テレビ朝日「羽鳥慎一のモーニングショー」
2017.7,マダニについて,毎日放送「ちちんぷいぷい」
2017.9,マダニについて,フジテレビ「その原因Xにあり」
担い手成長支援事業
成果発表
2017.2 共生のひろば 「高校生のための生きもの調査体験ツアーin 台湾」活動報告(口頭・展示)
共催・協力・後援事業
企画展「ザ・モンスター~海と陸のへんてこ生物たち~」,徳島県立博物館
第11 回秋のラン展,富山県中央植物園
第31 回ミニ企画展「切手に描かれたいきもの」, 豊岡市立歴史博物館-但馬国府・国分寺館-
第51 回特別展「巨大昆虫・微小昆虫」,面河山岳博物館
コスモスセミナー自然観察教室2017"集まれ!生きもの好きな子どもたち", 公益財団法人国際花と緑の博覧会記念協会
■学校教育支援
講師派遣
2017.6,「スーパーむしむしキャンプ」,講師,三田市野外活動センター159 名
2017.8,「高校生のための生きもの調査体験ツアーin 台湾」,講師,台北市立動物園・東眼山37 名
2017.8,(公財)国際花と緑の博覧会記念協会コスモスセミナー「自然観察教室~集まれ生きもの好きな子どもたち~」,講師,兵庫県立奥猪名健康の郷30 名
2017.8,第31 回ミニ企画展関連イベント「昆虫博士と虫さがし」,講師,豊岡市立歴史博物館―但馬国府・国分寺館―25 名
2017.9,森のセミナー「蚊を観察してみよう」,講師,姫路自然観察の森17 名
2017.11,平成29 年度アカデミック・ツーリズム,淡路島・沼島30 名
展示
2017.7~9,開館25 周年記念展示「山内研究員が選ぶ衛生動物25 選」,担当者
2018.3~,常設展示「稲原延夫コレクション」,担当者

2.シンクタンク事業
■収蔵庫・ジーンファームの公開
生物系収蔵庫の案内,15 回.
行政等支援
相談・指導助言
来訪者 20 件,25 名.電話・FAX 相談30 件,メイル相談30 件.

Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.