ご利用案内

交通アクセス

利用案内(観覧料金)

団体でのご利用

ひとはくの展示

セミナー情報


ひとはく活用術

移動博物館車 ゆめはく

自然・環境科学研究所

恐竜化石

ひとはくKids

行政や企業の方へ「シンクタンク事業」

学校関係者の方へ「学校教育支援」


自然・環境評価研究部/系統分類研究グループ
主任研究員
山内 健生【Takeo YAMAUCHI】
経歴・所属等
兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 系統分類部門 准教授.
昭和51年広島県生まれ.九州大学大学院比較社会文化学府国際社会文化専攻博士後期課程単位取得満期退学.博士(学術).
日本衛生動物学会,日本昆虫学会,日本ダニ学会,日本ペストロジー学会,都市有害生物管理学会,日本鱗翅学会,日本蛾類学会,日本昆虫分類学会,日本生物地理学会,日本動物分類学会,ワシントン寄生虫学会等所属.
事業部での配属室もしくは研究開発会議での仕事
■タスクフォース
 ビジョン実現タスクフォース

<研究開発>
1.調査研究
■特別課題研究(個人研究)
1.感染症媒介動物の生態・分類に関する研究
2.海産等脚目甲殻類の分類学的研究
3.チョウ目昆虫の分類学的研究
4.博物学史に関する研究
論文・著書
末吉昌宏・山内健生 (2015) 富山県のミバエ科. まくなぎ, 26: 39-50.
Hornok, S., Estrada-Peña, A., Kontschán, J., Plantard, O., Kunz, B., Mihalca, A. D., Thabah, A., Tomanović, S., Burazerović, J., Takács, N., Görföl, T., Estók, P., Tu, V. T., Szőke, K., Fernández de Mera, I. G., de la Fuente, J., Takahashi, M., Yamauchi, T. and Takano, A. (2015) High degree of mitochondrial gene heterogeneity in the bat tick species Ixodes vespertilionis, I. ariadnae and I. simplex from Eurasia. Parasites & Vectors, 8: 457.
Takahashi, N. and Yamauchi, T. (2015) Records of Malthodes species (Coleoptera, Cantharidae, Malthininae) from Yaku Island, Southwest Japan. Elytra (New Sereis), 5(2): 339-342.
馬場友希,須黒達巳,山内健生 (2015) 屋久島におけるヤマトジャノメグモの国内47年ぶりの記録. Fauna Ryukyuana, 26: 23-26.
山内健生・小松謙之・仲村 昇 (2015) キタトリシラミバエの飼育. 都市有害生物管理, 5(2): 73-74.
◎山内健生・高野温子 (2015) 本州においてアキギリ属植物を訪花したツリアブ類とハナアブ類の記録. 人と自然, 26: 71-74.
山内健生・高野 愛・姉崎智子 (2016) 群馬県のアライグマとツキノワグマから採取されたノミ類. 群馬県立自然史博物館研究報告, 20: 181-182.
◎山内健生 (2016) 第2章 病気を起こすダニ①(マダニ) 2.1 マダニとは, pp. 26-35. ダニのはなし―人間との関わり―. 島野智之・高久 元(編). viii + 180 pp. 朝倉書店, 東京.
その他著作
山内健生・渡辺 護 (2015) 石川県白山市尾添においてライトトラップで採集されたアブ科. はなあぶ, (40): 7-8.
山内健生 (2015) 新著紹介 自然史学会連合 監修 理科好きな子に育つふしぎのお話365. 衛生動物, 66(3): 139.
山内健生 (2015) マダニ図説作成裏話. APEX CLUB, 40: 2.
◎上村 清・小林 貞・青木淳一・平林公男・山内健生 (2016) 佐々学が新種記載した動物目録. pp. 149-198. 佐々学先生と私・史料集. 229pp. 山内健生 (編). 佐々学生誕100年記念事業実行委員会, 下野.
山内健生 (2016) 編集後記 ―お会いしたかった佐々先生―. p. 229. 佐々学先生と私・史料集. 229pp. 山内健生 (編). 佐々学生誕100年記念事業実行委員会, 下野.
◎産経新聞(兵庫) 2016.3.11 ひとはく通信 マダニ媒介感染症.
■研究発表
山内健生(2015)マダニ類を題材とした博物館展示・実習の試み.都市有害生物管理学会第36回大会,東京農業大学世田谷キャンパス,東京.
伴 光哲・山内健生(2015)屋久島の原生的照葉樹林とスギ人工林におけるナガカメムシ相.日本昆虫学会第75回大会,九州大学箱崎キャンパス,福岡市.
山内健生(2015)日本産魚類に寄生するウオノエ科等脚類について.日本甲殻類学会第53回大会,東京海洋大学品川キャンパス,東京.
齋藤暢宏・森滝丈也・山内健生(2015)トリカジカから得られたウオノエ科等脚類.日本甲殻類学会第53回大会,東京海洋大学品川キャンパス,東京.
山内健生・中谷友美(2015)富山県におけるマダニ人体刺症の追加,特にタカサゴキララマダニによる2症例について.第70回日本衛生動物学会西日本支部大会,ピアザ淡海,大津市.
菅野格朗・山内健生・佐々木雄介(2015)兵庫県で見つかったマダニ類の寄生蜂の報告.第70回日本衛生動物学会西日本支部大会,ピアザ淡海,大津市.
沢辺京子, 津田良夫, 前川芳秀, 葛西真治, 皆川恵子, 數間 享, 山内健生, 芦田顕彦, 兼信定夫(2015)環境快適化を目指した媒介蚊対策への取り組み.第67回日本衛生動物学会東日本支部大会,TKP田町カンファレンスセンター,東京都港区.
山内健生・比嘉由紀子・Arlene Garcia Bertuso・沢辺京子(2016)フィリピンのルソン島とミンドロ島における家畜寄生マダニの調査.都市有害生物管理学会第37回大会,慶應義塾大学三田キャンパス,東京都港区.
藤田龍介・江尻寛子・小林大介・伊澤晴彦・加藤大智・三條場千寿・山内健生・沢辺京子(2016)吸血性節足動物保有ウイルス及び培養細胞持続感染ウイルスのNGS解析.平成28年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会,京都工芸繊維大学松ヶ崎キャンパス,京都市.
6)
学会役員など
日本衛生動物学会,常任幹事(学会誌編集長),編集委員,情報委員.
日本衛生動物学会西日本支部,幹事.
都市有害生物管理学会,評議員,編集委員.
日本昆虫分類学会,評議員.
投稿原稿の査読:Entomological Science,Marine Biodiversity,Medical Entomology and Zoology,自然環境科学研究,四国自然史科学研究.
■助成を受けた研究
形態と遺伝子に基づく魚類寄生虫ウオノエ科の分類と幼生期形態の解明.科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(若手研究(B)).代表者(2015年度169万円/総額320万円)
東南アジアにおける吸血節足動物媒介性ウイルスの網羅的探索とリスクマップ作製.文部科学省科学研究費基盤研究(B)(海外学術調査).分担者(2015年度78万円/総額1,183万円)
新興・再興感染症を媒介する節足動物の対策に関する研究.日本医療研究開発機構研究費(新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業).分担者(2015年度150万円/総額840万円)
兵庫県但馬沖の中層・深海域における生物多様性の解明と地域活性化の取り組み.平成26年度公立大学法人兵庫県立大学特別研究助成金.分担者(2015年度20万円)
■海外調査
2015.4, フィリピン・ルソン島とミンドロ島
2015.8, 台湾・台北

2.資料収集・整理
■資料収集
2015.4- 10, マダニ類.豊岡市,松山市.
2015.7- 9, 蚊類.岡山市.
受贈担当資料
2015.3, 昆虫類(羽田義任氏コレクション).5,500点.
■整理同定担当資料
昆虫類(チョウ目,ノミ目,コウチュウ目,アミメカゲロウ目,カメムシ目,シラミ目),甲殻類(等脚目),ダニ類(マダニ目).

<事業推進>
1.生涯学習事業
■セミナー
館主催セミナー
◎山内健生,2015.5,ひとはく探検隊「いきものミッケ!」,博物館.(31名)
◎山内健生,2015.5,オープンセミナー「甲殻類標本をスケッチしよう」,博物館.(37名)
◎山内健生,2014.5,特注セミナー「昆ワクワク昆虫ワールド」,博物館.(54名)
◎山内健生,2015.6,オープンセミナー「甲殻類標本をスケッチしよう」,博物館.(22名)
◎山内健生,2015.7,一般セミナー「小型昆虫標本作製」,博物館.(5名)
◎山内健生,2015.8,オープンセミナー「昆虫標本をスケッチしよう」,博物館.(56名)
◎山内健生,2015.8,一般セミナー「虫を見分ける」,博物館.(4名)
◎山内健生,2015.8,一般セミナー「昆虫の解剖」,博物館.(5名)
◎山内健生,2015.8,オープンセミナー「昆虫標本をスケッチしよう」,博物館.(35名)
◎山内健生,2015.11,オープンセミナー「クワガタムシの標本をつくろう!」,博物館.(72名)
◎山内健生,2015.11,一般セミナー「ダニの観察」,博物館.(8名)
◎山内健生,2015.12,一般セミナー「土壌動物の観察」,博物館.(12名)
館外講演
◎山内健生,2015.5,「マダニの生態を探る~知っておきたいマダニの話~」,森のセミナー,姫路市自然観察の森(18名)
◎山内健生,2015.6,「知っておきたいマダニの話」,マダニの勉強会,山と畑のまるごとえん(19名)
◎山内健生,2015.6,「マダニ等から身を守るために」,マダニから身を守るための講演会,兵庫県立但馬長寿の郷(92名)
◎山内健生,2015.7,「病気を媒介する吸血鬼―マダニ―」,第11回地球社会統合科学公開セミナー「外来種や危険生物とどう向き合うか 〜伊都キャンパスに潜む外来生物や危険生物〜」,九州大学伊都キャンパス(37名)
◎山内健生,2015.7,「感染症媒介動物としてのマダニの生態と対策について」,第21回神戸港衛生担当者会議,神戸中央港湾労働者福祉センター(78名)
◎山内健生,2015.11,「知っておきたいマダニのはなし」,伊丹市昆虫館開館25周年記念企画 むしむしトークショー『ぼくらはみんな生きている』,伊丹市昆虫館(約80名)
◎山内健生,2016.3,「マダニの生態及び調査方法について」,平成27年度環境衛生実務研修カリキュラム,東京都健康安全研究センター本館(50名)
テレビ・ラジオ等出演
2015.6,「マダニから身を守るための講演会」,NHKラジオ第一「NHKジャーナル」
■学校教育支援
トライやるウィーク
2014.5, 三田市立けやき台中学校(2名)
講師派遣
2015.8,第23回ミニ企画展「昆虫博士と虫さがし」,講師,豊岡市立歴史博物館32名
2015.8,コスモスセミナー「自然観察教室~集まれ生きもの好きな子どもたち~」,講師,兵庫県立奥猪名健康の郷22名
2015.5,「フェロモントラップを用いたノシメマダラメイガの調査」,調査指導,兵庫県立大学附属中学校2年生5名
2015.6,「フェロモントラップを用いたノシメマダラメイガの調査」,調査指導,兵庫県立大学附属中学校2年生5名
2015.7,「フェロモントラップを用いたノシメマダラメイガの調査」,調査指導,兵庫県立大学附属中学校2年生5名
2015.9,「フェロモントラップを用いたノシメマダラメイガの調査」,調査指導,兵庫県立大学附属中学校2年生5名
2015.10,「フェロモントラップを用いたノシメマダラメイガの調査」,調査指導,兵庫県立大学附属中学校2年生5名
2015.11,「フェロモントラップを用いたノシメマダラメイガの調査」,調査指導,兵庫県立大学附属中学校2年生5名
2016.1,「フェロモントラップを用いたノシメマダラメイガの調査」,調査指導,兵庫県立大学附属中学校2年生5名
2016.2,「フェロモントラップを用いたノシメマダラメイガの調査」,調査指導,兵庫県立大学附属中学校2年生5名
■展示
2015.5.~7,トピックス展「兵庫県の吸血マダニ」.担当者
2016.2~4,ひとはく研究員展2016「ひとはく研究の今」,分担者

2.シンクタンク事業
■行政等支援
委員会等 (計1件)
2015.12,兵庫県感染症対策専門委員会アドバイザー(兵庫県)
相談・指導助言
来訪者12件,12名.電話・FAX相談12件,メール相談3件.
学会開催等支援
2016.2~2016.3.29 日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会 合同大会運営委員会 総務 (大阪府立大学にて開催)

Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.