ご利用案内

交通アクセス

利用案内(観覧料金)

団体でのご利用

バリアフリー情報

ひとはくの展示

セミナー情報


ひとはく活用術

移動博物館車 ゆめはく

自然・環境科学研究所

恐竜化石

ひとはくKids

行政や企業の方へ「シンクタンク事業」

学校関係者の方へ「学校教育支援」


自然・環境マネジメント研究部/生態研究グループ
主任研究員
和田 年史【Toshifumi WADA】
経歴・所属等
兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 生態研究部門 准教授.
昭和52年兵庫県生まれ.長崎大学大学院生産科学研究科博士後期課程修了.水産学博士(長崎大学).
日本動物行動学会,日本水産学会,日本生態学会,日本魚類学会,日本貝類学会等所属.
事業部での配属室もしくは研究開発会議での仕事
■事業推進部門
 コレクション管理・活用室

<研究開発>
1.調査研究
■特別課題研究(個人研究)
1.頭足類(イカ・タコ類)の分類および生態に関する研究
2.砂浜海岸の人為的改変が海岸生物の生息場所利用に与える影響
3.日本海沿岸および中層・深海域の生物相に関する研究
論文・著書
◎ Toshifumi Wada (2016) Size-assortative mating and arm loss in the wild shallow-water octopus Abdopus sp.(Cephalopoda: Octopodidae). Journal of Natural History (in press). DOI:10.1080/00222933.2016.1252069
◎ Tsunemi Kubodera, Toshifumi Wada, Masahito Higuchi, Akiko Yatabe (2016) Extraordinary numbers of giant squid, Architeuthis dux,
encountered in Japanese coastal waters of the Sea of Japan from January 2014 to March 2015. Marine Biodiversity (in press).doi:10.1007/s12526-016-0618-7
◎ 石原 孝・松沢慶将・亀崎直樹・岡本慶・浜端朋子・青栁彰・青山晃大・一澤 圭・池口新一郎・箕輪一博・宮地勝美・村上昌吾・中村幸弘・梨木之正・野村卓之・竹田正義・田中俊之・寺岡誠二・宇井賢二郎・和田年史(2017)日本海におけるアカウミガメ孵化幼体の大量漂着が示唆するその出生地と移動. 日本生態学会誌, 67,3-12.
その他著作
和田年史(2016)「海のなんでだろう? Q&Aコーナー第79 回「マダコの豊凶」.月刊「磯・投げ情報」12 月号, pp 90.
和田年史(2017)「海のなんでだろう? Q&Aコーナー第80 回「日本海で目撃! 謎のタコ!?」.月刊「磯・投げ情報」1 月号, pp 90.
ブログへの情報提供
5 件
研究発表
和田年史(2016)招待講演「超音波テレメトリーを使って明らかにされた、福岡県津屋崎沿岸のカブトガニの移動パターンと滞在性」.日本カブトガニを守る会(福岡支部会),九州大学西新プラザ.
原口展子・和田年史(2016)海藻の教育普及活動の取り組み.日本応用藻類学会第15 回大会,東京海洋大学,東京.
和田年史(2016)講演「頭足類の繁殖行動に見られる知の表現」.明治大学現象数理学共同研究集会『比較動物学と現象数理学から考える「海の霊長類」の知の表現法』,明治大学中野キャンパス(35 名).
和田年史・加藤茂弘・池田忠広・間渕創,2017.2,
[公開ワークショップ] 文部科学省委託事業「博物館ネットワークによる未来へのレガシー継承・発信事業」-[海外視察報告] 台湾国立海洋生物博物館,大阪市立自然史博物館集会場.池田忠広・加藤茂弘・和田年史・布野隆之・間渕創,2017.2,[公開ワークショップ] 文部科学省委託事業「博物館ネットワークによる未来へのレガシー継承・発信事業」-[海外視察報告] 台湾国立自然史博物館,大阪市立自然史博物館集会場.
学会役員など
日本動物行動学会 選挙管理委員会委員長
論文査読:Journal of Asia-Pacific Biodiversity, Journal
of Ethology, Hydrobiologia, 日本ベントス学会誌
助成を受けた研究・事業
頭足類学会(仮称)設立に向けたシンポジウムへの参画および亜熱帯性タコ類相のフィールド調査.
公立大学法人兵庫県立大学自然・環境科学研究所部局特色化推進費. 代表者(2016 年度15 万円)
平成 28 年度公益財団法人日本海事科学振興財団「海の学びミュージアムサポート」:事業名「兵庫の「海の学び」活動拠点の充実と次世代の若手育成
プログラムの創出」. 担当者(2016 年度255 万円)
海外調査
2016.11, 中華民国(台湾).台湾国内の自然史系博物館の視察調査.文部科学省事業名「博物館ネットワークによる未来へのレガシー継承・発信事業」

2.資料収集・整理
■資料収集
2015.4- 2016.3, 海洋生物各種.西宮市,芦屋市,神戸市,相生市,美方郡新温泉町,美方郡香美町,豊岡市,姫路市家島等.
受贈担当資料
海洋生物(頭足類、甲殻類,貝類,海産魚類等).
整理同定担当資料
海洋生物(頭足類、甲殻類,貝類,海産魚類等).

<事業推進>
1.生涯学習事業
■セミナー
館主催セミナー
和田年史,2016.4,特注セミナー「解剖して"イカ"を知ろう!」,博物館.(大阪府立泉北高等学校120 名)
フロアスタッフ・和田年史,2016.5,フロアスタッフイベント「ビーチコーミングってなに?」,博物館.(101 名)
和田年史,2016.5,ひとはくセミナー「博物館で学ぶ「動物行動学」基礎講座」,博物館(12 名)
和田年史,2016.6,ひとはくセミナー「海中の生きもの観察&スキンダイビングのスキルアップ講座」,豊岡市竹野スノーケルセンター(11 名)
和田年史,2016.7,ひとはくセミナー「夜の渚でスナガニの観察」,美方郡新温泉町居組県民サンビーチ(18 名)
和田年史,2016.7,オープンセミナー「イカ墨でイカの魚拓をつくろう!」,博物館.(50 名)(子供26 名、大人24 名)
和田年史,2016.8,ひとはくセミナー「市民参加型カニ調査in 相生」,相生市相生湾周辺海岸および相生市文化会館(20 名)(子供5 名、大人15 名)
和田年史,2016.8,オープンセミナー「みんなでダイオウイカの絵を描こう!」,博物館.(38 名)(子供18 名、大人20 名)
和田年史,2016.9,ひとはくセミナー「小型地曳網で魚の赤ちゃん調べ」,美方郡香美町三田浜(18名)(子供7 名、大人11 名)
和田年史,2016.10,特注セミナー「身近な海の生きもの2 ~博物館の紹介~」,博物館.(芦屋市立打出浜小学校3 年生109 名)
和田年史,2016.11,ドリームスタジオ・フェスタ:オープンセミナー「イカ墨でイカの魚拓をつくろう!」,博物館.(40 名)(子供21 名、大人19 名)
館外講演
和田年史,2016.5,「相生湾の身近な生きもの」,相生市立小学校.(10 名)
和田年史,2015.6,野外体験授業「身近な干潟の生きもの」,芦屋市立打出浜小学校.(109 名)
和田年史,2016.6,「カキの種付けと相生湾の魚」,相生市環境課こども里海クラブ活動.(20 名)
和田年史,2016.6,「あいおいのカニをさわってみよう」,相生市立幼稚園.(50 名)
和田年史,2016.7,神戸市立須磨海浜水族園主催:サイエンスカフェ第34 弾「ダイオウイカから始めるイカタコ学入門」,神戸市立須磨海浜水族園.(95 名)
和田年史,2016.7,講話「身近な海の生きもの」,芦屋市立打出浜小学校.(109 名)
和田年史,2016.7,「夏休みこどもエコツアー-海の生物観察」,ひょうご環境体験館.(49 名)(子供38 名、大人11 名)
和田年史,2016.8,探求航海実習講義「評価される研究を目指そう!」,兵庫県立香住高等学校他.(9名)(学生6 名、教員3 名)
三原菜美・和田年史,2016.8,相生キャラバン特別野外観察会「おわん島(蔓島)で探検観察会~植物と打ち上げ貝を調べよう!」,相生市蔓島.(28名)(子供20 名、大人8 名)
和田年史,2016.8,かごしま水族館主催:特別講演会「イカ・タコ研究最前線」,いおワールドかごしま水族館.(54 名)
和田年史,2016.8,かごしま水族館主催:"世界初の小さなダイオウイカ発見"記念講演「不思議な生きものイカ・タコにせまる」,いおワールドかごしま水族館.(83 名)
和田年史,2016.8,「海の学び」特別セミナー「スノーケリング体験&海中の生きもの観察のスキルアップ講座」,豊岡市竹野スノーケルセンター(12名)
和田年史,2016.8,徳之島町役場主催「礁池(イノー)の生きもの観察会」,鹿児島県徳之島町金見.(16 名)(子供10 名、大人6 名)
和田年史,2016.10,平成28 年度パークボランティア研修会「「海の学び」活動紹介」,豊岡市竹野スノーケルセンター(大人19 名、大学生1 名)
和田年史,2016.10,「海の学び」特別セミナー「スキンダイビング&海中の生きもの観察のスキルアップ講座」,兵庫県立いえしま自然体験センター(5 名)
和田年史,2016.11,神戸市中学校教育研究会「沿岸域の生態系とそこにくらす海洋生物」+ 「イカの解剖実習」,神戸市総合研究センター.(16 名)
和田年史,2016.11,サイエンス・トライやる事業特別セミナー「沿岸域の生態系とそこにくらす海洋生物」+ 「イカの解剖実習」,淡路市立津名中学校.(133 名)
和田年史,2016.12,サイエンス・トライやる事業特別セミナー「沿岸域の生態系とそこにくらす海洋生物」+ 「イカの解剖実習」,新温泉町立浜坂中学校.(132 名)
和田年史,2016.12,平成28 年度山陰海岸国立公園海洋生物勉強会,豊岡市竹野スノーケルセンター(大人18 名)
和田年史,2017.1,「カキ礁周辺の生物調査」,相生市環境課こども里海クラブ活動.(22 名)
和田年史,2017.1,長崎最西端進化生態学セミナー「頭足類の繁殖行動生態-特にタコ類の繁殖行動の特徴に着目して」,長崎大学進化・行動生態学研究室.(16 名)
和田年史,2017.2,「カキ礁周辺の生きもの」,相生市立相生小学校.(10 名)
兵庫県立大学・大学院教育
2016.9, 「共生博物学」
非常勤講師
2016.6-10, 特別非常勤講師,兵庫県立香住高等学校.
2016.4-6, 「水域生態学」,鳥取環境大学.
テレビ・ラジオ等出演
キャラバン・主催アウトリーチ事業
2016.8, あいおいキャラバン「みんなで発見!相生の自然と生きもの展」,相生市文化会館,相生市.
主担当・野外観察会講師等
共催・協力・後援事業
2015.5- 2016.2, 「野外体験授業」等,芦屋市立打出浜小学校,芦屋市.協力/主担当・セミナー担当等
2015.5- 2016.3, 相生市環境課「里海クラブ活動」等,あいおい播磨灘の里海づくり協議会,相生市.協力/主担当・セミナー担当等
担い手成長支援事業
連携活動グループ・地域研究員
兵庫県立大学学生団体「いきものずかん」(主担当)
青山 茂(主担当)
中村清美(副担当)
成果発表
展示
2016.2- 4, ひとはく研究員展「ひとはくの研究の今」.分担者

2.シンクタンク事業

行政等支援
委員会(1 件
環境省版海洋生物レッドデータブックの作成にかかる、絶滅のおそれのある海洋生物の選定・評価検討会〔軟体動物分科会〕評価協力者
相談・指導助言
来訪者 15 件,30 名.電話・FAX 相談50 件,メイル相談60 件.

Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.