ご利用案内

交通アクセス

利用案内(観覧料金)

団体でのご利用

バリアフリー情報

ひとはくの展示

セミナー情報


ひとはく活用術

移動博物館車 ゆめはく

自然・環境科学研究所

恐竜化石

ひとはくKids

行政や企業の方へ「シンクタンク事業」

学校関係者の方へ「学校教育支援」


自然・環境再生研究部/コミュニケーションデザイン研究グループ
次長〔兵庫県立大学自然・環境科学研究所長〕
主任研究員
高橋 晃【Akira TAKAHASHI】
経歴・所属等
兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 系統分類研究部門 教授.
昭和29年岐阜県生.大阪大学大学院理学研究科博士課程単位取得退学.理学博士.日本植物学会,日本植物分類学会,植生史学会,ヒマラヤ植物研究会,国際材解剖学会等所属.
事業部での配属室もしくは研究開発会議での仕事
■研究開発部門
 次長(研究系)
■タスクフォース
 恐竜事業推進タスクフォース サブリーダー

<研究開発>
1.調査研究
■特別課題研究(個人研究)
1. 兵庫県内各地の植物の分類・地理学研究
2. 木本植物の組織形態学・解剖学的研究
3. 植物を素材とする自然史教育・環境学習の展開
論文・著書
◎小舘誓治・高瀬優子・古谷 裕・八木 剛・高橋 晃(2016) 自然系博物館における幼児向け科学教育プログラム―身近な生きものを題材として.博物館学雑誌,42 (1), 37-45.
◎高橋 晃・八木 剛・小舘誓治 (2016) 自然系博物館における自然素材を用いた展示物開発 ―市民目線による展示物製作の実験的試行―.博物館学雑誌,42 (1), 55-64.
その他著作
◎角谷由美子・高橋 晃 (2016) 兵庫県北部における伝統的な植物利用 ―編組製品に着目して―.人と自然 No.27, 129-148.
学会発表
◎小舘誓治・高瀬優子・古谷 裕・八木 剛・塚本健司・清水文美・高橋 晃(2016) 自然系博物館と幼稚園との連携による体験型プログラムの実施事例―身近な生きものを題材として.全日本博物館学会第42 回研究大会,明治大学,東京.
◎高橋 晃・八木 剛・小舘誓治(2016) 自然素材を使って市民がつくる博物館展示.全日本博物館学会第42 回研究大会,明治大学,東京.
◎高橋 晃・高野温子(2016) 兵庫県の植物相研究:播磨の絶滅危惧種オチフジの秘められた生活史.藤原ナチュラルヒストリー振興財団・神戸シンポジウム「ナチュラルヒストリー~これまでの貢献と今後への期待~」,基調講演,兵庫県民会館,神戸.
◎高橋 晃(2016) 子どもの生物多様性学習のための博物館的手法の開発.第13 回環境人間学フォーラム,兵庫県立大学姫路環境人間キャンパス,姫路.
学会役員など
査読:Journal of Plant Research,2 件

2.資料収集・整理
■資料収集
2016.5-10 種子植物,香美町,洲本市、南あわじ市、福島県、鹿児島県
受贈担当資料
2016.7.28 材鑑証拠さく葉標本(2016 会津森林管理署管内),森林総合研究所,交換,135 点.
2016.8.24 材鑑プレパラート標本(茨城県森林管理署管内標本),森林総合研究所,交換,196 点.
2016.10.25 材鑑標本(2016会津森林管理署管内),森林総合研究所,交換,126 点.
2017.1.4 日本産植物標本,人間環境大学,交換,102 点.
2017.1.12 材鑑証拠さく葉標本(2016 鹿児島県北薩森林管理署管内標本),森林総合研究所,交換,149 点.
2017.3.1 材鑑標本(2016 北薩森林管理署管内標本),森林総合研究所,交換,134 点.
2017.3.1 材鑑標本(2016 所内伐採木標本),森林総合研究所,交換,3 点.
整理同定担当資料
種子植物(日本産、外国産)、材鑑標本・プレパラート標本

<事業推進>
1.生涯学習事業
個人別成果報告に関する資料
●コミュニケーション・デザイン研究ユニットNo.7
セミナー
館主催セミナー
◎高橋 晃 2016.4 特注セミナー,「生物多様性とわたしたちの暮らし」,大阪大学理学部生物科学専攻1年生,博物館. (64 名)
◎高橋 晃 2016.4 オープンセミナー,「春の花を見にいこう」,深田公園,博物館. (6名)
◎高橋 晃 2015.5 一般セミナー,「香美町の春の花を見にいこう ①ハチ北高原の春の花」,香美町・ハチ北高原自然協会・山陰海岸ジオパーク談話会共催,香美町村岡区. (14 名)
◎高橋 晃 2015.5 一般セミナー,「香美町の春の花を見にいこう ②小代の滝をめぐって花を見よう」,香美町・山陰海岸ジオパーク談話会共催,香美町小代区. (21 名)
◎高橋 晃 2015.6 特注セミナー「道端の植物に親しむ」,シニア自然大学校「緑組」,博物館. (34名)
◎高橋 晃 2015.7 博物館実習ガイダンスセミナー「ひとはくの資料と収蔵庫について」,収蔵庫見学,博物館. (16 名)
◎高橋 晃・小舘誓治 2015.7-8 博物館実習「自然素材を使った親子向けプログラムの企画・実施に関する実習」,博物館. (2名)
◎山内健生・橋本佳明・高橋 晃・布野隆之 2016.8オープンセミナー,「生物系収蔵庫ツアー」,博物館.(34 名)
◎高橋 晃・長谷川太一・レモンリーフ 2016.10 一般セミナー,「植物画を描こう1・2」,博物館.(10名)
◎高橋 晃 2016.10 特注セミナー「生物多様性とわたしたちの暮らし」,イオン明石チアーズクラブ,博物館.(12 名)
◎橋本佳明・高橋 晃・布野隆之 2016.11 オープンセミナー,「生物系収蔵庫ツアー」,博物館.(21 名)
◎高橋 晃 2015.11 一般セミナー「淡路・三熊山に登って植物を見てみよう」,洲本市. (15 名)
◎高橋 晃・橋本佳明・布野隆之 2017.3 オープンセミナー,「生物系収蔵庫ツアー」,博物館.(35 名)
館外講演など
高橋 晃 2015.6.14 「嬉野台の植物」,うれしの学園生涯大学,嬉野台生涯教育センター,加東市.(35 名)
高橋 晃 2016.11.13 「①西脇の植物,②外来生物の脅威と現状」,西脇かんきょう大学,西脇市教委,西脇市.(40 名)
兵庫県立大学・大学院教育
2016.7 環境人間学研究科担当科目「生物多様性特別演習」,(主任)
2016.4-2017.3 環境人間学研究科運営委員会委員
2016.4-2017.3 環境人間学研究科将来計画委員会委員
2016.4-2017.3 県立大学教育研究審議会委員
2016.4-2017.3 県立大学学部長等連絡会議委員
2016.4-2017.3 県立大学コンプライアンス推進会議委員
2016.4-2017.3 県立大学改革推進本部任期制教員制度検討部会委員
2016.4-2017.3 県立大学自己評価委員会委員
2016.4-2017.3 県立大学附属学校委員会委員非常勤講師
2016.5 「博物館特論」,大阪学院大学国際学部.
キャラバン・主催アウトリーチ事業
2016.5 うれしの春のフェスティバル,嬉野台生涯教育センター,加東市.(主担当)
2016.9 キッズキャラバン,篠山市立たき幼稚園,篠山市,40 名.(副担当)
2016.10 科学する子どもの集い,但馬文教府,豊岡市.(副担当)
2016.11 うずしおフェスティバル,国立淡路青少年交流の家,南あわじ市.(副担当)
2016.12 キッズキャラバン,赤穂市立赤穂幼稚園,赤穂市,120 名.(主担当)
共催・協力・後援事業
2016.4-2017.3 平成28 年度六甲山環境整備協議会「二つ池環境学習林」の指導者派遣,六甲山記念碑台周辺,六甲山を活用する会/アドバイザー
2016.4-2017.3 平成28 年度「六甲山魅力再発見市民セミナー」,六甲山自然保護センター,六甲山を活用する会/アドバイザー
担い手成長支援事業
連携活動グループ・地域研究員
GREEN GRASS,主担当(アドバイザー,主催事業等運営支援)
一般社団法人ハチ北高原自然協会,主担当(アドバイザー,自然案内人運営支援)
山陰海岸ジオパーク談話会,主担当(アドバイザー,ジオセミナー等の支援)
六甲山を活用する会,主担当(六甲山環境整備協議会アドバイザー)
地域研究員:福岡忠彦,主担当(アドバイザー)
地域研究員:西野雅満,主担当(アドバイザー)
地域研究員:西野眞美,主担当(アドバイザー)
地域研究員:林 美嗣,主担当(アドバイザー)
地域研究員:増井啓治,主担当(アドバイザー)
地域研究員:松岡成久,主担当(アドバイザー)
地域研究員:布施静香,主担当(アドバイザー)
地域研究員:法西 浩,副担当(アドバイザー)
地域研究員:牛島清治・牛島富子,副担当(アドバイザー)
成果発表
2017.2 第12 回共生のひろば,「植物画―葉を描く」,田地川和子・貴島せい子・肥田陽子(GREENGRASS).指導助言
学校教育支援
学校団体対応
2015.5 「世界一の木の話」,伊丹市立昆陽里小学校4年生,博物館.(93 名)
2015.7 「生物多様性とわたしたちの暮らし」,徳島県立富岡中学校2年生,博物館. (80 名)
2016.12 「生物系収蔵庫見学」,加古川東高校1年生,博物館. (60 名)
2017.1 「中学校理科自由研究発表会・講評」,伊丹市教育委員会,伊丹市. (80 名)
研修生等の受入
博物館実習
2016.7-8 琉球大学理学部学生1 名,甲南女子大学人間科学部学生1名
展示
2016.4-5 セミナー成果発表展「Gallery Hyohon Bako 雑貨屋さん風ミュージアム」.(責任者)

2.シンクタンク事業
■収蔵庫・ジーンファームの公開
生物系収蔵庫の案内 7 回,110 人
行政等支援
委員会等(計5 件)
2016.4- 日本の絶滅のおそれのある野生生物(維管束植物)環境省版レッドデータブック兵庫県主任調査員,環境省自然環境局.
2016.4- 希少野生動植物種保存推進員,環境省自然環境局.
2016.4- 生物多様性アドバイザー,兵庫県農政環境部環境創造局自然環境課.
2016.4- 三田市環境審議会会長,三田市市民生活部環境共生室環境衛生課.
2016.4- 県立やしろの森公園評議員,やしろの森公園協会.
相談・指導助言
電話・メイル等による相談 15 件(10 名)
来訪者 10 件(5 名)

Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.