ご利用案内

交通アクセス

利用案内(観覧料金)

団体でのご利用

バリアフリー情報

ひとはくの展示

セミナー情報


ひとはく活用術

移動博物館車 ゆめはく

自然・環境科学研究所

恐竜化石

ひとはくKids

行政や企業の方へ「シンクタンク事業」

学校関係者の方へ「学校教育支援」


自然・環境評価研究部/地球科学研究グループ
事業推進部長
主任研究員
佐藤 裕司【Hiroshi SATO】
経歴・所属等
兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 地球科学研究部門 教授.
兵庫県立大学大学院 環境人間学研究科 共生博物部門 兼担
昭和32年大阪府生まれ.神戸大学大学院理学研究科修士課程修了.学術博士(神戸大学).日本第四紀学会,日本陸水学会,日本藻類学会、日本珪藻学会、日本環境教育学会等所属.
事業部での配属室もしくは研究開発会議での仕事
■事業推進部門
 事業推進部長
■研究開発部門
 自然・環境評価研究部
■タスクフォース
 恐竜事業推進タスクフォース リーダー

<研究開発>
1.調査研究
■特別課題研究(個人研究)
1.過去 100 万年の海水準変動に関する研究
2.兵庫県における人類紀の環境変遷史に関する研究
3.淡水産および汽水産藻類の多様性と水環境保全に関する研究
4.自然史リテラシーの涵養のための環境教育プログラム開発
論文著書
Tanaka, I., Hyodo, M., Ueno, Y. and Sato, H.(2017)High-resolution diatom record of paleoceanographic variations across the Early-Middle Pleistocene boundary in the Chiba Section, central Japan. Quaternary International,455:141-148.
Sato, H., Ban, F., Katoh, S. and Hyodo, M. (2017) Sea-level variations during Marine Isotope Stage 7 and coastal tectonics in the eastern Seto Inland Sea area, western Japan. Quaternary International, 456:102-116.
その他著作
佐藤裕司(2017)恐竜化石を活かした地域づくり支援.伊東未来・泉直亮・李素婷(編)「五国豊穣ひょうご 地域とともに歩む大学をめざして」,p.50-52,兵庫県立大学地域創造機構COC事業「ひょうご・地(知)の五国豊穣イニシアティブ」.
■研究発表
Kitaba, I., Hyodo, M., Nakagawa, T.,Katoh, S., Dettman,D. and Sato, H. (2017) Cloud formation seems to be the key that connects cosmic ray and climate. 日本地球惑星科学連合2017 年大会,幕張メッセ,千葉(5 月)
河村幸子・佐藤裕司(2017)子どものための生物多様性学習プログラムの開発と実践~地域の身近な昆虫とジャコウアゲハから学ぶ~.日本環境教育学会第28 回年次大会,岩手県立大学・岩手大学,盛岡(9 月)
中西一成・佐藤裕司(2017)アユの目から見た環境教育プログラムの深化.日本環境教育学会第28回年次大会,岩手県立大学・岩手大学,盛岡(9月)
中西一成・佐藤裕司(2017)新たな価値観を生み出すESD プログラムの開発.日本環境教育学会第28 回年次大会,岩手県立大学・岩手大学,盛岡(9月)
学会役員など
日本珪藻学会,査読委員.
助成を受けた研究
生物多様性の理解を促す自然史リテラシー涵養プログラムの構築.文部科学省科学研究費基盤研究(C). 代表者(2017 年度50 万円/総額160 万円)

2.資料収集・整理
■資料収集
2017.4-2018.3 現生淡水藻類の標本採集.神戸市北区・加西市・丹波市・上郡町など.
受贈担当資料
2017.7 觜本コレクション 900 点.
整理同定担当資料
第四紀古環境資料,淡水産藻類標本.

<事業推進>
1. 生涯学習支援事業
■セミナー
館主催セミナー
◎佐藤裕司,2017.4,オープンセミナー「アンモナイト石けんを作ろう!」,博物館(39 名)
◎佐藤裕司,2017.10,オープンセミナー「アンモナイト石けんを作ろう!」,博物館(30 名)
◎佐藤裕司,2017.11,オープンセミナー「アンモナイト石けんを作ろう!」,博物館(60 名)
◎佐藤裕司,2017.1,オープンセミナー「アンモナイト石けんを作ろう!」,博物館(45 名)
◎佐藤裕司,2017.2,オープンセミナー「アンモナイト石けんを作ろう!」,博物館(58 名)
佐藤裕司,2017.8,教職員・指導者セミナー「理科'大地の つくり'を考える」,博物館(25 名)
佐藤裕司,2017.9,特注セミナー「地球史から読み解く温暖化問題」,博物館(37 名)
佐藤裕司,2017.10,一般セミナー「住吉川で藻類ウォッチ ング」,全2 回,館外・博物館(11 名)
兵庫県立大学・大学院教育
共生博物学(教養教育科目「ひょうご県大特色科目」),オムニバス形式,代表)
陸・水圏自然史特別演習
特別ゼミナール I(A)(B)
特別ゼミナール II(A)(B)
COC 事業・地域資源マネジメントプロジェクト(篠山・丹波地域・地域戦略会議 議長)
キャラバン・主催アウトリーチ事業
2017.9,第9 回加東市ノーベル大賞応募作品審査,加東市教育委員会,加東市立三草小学校,加東市との協力協定事業/主担当
担い手成長支援事業
連携活動グループ・地域研究員
野生生物を調査研究する会,副担当(協働)
岸本清明,主担当(協働)
東山真也,主担当(協働)
河村幸子,主担当(協働)
成果発表
河村幸子(2018 年2 月,共生のひろば),中西一成(2018 年2 月,共生のひろば)
■学校教育支援
トライやるウィーク
2017.6.,宝塚市立西谷中学校(1名),三田市立狭間中学校(1名),三田市立けやき台中学校(1名)
学校団体対応
2017.10,「水のはなし」,三木市立上吉川3 年生(5名)
2018.2,兵庫県立神戸高校「科学の甲子園」アドバイス(2 名)
■研修生等の受入
博物館実習
2017.8,県庁インターンシップ(高校生3 名、県立宝塚北高校(1)、県立篠山鳳鳴高校(1)、県立篠山東雲高校(1)),自主就業体験活動(県立武庫荘総合高校(1))
卒論生等
2017.4-2018.3,田中俊雄(兵庫県立大学大学院環境人間学研究科博士課程前期),前期更新世における大阪堆積盆地北西部の環境変遷.
2017.4-2018.3,中西一成(兵庫県立大学大学院環境人間学研究科博士課程前期),アユを用いた環境学習プログラムの学習効果と課題分析.

2.シンクタンク事業
■受託研究
神戸大学博物館実務実習(2017, 2,4 日間),理学部惑星学科学生10 名
収蔵庫・ジーンファームの公開
地学系収蔵庫等の案内,6 回,14 名.
行政等支援
委員会等 (計8 件)
2017.6-2018.3 貴重な野生生物等(植物)委員,兵庫県農政環境部環境創造局自然環境課.
2015.4-2018.3 生物多様性アドバイザー,兵庫県農政環境部環境創造局自然環境課.
2015.7-2018.6,希少野生動植物種保存推進員,環境省自然環境局.
2016.4-2018.3, 篠山市脊椎動物化石保護・活用委員会,委員,篠山市教育委員会.
2017.4-2018.3,加東市とひとはく協力協定連携推進会議,委員,加東市教育委員会.
2016.8-2018.8,三田市環境審議会,委員,三田市市民生活部環境共生室.
2016.4-2017.7,三田市環境審議会第3 次環境基本計画策定部会,部会長,三田市市民生活部環境共生室.
2017.7-2018.7,「数学・理科甲子園2017」問題作成委員会,監修委員,兵庫県教育委員会高校教育課
相談・指導助言
来訪者21 件,36 名.電話・FAX 相談5 件,メイル相談35 件.

Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.