ご利用案内

交通アクセス

利用案内(観覧料金)

団体でのご利用

バリアフリー情報

ひとはくの展示

セミナー情報


ひとはく活用術

移動博物館車 ゆめはく

自然・環境科学研究所

恐竜化石

ひとはくKids

行政や企業の方へ「シンクタンク事業」

学校関係者の方へ「学校教育支援」


自然・環境再生研究部/生物資源研究グループ
主任研究員
大谷 雅人【Masato Ohtani】
経歴・所属等
兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 生物資源研究部門 准教授.
昭和54年神奈川県生.東京大学大学院農学生命科学研究所生圏システム学専攻修士課程修了.農学博士.日本生態学会,日本植物分類学会,日本森林学会,森林遺伝育種学会所属.
事業部での配属室もしくは研究開発会議での仕事
■事業推進部門
生涯学習推進室

<研究開発>
1.調査研究
■特別課題研究(個人研究)
1. 草原性植物の地域性種苗としての活用に関する研究
2. 種内倍数性多型をもつ全寄生植物キヨスミウツボの系統地理に関する研究
3. オチフジ,カッコソウ等の絶滅危惧植物の遺伝的多様性および保全に関する研究
論文・著書
後藤晋・高橋誠・大谷雅人 (2016) ブナ産地試験地の伐採後にみられた萌芽力の地理的変異. 森林遺伝育種5: 121-126
岩泉正和・笹島芳信・磯田圭哉・那須仁弥・大谷雅人(2016) 固有樹種シコクシラベの核SSR マーカーに基づく遺伝的変異の評価. 森林遺伝育種5:172-179.
上野真義・大谷雅人・吉丸博志(2016) 模擬実験を目的とした樹木からのDNA 抽出方法の改良と実施. 森林総合研究所研究報告15: 161-163.
Widiyatno, Indrioko S, Na'iem M, Uchiyama K, Numata S, Ohtani M, Matsumoto A, Tsumura Y (2016) Effects of different silvicultural systems on the genetic diversity of Shorea parvifolia populations in the tropical rainforest of Southeast Asia. Tree Genetics and Genomes 12:73.
その他著作
指村奈穂子・池田明彦・池田史枝・大谷雅人・澤田佳宏・須貝杏子・内貴章世・古本良・横川昌史(2016)
絶滅危惧種クロボウモドキの保全を目指した個体群構造・分布様式・遺伝構造の研究. 自然保護助成基金成果報告書24: 49-65.
大谷雅人・三原菜美(2016) 第648 回例会観察会山陰海岸浜坂方面. 近畿植物同好会会報123:24.
研究発表
大谷雅人・満行知花・池田明彦・指村奈穂子・陶山佳久(2017) 特異な分布を示す海浜性の絶滅危惧植物バシクルモンにおける地理的遺伝構造. 日本生態学会第64 回大会, P2-O-419, 東京都新宿区.
Ohtani M, Iwaizumi MG, Miyamoto N, Yano K, Nasu J,Takahashi M (2016)Year-to-year variation in paternal and maternal reproductive successes of Momi fir trees in Abukuma Mountains, eastern Japan. IUFRO Abies2016: The 15th International Conference on
Ecology and Silviculture of Fir, P-27, School of Agriculture, Hokkaido University, Sapporo.
Kimura KM, Ohtani M, Iwaizumi MG, Yano K,Takahashi M (2016) Changes in the population structure of Abies firma in a temperate mixed forest located in Fukushima Prefecture, eastern Honshu, Japan. IUFRO Abies2016: The 15th International Conference on Ecology and Silviculture of Fir, P-09, School of Agriculture, Hokkaido University, Sapporo.
Iwaizumi MG, Munehara-Kawai Y, Sasajima Y, Isoda K,Nasu J, Ohtani M (2016) Evaluation of genetic structure and diversity within and among populations of an endemic species, Abies veitchii var. shikokiana in Shikoku, Japan. IUFRO Abies2016: The 15th
International Conference on Ecology and Silviculture of Fir, P-07, School of Agriculture, Hokkaido University,Sapporo.
井上奈津美・井上遠・松本斉・大谷雅人・吉田丈人・鷲谷いづみ(2016) 奄美大島の森林の樹洞における樹洞営巣性鳥類の利用可能性: 伐採履歴,森林構成を踏まえて. 日本鳥学会2016 年度大会, P078,北海道札幌市.
学会役員など
日本生態学会近畿地区会,事務局庶務担当
助成を受けた研究
里地・里山の生物多様性・生態系サービス指標および評価手法の開発.文部科学省科学研究費基盤研究(B). 分担者(2016 年度60 万円/ 総額200 万円)
兵庫県および近隣地域における草地生草本植物の遺伝構造分析: 緑地再生・創出における地域性種苗の積極的活用に向けて.公益信託エスペック地球環境研究・技術基金.代表者(2016 年度60 万円/ 総額60 万円)
河川争奪が兵庫県および近隣地域の草地生植物の遺伝構造におよぼした影響の解明.平成28 年度公立大学法人兵庫県立大学特別研究助成金.代表者(2016 年度15 万円/ 総額15 万円)
兵庫県を代表する絶滅危惧植物オチフジの遺伝的現状の把握.特色化推進費研究支援事業.代表者(2016 年度15 万円/ 総額15 万円)

2.資料収集・整理
■資料収集
2016.4-2017.3 里地・里山における植物および植生景観映像資料の収集(三田市,神戸市,新温泉町,
洲本市,淡路市,南あわじ市,福島県棚倉町等)
<事業推進>
1.生涯学習事業
■セミナー
館主催セミナー
大谷雅人・藤井俊夫・三原菜美,2016.5,「武田尾渓谷の植物を観察しよう(第1 回)」,武田尾渓谷,兵庫県宝塚市・西宮市.(48 名)
大谷雅人・フロアスタッフ,2016.6,「はかせと学ぼう!~サボテン・多肉植物の不思議~」,博物館.(24 名)
大谷雅人,2016.6,「ブイブイの森のキノコと草花を観察しよう(第1 回)」,南公園,兵庫県三田市.(17 名)
橋本佳延・大谷雅人,2016.8,「館外特注セミナー里山調査実習」,川西里山倶楽部,妙見山,兵庫県川西市.(10 名)
大谷雅人・フロアスタッフ,2016.8,ひとはく探検隊「夏の植物の絵を描こう!」,博物館.(20 名)
大谷雅人,2016.8,「植物を絶滅から守るには:保全生態学入門編」,博物館.(のべ11 名)2021
橋本佳延・黒田有寿茂・大谷雅人,2016.9,「まちなか里山セミナー第 2 回」,南公園,兵庫県三田市.(9 名)
大谷雅人,2016.10,「イネ科植物観察会」,博物館.(19 名)
大谷雅人,2016.10,「武田尾渓谷の植物を観察しよう(第2 回)」,武田尾渓谷,兵庫県宝塚市・西宮市.(20 名)
大谷雅人,2016.10,「ブイブイの森のキノコと草花を観察しよう(第1 回)」,南公園,兵庫県三田市.(19 名)
館外講演
大谷雅人,2016.4,「桐生の誇り,カッコソウ~その遺伝的多様性を守る意義とは?~」,講師,桐生自然観察の森,群馬県桐生市.(30 名)
大谷雅人,2016.5,「シニア自然大学校武田尾勉強会」,講師,武田尾渓谷,兵庫県宝塚市・西宮市.(25 名)
キャラバン・主催アウトリーチ事業
2016. 6,「ひとはくKidsキャラバンinたなぐらまち」,棚倉町立棚倉幼稚園,福島県棚倉町.分担者
2016.11,「淡路うずしおフェスティバル2016」,国立淡路青少年交流の家,兵庫県南あわじ市.分担者
2016.11-12,「日本文化を育んだ自然 Where culturemeets nature」,花洛庵,京都府京都市中京区.分担者
2017.3,「兵庫ふるさとミュージアムプロジェクト」,うずしお科学館,兵庫県南あわじ市.分担者
共催・協力・後援事業
2016.6,環境学習プログラム-太陽光発電所の見学と在来野草による草原づくり体験-,株式会社ユーラスエナジー淡路,淡路市.分担者
学校教育支援
トライやるウィーク
2016.5-6,富士中学校(1 名),ゆりのき台中学校(1名)
学校団体対応
2016.4,兵庫県立大学附属中学校ガイダンスキャンプ「研究員の紹介とお話」,兵庫県立大学附属中学校.(76 名)
2016.6,「里山林の生き物たち」,京都府立綾部高等学校農芸化学科.(33 名)
講師派遣
2016.7,「成徳小学校構内の植物の観察(※1)」,尼崎市立成徳小学校(57 名)
展示
2016.11-12,館外展示「日本文化を育んだ自然 where culture meets nature」.分担者
2017. 2-4,ひとはく研究員展2017「ひとはくの研究の今」.分担者

2.シンクタンク事業
■受託研究
「平成28年度 大阪ガス株式会社姫路製造所等における生物多様性対応関連業務」,大阪ガス株式会社CSR・環境部,研究分担者(134.244 万円)
「平成28年度淡路島太陽光発電事業地内の緑地用地域性苗栽培業務」,一般財団法人日本気象協会,研究分担者(34 万円)
「ブイブイの森(南公園)里山保全・育成プロジェクト里山担い手養成業務」,三田市,研究分担者(60万円)
収蔵庫・ジーンファームの公開
■行政等支援
委員会等(計2 件)
2015.4-,カッコソウ協議会委員,桐生市市民生活部環境課.
2016.11-,但馬牛博物館展示検討会構成員,兵庫県農政環境部農林水産局畜産課.
相談・指導助言
来訪者 3 件,10 名.電話・FAX 相談5 件.(※2)
学会開催等支援
2016.12,日本生態学会近畿地区会2016 年度第1 回総会・例会.
※1 当日,明瞭なタイトルを設定しなかった.
※2 暫定値.

Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.