ご利用案内

交通アクセス

利用案内(観覧料金)

団体でのご利用

バリアフリー情報

ひとはくの展示

セミナー情報


ひとはく活用術

移動博物館車 ゆめはく

自然・環境科学研究所

恐竜化石

ひとはくKids

行政や企業の方へ「シンクタンク事業」

学校関係者の方へ「学校教育支援」


自然・環境マネジメント研究部/生態研究グループ
研究員
布野 隆之【Takayuki FUNO】
経歴・所属等
昭和51年島根県生.新潟大学大学院自然科学研究博士後期課程修了.農学博士.日本生態学会,日本鳥学会,日本森林学会等所属
事業部での配属室もしくは研究開発会議での仕事
■事業推進部門
 研究・シンクタンク研究室
■タスクフォース
 ビジョン実現タスクフォース  

<研究開発>
1.調査研究
■特別課題研究(個人研究)
1.希少猛禽類ニホンイヌワシの生態とその保全に関する研究
2.天然記念物オオヒシクイの生息湿地および採餌水田の保全・再生に関する研究
3.カラスのゴミ被害問題の実態と対策に関する研究
共同研究
1.生物多様性に配慮した大型ダムの管理・運営に関する研究
イヌワシ遺伝
上山高原
その他著作物
布野隆之(2016)草原とイヌワシ.第11 回全国草原サミット・シンポジウムin 上山高原報告書p29-36.
布野隆之(2016)上山高原におけるススキ草地の試験管理がノウサギの生息状況に与える影響.平成28 年度上山高原自然再生事業動物モニタリング調査報告書.
研究発表
布野隆之(2016)上山高原におけるススキ草地の試験管理がノウサギの生息状況に与える影響.平成28 年度上山高原自然再生事業動物モニタリング調査報告会,上山高原ふるさと館,新温泉町.
布野隆之(2016)草原とイヌワシ.第11 回全国草原シンポジウム,文化体育館夢ホール,新温泉町.
相原 修・山賀由貴・長岐泰斗・布野隆之(2016)航空レーザーデータによるニホンイヌワシの生息域把握.日本写真測量学会平成28 年度次学術講演会,東京大学産業技術研究所.東京.
学会役員など
日本鳥学会員近畿地区懇談会 事務局
人と自然 編集委員
助成を受けた研究
菅生ダムにおける陸域から水域への栄養塩フロー.一般財団法人水源地環境センター水源地生態研究会,研究分担者(金額40 万円/300 万円).
平成 28 年度上山高原自然再生事業動物モニタリング調査.公益財団法人ひょうご環境創造協会(金額10 万円).
海外調査
2016.5.16-20 台湾

2.資料収集・整理
■資料収集
2016.4.1~2016.3.31 小型鳥類.50 点,三田市.
受贈担当資料
2016.7.2 鳥類本剥製.1 点,姫路市.
2016.7.23 鳥類本剥製.7 点,神戸市.
2016.9.14 鳥類本剥製.1 点,神戸市.
2016.11.10 鳥類本剥製.1 点,京都市.
2016.11.11 鳥類本剥製.30 点,伊丹市.
■整理同定担当資料
陸生脊椎動物(鳥類).

<事業推進>
1.生涯学習事業
■セミナー
館主催セミナー
布野隆之,2016.5.25 「カラスによるごみ被害を解決する」,博物館,10 名.
フロアスタッフ,布野隆之,2016.5.28 「イヌワシグライダーを飛ばそう!」,博物館,60 名.
フロアスタッフ,布野隆之,2016.5.29 「イヌワシグライダーを飛ばそう!」,博物館,60 名.
布野隆之,2016.6.26 「ひとはく探検隊 初夏の鳥をさがそう」,博物館,15 名.
布野隆之,2016.7.6 「落葉広葉樹林帯に生息するニホンイヌワシの生態とその保全」,博物館,4名.
布野隆之,2016.7.24 「オープンセミナー 日本に暮らす鳥たちの不思議」,博物館,90 名.
布野隆之,2016.7.6 「相生キャラバンセミナー はじめてのバードウォチング」,相生市,25 名.
布野隆之,2016.7.6 「相生キャラバンセミナー ミサゴの巣をつくろう」,相生市,25 名.
高橋晃,橋本佳明,山内健生,布野隆之,2016.8.20
「収蔵庫ツアー 1 回目」,博物館,20 名.
高橋晃,橋本佳明,山内健生,布野隆之,2016.8.20
「収蔵庫ツアー 2 回目」,博物館,20 名.
高橋晃,橋本佳明,山内健生,布野隆之,2016.8.20
「収蔵庫ツアー 3 回目」,博物館,20 名.
高橋晃,橋本佳明,山内健生,布野隆之,2016.8.20
「収蔵庫ツアー 4 回目」,博物館,20 名.
高橋晃,橋本佳明,山内健生,布野隆之,2016.11.12
「収蔵庫ツアー」,博物館,15 名.
人と自然の会・布野隆之,2016.11.20 「超巨大!イヌワシの巣の展示」,博物館,600 名.
布野隆之,2016.12.11 「オープンセミナー 日本に暮らす鳥たちの不思議」,博物館,120 名.
高橋晃,橋本佳明,山内健生,布野隆之,2016.3.4
「収蔵庫ツアー 1 回目」,博物館,20 名.
高橋晃,橋本佳明,山内健生,布野隆之,2016.3.4
「収蔵庫ツアー 2 回目」,博物館,20 名.
高橋晃,橋本佳明,山内健生,布野隆之,2016.3.4
「収蔵庫ツアー 3 回目」,博物館,20 名.
高橋晃,橋本佳明,山内健生,布野隆之,2016.3.4
「収蔵庫ツアー 4 回目」,博物館,20 名.
高橋晃,橋本佳明,山内健生,布野隆之,2016.3.4
「収蔵庫ツアー 5 回目」,博物館,20 名.
館外講演など
布野隆之,2016.4.13 「兵庫県内におけるタカ類の渡りルートとその特徴」,講師,県立あわじ花さじき,淡路島,4 名.
布野隆之,2016.4.18-20 「菅生川水系における水域から陸域への栄養塩フローの解析-鳥類の捕獲調査法-」,講師,菅生川,姫路市,8 名.
布野隆之,2016.4.21-22 「菅生川水系における水域から陸域への栄養塩フローの解析-水生および陸生生物の捕獲調査法-」,講師,菅生川,姫路市,5 名.
布野隆之,2016.4.24 「兵庫県内におけるニホンイヌワシの分布および生息地の特徴」,講師,新温泉町,5 名.
布野隆之,2016.5.23 「菅生川水系における水域から陸域への栄養塩フローの解析の試行と今後の展望」,講師,水源地環境センター会議室,東京,8 名.
布野隆之,2016.6.14 「菅生川水系における陸域から水域への栄養塩フローの解析-鳥類とその餌生物の捕獲調査の課題-」,講師,水源地環境センター会議室,東京,8 名.
布野隆之,2016.6.19 「戦国武者が着用した陣羽織の色彩特性」,講師,花落庵,京都市.15 名.
布野隆之,2016.6.24 高校連携セミナー「絶滅危惧種ニホンイヌワシの現状と保全」,講師,博物館,三田市,50 名.
布野隆之,2016.7.16 「菅生川水系における水域から陸域への栄養塩フローの解析の試行」,講師,水源地環境センター会議室,東京,5 名.
布野隆之,2016.7.20 「越冬期間中におけるシギ類、チドリ類、およびカモ類の生態特性」,講師,博物館,4 名.
布野隆之,2016.7.21 シニア自然大学羽ばたきセミナー「天然記念物オオヒシクイの生態特性とその保全」,講師,博物館,23 名.
布野隆之,2016.7.21 「展示解説 イヌワシ営巣地の特徴」,講師,博物館,三田市,23 名.
布野隆之,2016.7.21 「草原地帯に生息するイヌワシの外部形態および採餌行動」,講師,上山高原ふるさと館,新温泉町,3 名.
布野隆之,2016.7.29 「淡路島におけるサシバ、ノスリ、およびハチクマの渡りルートとその特徴」,講師,県立あわじ花さじき,淡路市,3 名.
布野隆之,2016.8.1 「陣羽織の羽根の色彩および構造に基づく種名同定の試み」,講師,花落庵,京都市.5 名.
布野隆之,2016.8.10 「希少猛禽類を対象とした代替巣の特徴と設置候補地の選定法」,講師,博物館,三田市,10 名.
布野隆之,2016.9.3 兵庫県立大学いきものずかん・NPO 法人人と自然の会 合同セミナー「イヌワシ紙芝居づくり-イヌワシの生態特性とスス
キ草原の役割を知る-」,上山高原ふるさと館,新温泉町,15 名.
布野隆之,2016.9.5 「陣羽織の羽根の色彩および構造に基づく種名同定の試み」,花落庵,京都市.7 名.
布野隆之,2016.9.12 「森林性鳥類による水系由来栄養塩の運搬距離の推定」,菅生川,姫路市.7名.
布野隆之,2016.9.13 「希少猛禽類の営巣地特性を考慮した代替巣設置法の試行」,博物館,三田市,8 名.
布野隆之,2016.9.20 「実物大のイヌワシの巣をつくろう 第1 回目」,講師,深田総合公園,三田市,10 名.
布野隆之,2016.9.27 「実物大のイヌワシの巣をつくろう 第2 回目」,講師,深田総合公園,三田市,10 名.
布野隆之,2016.10.4 「実物大のイヌワシの巣をつくろう 第3 回目」,講師,深田総合公園,三田市,10 名.
布野隆之,2016.9.12 「森林性鳥類による水系由来栄養塩の運搬距離の推定」,菅生川,姫路市.7名.
布野隆之,2016.10.25 「実物大のイヌワシの巣をつくろう 第4 回目」,講師,深田総合公園,三田市,10 名.
布野隆之,2016.10.31 「菅生川水系における水域から陸域への栄養塩フロー解析の現状と課題」,兵庫県立大学姫路環境人間キャンパス,姫路市.10 名.
布野隆之,2016.11.7 「陣羽織の羽根の色彩および構造に基づく種名同定の試み」,花落庵,京都市.4 名.
布野隆之,2016.11.28 「伊丹市における公園緑地とカラスの塒問題およびその解決法」,伊丹市立総合教育センター,伊丹市.20 名.
布野隆之,2016.11.30 「菅生川水系における水域から陸域への栄養塩フローの解析の試行」,講師,法華クラブ京都会議室,京都市,10 名.
布野隆之,2016.12.3 「伊丹いきものマイスター講座 カラスの生態とごみ被害について~なぜ、カラスが増えているのか?」,講師,伊丹市役所昆
陽池センター,伊丹市,30 名.
布野隆之,2016.12.64 「伊丹いきものマイスター講座 カラスの生態とごみ被害について~なぜ、カラスが増えているのか? 昆陽池のカラス調
査」,講師,昆陽池公園,伊丹市,30 名.
布野隆之,2016.12.7 「希少猛禽類の営巣地特性を考慮した代替巣の設置」,講師,たつの市,15 名.
布野隆之,2017.1.14 「三田市有馬冨士生涯学習センター 冬鳥観察会」,講師,県立有馬富士公園,三田市,25 名.
布野隆之,2017.1.27 「希少猛禽類の営巣地特性を考慮した代替巣の設置状況と今後の課題」,講師,博物館,三田市,10 名.
布野隆之,2017.1.31 「イヌワシの巣に関する展示解説をつくろう 第1 回目」,講師,博物館,三田市,10 名.
布野隆之,2017.2.1 「菅生川水系における水域から陸域への栄養塩フロー解析の現状と今後の展望」,講師,法華クラブ京都会議室,京都市,10
名.
布野隆之,2017.2.10 「イヌワシの巣に関する展示解説をつくろう 第2 回目」,講師,博物館,三田市,10 名.
布野隆之,2017.2.14 「兵庫県内における猛禽類の代替巣の設置事例の報告」,講師,姫路キャッスルグランヴィリオホテル会議室,姫路市,40 名.
布野隆之,2017.2.18 日本野鳥の会大阪支部セミナー「落葉広葉樹林帯に生息するニホンイヌワシの生態とその保全」,講師,大阪ガス実験集合住宅
NEXT21 ホール,大阪市,30 名.
布野隆之,2017.2.20 「カラスの塒問題を考慮した公園緑地の管理戦略」,講師,伊丹市役所会議室,伊丹市,15 名.
布野隆之,2017.2.22 KK ナインNWセミナー「カラスによるごみ被害を解決する」,講師,博物館,15 名.
布野隆之,2017.2.24 宝塚いきいきゼミナール第4班「カラスによるごみ被害を解決する」,講師,フレミラ宝塚,宝塚市,30 名.
布野隆之,2017.2.24 宝塚いきいきゼミナール第3班「カラスによるごみ被害を解決する」,講師,フレミラ宝塚,宝塚市,30 名.
布野隆之,2017.3.3 宝塚いきいきゼミナール第2班「カラスによるごみ被害を解決する」,講師,フレミラ宝塚,宝塚市,30 名.
布野隆之,2017.3.3 宝塚いきいきゼミナール第1班「カラスによるごみ被害を解決する」,講師,フレミラ宝塚,宝塚市,30 名.
布野隆之,2017.3.13 「サシバを対象とした代替巣の設置」,講師,たつの市,10 名.
布野隆之,2017.3.22 「兵庫県内における希少猛禽類の代替巣の現状と課題」,講師,博物館,10 名.
布野隆之,2016.3.21 「上郡町におけるカラス対策の課題とその解決法」,講師,上郡町役場,5 名.
キャラバン・主催アウトリーチ事業
2016.8.5-7 「相生キャラバン みんなで発見!相生の自然と生きもの展」,相生文化会館,相生市,分担者.
2016.11.19-12.4 「日本文化を育んだ自然 whereculture meets nature」,花落庵,京都市,分担者.
共催・協力・後援事業
2016.7.16- 2016.8.24 平成28 年度夏季展示「まもる自然・つくる環境Ⅲ どっちがどっち!? -ちかくの自然をよくみてみよう-」,吹田市立博物
館,吹田市,協力/展示作成.
2016.7.16- 2016.9.11 平成28 年度夏季企画展「猪名川 ~歴史・自然・暮らし~」,伊丹市立博物館,吹田市,協力/展示作成.
担い手育成支援事業
連携グループ・地域研究員
溝田浩美(主担当)
脇坂英弥(主担当)
楠瀬雄三(主担当)
アピス同好会(副担当)
成果発表
NPO 法人人と自然の会,2017.2.11 超巨大!イヌワシの巣の展示,第12 回共生のひろば,連携活動グループ.
溝田浩美,2017.2.11 アオバズクの食卓―教材としての活用―,第12 回共生のひろば,地域研究員
日本野鳥の会ひょうご,2017.2.11 親子バードウォッチング(神戸市立森林植物園と甲子園浜),
第12 回共生のひろば.
日本野鳥の会ひょうご,2017.2.11 オリジナル紙芝居「ペネとロペ」,第12 回共生のひろば.
協力事業
2016.11.20 第1 回スーパードリーム・フェスタ,人と自然の会,博物館.
2016.2.19 ドリームスタジオ「冬鳥を観察しよう」,人と自然の会,博物館,展示制作.
■学校教育支援
学校団体対応
兵庫県立有馬高等学校,50 名.
兵庫県立大学大学院地域資源マネジメント研究科,6 名.
兵庫県立大学環境人間学部 4 回生,5 名.
兵庫県立大学環境人間学部 2 回生,5 名.
成果発表
兵庫県立大学学生団体いきものずかん,2017.2.11
オリジナル紙芝居「ゆうたくんとイヌワシ」を用いた環境教育活動,第12 回共生のひろば.
講師派遣
布野隆之,2016.9.3 兵庫県立大学学生団体いきものずかん「イヌワシ紙芝居づくり-イヌワシの生態特性とススキ草原の役割を知る-」,上山高原
ふるさと館,新温泉町,15 名.
■展示
2016.11.20- 常設展示「実物大!イヌワシの巣」.責任者
2016.6.4- 2016.7.3 写真展「ニュータウンの森のなかまたち」,分担者.

2.シンクタンク事業
■収蔵庫・ジーンファームの公開
2016.6.4 生物系収蔵庫案内,日本野鳥の会大阪支部,5 名.
2016.6.12 生物系収蔵庫案内,中央公園ごもくやさん,5 名.
2016.7.21 生物系収蔵庫案内1回目,シニア自然大学羽ばたき,13 名.
2016.7.21 生物系収蔵庫案内2 回目,シニア自然大学羽ばたき,10 名.
2016.9.7 生物系収蔵庫案内,(株)海の中道海洋生物科学館,2 名.
2016.12.10 生物系収蔵庫案内,日本野鳥の会大阪支部,2 名.
2016.12.11 生物系収蔵庫案内,」三田市民,1 名.
2017.1.22 生物系収蔵庫案内,日本野鳥の会大阪支部,2 名.
2017.2.4 生物系収蔵庫案内,北海道博物館,2 名.
行政支援(計8 件)
2013.4- 新名神高速道路(近畿自動車道 名古屋神戸線)兵庫県域自然環境保全検討会委員
2013.4- 中国自動車道 姫路鳥取線(播磨新宮~山崎)兵庫県域自然環境保全検討会委員
2013.4- 兵庫県生物多様性アドバーザー
2014.3- 一般財団法人水源地環境センタ― 水源地生態研究会 周辺森林研究グループ 委員
2014.3- 伊丹市環境審議会みどり環境部会 委員
2016.7- 兵庫県環境審議会 特別委員
2014.8- 兵庫県環境審議会自然環境部会 特別委員
2017.3- 京都府環境影響評価専門委員会 委員
相談・指導助言
来訪者 20 件,60 名.電話・FAX 相談100 件,メイル相談10 件.
学会開催等支援
2016.8.21 第114 回日本鳥学会近畿地区懇談会兵庫大会,大会幹事.
2016.12.24 第115 回日本鳥学会近畿地区懇談会兵庫大会,大会幹事.
2016.2.11 第12 回共生のひろば,副担当.

Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.