学校との連携事例

これまで当館で対応してきた学校との連携の事例について紹介いたします。連携事業のなかには、協力協定に基づいた連携から、授業やイベントへの参画、部活動の支援など、学校側の多様なニーズに対応しています。
 (事例は主に平成25年度のものをあげています)

博物館スタッフによる授業の実施

  • 協定に基づく連携事例

兵庫県立大学附属中学校では、「総合的な自然・環境学習プログラムの研究開発・実践研究に関する協定」をむすび、プロジェクト学習を行ってきました。生徒が関心のあるテーマをもとに研究計画をたて、調査を実行し、最終的に発表としてとりまとめます。この過程を通じて、科学的な思考や探究心の醸成、幅広い視点の重要性や発表の技法を学ぶことができます。

kendaifuzoku1.jpg kendaifuzoku2.jpg kendaifuzoku3.jpg

兵庫県立有馬高等学校(人と自然科)および兵庫県立三田祥雲館高等学校では、「連携講座の開設に関する協定」にもとづいて、野外学習や実習などの授業を定期的に受け持っています。

arima1.jpg syouunkan1.jpg syouunkan2.jpg  

 

  • 特注セミナーへの対応

学校側が取り組んでいる課題に応じて専門的な観点からオーダーメイドの授業を行っています。県内だけでなく県外からも多く、SSHやSPP指定校への対応が多くなっています。野外体験学習や学校が主体となって取り組んでいる研究開発テーマの支援も含めて対応しています。

受入れ実績(例):
(県内)三田市立弥生小学校、加東市立鴨川小学校、加西市立西有田小学校
    武庫川女子大学附属中学校・高等学校、兵庫県立龍野高等学校
    兵庫県立香住高等学校、兵庫県立御影高等学校、兵庫県立三木北高等学校
    兵庫県立加古川東高等学校、神戸市立六甲アイランド高等学校 など

(県外)大阪府立泉北高等学校、奈良県立青翔高等学校、和歌山県立海南高等学校、
    岡山理科大学附属高等学校、金光学園中学校・高等学校、
    香川県立観音寺第一高等学校、高知県立高知小津高等学校 など

  • 大学との連携

大学の講義やゼミ等の一環としても特注セミナーが実施されています。
  受入れ実績:大阪府立大学生命環境科学部、神戸大学発達科学部人間環境学科、徳島大学、高知大学
        兵庫教育大学、大阪青山短期大学、大阪大学理学部生物学科

 

発表の場として利用

  • 共生のひろば(毎年2月開催)では、地域の自然・環境・文化を自ら学び伝える活動を行っている方々が、お互いの活動を知り、新たな展開のヒントを得る場として開催されています。県内の小中高等学校からも多くの発表例があります。

   kyousei1.jpg kyousei2.jpg kyousei3.jpg

  • 展示室を利用した発表例では、兵庫県立御影高等学校による企画展などがあります。御影高等学校では、六甲山系・再度公園(修法ヶ原)において、採集したキノコを標本すると同時に、採集記録をデータ分析して展示として取りまとめています。
     >> 六甲山のきのこ展2012の様子はこちら

   mikage1.jpg mikage3.jpg mikage4.jpg

  • 三田市立中学校理科作品展(主催:三田市教育委員会)として館内展示しています。夏休みに市内の中学生が取り組んだ理科・自由研究の作品展が、県立人と自然の博物館で開催されました。

   sakuhinten1.jpg  

 

講師派遣

   小学校・中学校・高等学校等へご要望により当館研究員を随時講師として派遣しています。

 【サイエンス・トライやる事業(スペシャリストによる特別授業) 平成25年度より】
   中学校 7校へ講師派遣 (内訳:阪神1 阪神北1 淡路2 但馬3)
   小学校 2校へ講師派遣 (内訳:阪神北2)

【その他派遣実績】
    大学:兵庫県立大学、大阪府立大学、神戸大学、神戸国際大学
  高等学校:兵庫県立舞子高等学校 環境防災科、兵庫県立三田祥雲館高等学校、神戸市立六甲アイランド高等学校
   中学校:兵庫県立大学付属中学校
   小学校:加東市立福田小学校、加東市立東条西小学校、加東市立三草小学校、明石市立明石小学校
       小野市立小野小学校、小野市立小野東小学校、小野市立市場小学校、
       西宮市立仁川小学校、西宮市立安井小学校、宍粟市立下見方小学校
   保育園:名塩保育園  など


Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.