ひとはくレポート

25thLogo90xin100.jpg

開館25周年を記念しまして、「ひとはくレポート 2012-2016」を発刊しました。
当館が過去5年間取り組んできた5トピックス、25プロジェクトの紹介を中心に、ひとはくの各種データを数字でわかりやすく紹介した「数字でみるひとはく」、2016年度までの主なできごとを紹介する「ひとはくの歩み」などを掲載しています。

ひとはくレポート 2012-2016

hitohakurpt2012-2016fcover150x.jpg

表紙 >> PDF
館長からのご挨拶・ひとはくの使命と目指す博物館像 >> PDF 2
ひとはくの5年間の取り組みを語る5トピックス
移動博物館車「ゆめはく」が拓くアウトリーチ活動の新たな地平 >> PDF 4
高校との連携による実績研究と教育が呼応する新たなモデルづくり >> PDF 6
誰でも何でもありの発表会「共生のひろば」 >> PDF 8
市民が担い手となり世界的恐竜化石研究拠点へ >> PDF 10
博物館資料「古写真」を活用した教育普及・地域支援 >> PDF  12
ひとはくの5年間の取り組みを語る25プロジェクト

生涯学習アウトリーチ ◎高校生のための生き物調査体験ツアーin台湾 ◎国際交流プロジェクト ◎多種多様な生涯学習プログラムの提供 ◎Kidsサンデー ◎館内情報システム整備 >> PDF

14
パートナー・連携 ◎被災地の支援 ◎NPO法人人と自然の会との連携 ◎兵庫県立有馬富士公園との連携 >> PDF 16
パートナー・連携 ◎地域づくり支援プロジェクト ◎ミツカンよかわビオトープ倶楽部の運営 ◎『北摂里山博物館構想』の推進 ◎『生物多様性協働フォーラム』の枠組みを活用した生物多様性の普及・啓発 >> PDF 18
シンクタンク ◎レッドデータブック(RDB)作成の推進 ◎生物多様性保全に資するジーンバンク事業 ◎『尼崎21世紀の森構想』の推進 ◎『関西広域連合広域環境保全計画』の実践 >> PDF 20
研究 ◎篠山層群の脊椎動物化石 ◎最古のゴリラ祖先化石 ◎世界最大級の無脊椎動物・ダイオウイカの総合的研究 ◎学術貢献にもとづく館員の受賞記録 >> PDF 22
資料 ◎頌栄短期大学標本の登録・整理 ◎自然史レガシー継承・発信事業 ◎『魅せる収蔵庫トライアル』がオープン ◎常設展に新展示「ひょうごの岩石と鉱物」がオープン ◎羽田コレクション(カリバチ・アナバチ標本約4万点)を寄贈受託 >> PDF 24
数字で見るひとはく(2012-2016) >> PDF 26
ひとはくの歩み >> PDF 30
組織体制・施設概要・予算額 >> PDF 33
研究員紹介(2017年6月末現在) >> PDF 34
裏表紙  >> PDF
>> 一括ダウンロード PDF(21.1MB) ※容量にご注意ください 

Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.