共生のひろば 第2号

共生のひろば2号(目次)

タイトル

発表者
私の動物社会学事始め 1 河合雅雄(兵庫県立人と自然の博物館 名誉館長)

地域子ども研究員の活動について(1)

3

さよう子どもアートスクール・さよう子どもアートスクールサポーター・岸本秀子(佐用町生涯学習課)

地域子ども研究員の活動について(2) 4

さよう子どもアートスクールサポーター・岸本秀子(佐用町生涯学習課)

アオバズク一家をとりまく虫たち 7 溝田浩美(ひとはく地域研究員)・大谷 剛(ひとはく研究員)

ハヤブサの落し物(Part2)

11

溝田浩美(ひとはく地域研究員)

蜜搾り あれ・これ 15

木村公之(NPO法人 人と自然の階 みつばち研究会)

人形劇で伝える身近な野生動物 17

木下裕美子・米澤里美・江藤公俊(有限責任事業組合 里山鳥獣研究所)

六甲山上のシダ植物の観察と案内

19

舟木冴子(六甲山自然案内人の会)

三田の街路樹 21 福岡忠彦(三田市在住)・高橋 晃・布施静香(人と自然の博物館)
有馬富士公園の鳴く虫マップ 25

吉田滋弘(ひとはく連携活動グループ 鳴く虫研究会「きんひばり」)

鳴く虫ワールド

29

ひとはく連携活動グループ 鳴く虫研究会「きんひばり」

クマと人、共存に向けた環境教育 31

望月義勝(東中国クマ集会)

生駒市高山ため池群の生物相について 34

琢磨千恵子(生駒の自然を愛する会)・森本静子(NPO法人シニア自然大学研究部水生生物科・ひとはく地域研究員)

芦屋川を舞台にした環境学習(芦屋川探検隊!) 37

大脇巧己(NPO法人さんぴぃす 芦屋川探検隊の子どもたち)

河川清掃による自然の再生と環境調査でわかった珍現象 40

明石文史郎・麻生俊雄(会長)・室垣 豊・阿曽幸男・明石裕昌・丸山忠明・小川 保(神戸市灘区 新在家西部町内会)

三田市における里山のチョウ類5年間の継続調査 44

吉田 武(三田市在住)

子どもたちと鴨川の自然を知る 48

岸本清明(加東市立鴨川小学校教諭)

ケヤキの樹皮下にて越冬する昆虫達 50

吉田貴大(ひとはく連携活動グループ テネラル)

六甲山のスミスネズミを探せ

54

村上文彦・松田剛宗・野口聡孝・石田光朔・長谷川裕一・岸野博明・時 浩源・島川法久・宮田敬広・岩滝健志・松崎 新・恩地 実(硬軟中学校・高等学校 生物研究部)

遊び場のコミュニティデザイン

56

延原早織・早稲田千賀子・関灘丈子・木村祐衣(湊川短期大学・ガキッコクラブ)

淡路ふれあい公園の化石

59

野田富士樹(「南あわじ地学の会」会長)

熱く燃えた!ミヤマアカネマーキング調査

62

安達貴美子・河田真紀子・玉村佳子・玉村佳彦(川がきクラブ・みやまあかね委員会)

第1回姫ボタルまつりの実施

67

藤原利正・岸本雅世(姫ボタルまつり実行委員会)

2006 有馬富士のホタル調査 70

特定非営利法人キッピーフレンズ 三田のホタル調査隊
中峰 空(三田市立有馬富士自然学習センター)

10年ぶりの三田市域におけるゲンジボタル分布調査 74

粟井信行(NPO法人 人と自然の会 ホタルチーム)

兵庫県における鳥類の分布と変遷

83

脇坂英弥・奥野俊博・下土居知子(日本野鳥の会 兵庫県支部)

万葉の植物-とっておきの植物画Ⅱ-

88

小豆むつ子(植物画家・ひとはく地域研究員)

子どもたちと学ぶ -科学の目で描く植物画-

92

田地川和子・貴島せい子・肥田陽子(ひとはく連携活動グループGREEN GRASS)・高橋 晃(ひとはく研究員)・長谷川太一(ひとはくミュージアムティーチャー)

希少山野草の増殖講座 95

伊東吉夫・西部泰弘(ひとはく連携活動グループ 希少植物研究会)

ホームページ"水生昆虫写真鑑"
URL:http://www18.ocn.ne.jp/suisei/
97

森本静子(ひとはく地域研究員、NPO法人シニア自然大学研究部水生生物科)

活動報告「清流猪名川を取り戻そう町民運動」 99

清流猪名川を取り戻そう町民運動実行委員会・猪名川町

まなびの環を拡げるために 101

岩槻 邦男 (ひとはく館長)

>> 編集後記 PDF
>> 第2回共生のひろばの様子(写真抜粋)PDF

Copyright © 1995-2015, Museum of Nature and Human Activities, Hyogo, All Right Reserved.